2016年06月28日

559  お 手 伝 い ( 絵のお礼? )

1.jpg

真竹

 早くも夏本番に近づく前に、風の国のリクエストに応えて、最後のタケノコを柳瀬に採りに行った。破竹までは、昨年も出かけていたが、破竹の次に通称「黒」と呼ばれている「真竹」が旬を迎えることを隣のおばちゃんに教えてもらった。

2.jpg

皮をむく

タケノコが、風の国であまりにも好評であったので、シーズン最後に真竹を採りに行ってみた。5〜10mくらい伸びているものを切る。先っぽの30〜50cmを採取する。皮をむくとかなり緑色をしているが、十分に食用になる。風の国に感謝され、親孝行の1つになれたかと少し満足した。

3.jpg

風の国の紫陽花

 母の日などに大阪の親戚から風の国のお母さんに贈られてくる紫陽花が、様々咲き誇っている。それを見ると、我々も何だか心が安まる気がする。

4.jpg

届いた贈り物

 ある日、風の国を訪れてみると、トリスの絵を描いてプレゼントしたあのSINKO君からサザエが届いていた。海に潜るのが趣味の彼ならではのプレゼントであった。以前にも、サザエをもらったのだが、今回は、彼のお姉さんにフクロウの石絵をあげたからだろうか?

5.jpg

アワビも

 またある時は、親戚の漁師さんからもらったアワビをもらったりもした。風の国ならではのことだが、お父さんお母さんへの感謝が回り回って私たちに来たのだろうとありがたく思われた。

6.jpg

石垣のサボテンの花

 風の国の石垣には、先祖が築きあげた歴史を感じて、時々、見入ってしまうことがある。石垣には、野地菊が生えていたりアロエやサボテンなど、今住んでいる方々の思いが植えられていることもある。それもまた、味わい深いものがある。

7.jpg

風の国の胡蝶欄

 紫陽花の他に胡蝶蘭なども母の日に届く。1年中花が絶えることがない風の国には、温かい空気が生まれ来る土地のようにも思える。
posted by tentijin at 16:17| 愛媛 ☔| Comment(6) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

558  ト マ ト ハ ウ ス ( 夏 野 菜 ぼ ち ぼ ち )

1.jpg

ハウストマト

 地主さんのハウスでは、トマトが赤く色づいているが、我がトマトハウスではやっと青い実が太り始めた程度で先は長い。近所で本格トマトハウスを立ち上げたばかりだった長男が急死、高齢で独居老人になってしまったOさんが、息子を偲びながら、残されたハウスのお世話をして、ハネのトマトを無料で直売所に出しておられる。Oさんの心の空白を思い、また、御好意に感謝しつつ、我が家でも、Oさんの美味しいトマトをいただいている。

2.jpg

スギナの林

 麦藁(むぎわら)や稲藁(いなわら)のない我が農園なので、今年はふと思いついて雑草をスイカの敷きわらに使うことを思いついた。スイカを植えた辺りは、特にスギナの林ができて伸び放題になっているのを眺めた末の思いつきであった。

3.jpg

雑草を敷いたスイカ

 麦藁、あるいは、稲藁のように腐りにくければ、敷き藁としては用をなすが、この雑草君たちは、以外に枯れて腐りやすくそのうちすぐに土に帰ってしまう。それでも、他の方策が思いつかないので、手近な雑草で今のところは対応している。

4.jpg

順調

 一列全部に作付けを増やして植えたジャガイモは、順調に生長している。元肥に牛糞を鋤き(すき)込んでいるので、地下にできる作物には好結果が期待できる。

5.jpg

花も咲いて

 少し植え付けが遅かったので、よそ様のものより遅れているが、花も咲いて、もうすぐ収穫になりそうである。葉っぱが黄色くなったり、根元が盛り上がってきたりすれば、ジャガイモが太って収穫可能になった合図だそうだ。


6.jpg

長〜い3列

 昨年は、雨で腐ってしまった外トマトだったが、それにも懲りずに長〜い一列に植え付けた。雨対策をする前に、連日の雨で病気になり、腐ってしまうものが続出した。雨が続くので、カビ用の消毒もできない。残りの同じ長い2列には、茄子やオクラ、パプリカ、ピーマン、ジャンボシシトウなどを植えたが、できはじめたら、とてつもない量になり大変だと思われる。

7.jpg

キュウリ生産開始

 第1弾のキュウーリはやっと10本くらい収穫、我が家の食事に貢献している。これも雨が続くので、白いカビが現れて葉っぱをだめにしてきている。


8.jpg

第2弾

 その横には、第2弾のキューリを植えてウリバエを防ぐ網をかぶせているが、連日の雨と場所が第1弾に隣接しているので、白カビが早くも移ってきている。これがキューリの難しいところだろうと思われる。 
posted by tentijin at 07:01| 愛媛 ☁| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

557  ト マ ト ハ ウ ス ( 暇 つ ぶ し )

1.jpg

採ってきた大根の種

 警報、注意報が出る梅雨の末期の雷雨(と信じたい)の中、私がやるべき作業は、ほぼお手上げ状態となっている。できることをやるしかない運命の下、天日乾燥をしていた青首大根の種取りに挑戦した。


2.jpg

乾燥するよう皮をむく

 畑の中で邪魔なスペースを確保している大根の枝々から、少し色づき始めた種を採る。おもしろ半分で始めた。ザルの上で、乾燥を早めようと一部その皮をはいで、中身が見えるようにしたりもしてみる。

3.jpg

乾燥した種

 数日後には、色も変わって一応の乾燥が終わった気がしていた。これがここへ来て雨の暇つぶしの第1候補となった。

4.jpg

大きくきれいなものだけ採取

 皮をむいて種を出してみると、大きいもの、小さめのもの、色の悪いもの、カビが生えたものなど様々な種が出てきた。種が貴重だった昔と違い、私の場合、この種採りは、お遊びの暇つぶしなので、大きく立派なものだけ採取することにした。けっこうな暇つぶしとなった。

5.jpg

掘ってきたらっきょう

 2つ目の暇つぶしは、吉野の食いしんぼうさんに習い、畑の隅に生えていたらっきょうを掘ってきていたものにも挑戦した。食料的には、風の国でたくさんいただいて帰るので、食べるらっきょうには困らないのだが・・・。


6.jpg

いらない部分を切り取る

 葉っぱと根をハサミで切ってみると、粒もかなりかわいらしく量もこの程度であった。この後、きれいに水洗いするところまでが、私のお遊びで、その後、漬けるところからは相棒にお任せした。


7.jpg

らっきょうタマネギ

 3つ目の暇つぶしは、苗床に生えたままで、植えてもらえなかったタマネギ苗がほぼ大きくならずに収穫期を迎えたらっきょうサイズの酢漬け用を、らっきょうのように上下をきれいに切り取って水洗いする。相棒は興味を示さないので、これは私が漬ける。

8.jpg

くるみ割り

 最後の暇つぶしは、床下に保存していたクルミの実を引っ張り出して、ひたすらくるみ割りおじさんに変身する。北国から送ってもらったくるみ割りバサミが大活躍。


9.jpg

クルミの実

 中の実は、1年以上経過しているが、堅い殻(から)に守られて、十分に食用になる。水切りのザルに入れてくずくず粉々になった実は、振り落とす。いくら伝家の宝刀クルミ割りバサミでも、うまく割れないものが多数出る、竹で作った妻楊枝(つまようじ)の親玉で掻き出すので、粉々のものも出るのだ。雷雨の中、忍耐を伴う様々の暇つぶしに明け暮れる日が続くが、やはり、青空が恋しい。 
posted by tentijin at 20:19| 愛媛 ☁| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

556  国 体 リ ハ ー サ ル 大 会

1.jpg

元気な紫陽花君

 相変わらず正に雨ばかりのような日々が過ぎて行っている。元気なのは、紫陽花君ばかりなりである。国体のリハーサル大会( 高校女子四国大会 )が、6/18〜6/19に鬼北総合公園体育館で行われた。来年ある愛媛国体の応援練習、開催練習を兼ねたリハーサル大会なのだ。

2.jpg

空は何だか秋の空

 鬼北総合公園を散歩場所にしている私は、その準備からをつぶさに見せていただくことにもなった。2日ほど前から、同じユニフォームの方々がテントを張り始めた。その数は、40〜50張りは並んでいる。各チームの控え場所、我々応援隊の控え場所、様々な店舗などなどであるようだ。


3.jpg

広中生の手書きの応援旗

 準備をしている方々は、あまり見かけない方々だったので、質問をしてみると、入札が行われ、大分から準備作業にやって来たのだそうだ。大会当日は、鬼北町役場の職員が多数お世話をされていた。大会運営の予算は、国やら県やらから降りてくる交付金なのだということであった。


4.jpg

出ました鬼王丸

 国体歓迎用の旗が立ち並び、広見中生徒が手書きした参加各校の応援用の旗も会場を盛り上げていた。体育館の正面の壁には、鬼王丸の大きな幕が張られ、鬼北らしさを出している。ここは、かなり天井の広くて高い体育館で、冷房はない。もし、冷房設備を作ったら、運営費用がいくらあっても間に合わないかもしれない。


5.jpg

トーナメント表

 集まったチームは、四国各県のベスト4が来ているので、16チームである。我が地区は、香川の2位チームを応援することになっている。前日抽選が行われ、香川の2位チーム(高松商業高校)は、12:30に第一試合を行うこととなった。何日もかけて応援隊24名を確保して望んでいたが、この試合時間は、電話連絡網で行った。


6.jpg

スティック・バルーンで応援

 この電話連絡が、「間違えて早く行っちゃった事件」を引き起こし、10:30に集合する方々があったり、伝言ゲームの危うさを教えていただく結果ともなった。挙げ句の果てには、1時間ゲームの進行が遅れ、ばたばたと連絡のやり直しまで発生して、応援団長はてんてこ舞いとあいなってしまった。

7.jpg

応援はチームの応援に習う

 応援隊の人集めシステムもこのままでは破綻してしまうことが分かった。来年の本番では、今回の大会のように土日ではなく、日程も2日ではなく、最大倍の4日間になるし、チーム数も、今回が16チームだが、24チームにふくれあがる。今回、高松商業は、1回戦、新居浜東と対戦して勝利、2回戦は去年の1位チーム高知中央高校に敗れ、我が地区の応援も、1日目で終わってしまった。ともあれ、応援団長は、疲れ切ってしまった。
posted by tentijin at 23:16| 愛媛 ☁| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

555 ト マ ト ハ ウ ス ( 国 体 も 気 に な り つ つ )

1.jpg

えひめ国体の旗

 鬼北グランドには、えひめ国体の旗が立ち並んでなびいている。飲み仲間の昨年の区長さんからご指名を受け、気づけば、心ならずも民泊会の応援団長に就任してしまっている。限りなくボケ老人に近い私の頭脳では、大変苦しいお役目なのだが、拒否することもかなわなかった。

2.jpg

愛媛県大会

 6/18〜6/19にリハーサル大会が、鬼北グランドの体育館で開催される。現在、その応援団編成作業でお尻に火が付いている。ブログどころではなかった。先週の県大会視察に松山東高まで遠征、応援のやり方や様子を見てきた。今週は、このままばたばたで過ぎて行きそうだ。


3.jpg

スパー堆肥

 忙しい合間と雨の合間を縫って農園の夏化(こんな言葉はないのだが・・・)に励んでいる。こつこつと草と戦い草を山にしたところが、スーパー堆肥に変身しているので、その土を使う。


4.jpg

穴に堆肥を入れる

 地面に、30cm程の深さの丸い穴を掘る。その穴にスーパー堆肥を入れる。そして、小さな山にして、ズッキーニを植えた。現在、家と畑で7株を植えている。既に10本ほどを収穫した。

5.jpg

初期のズッキーニ

 まだ小さな間は、ウリバエの被害を防ぐために網をかけて育てる。網の中ではち切れんばかりに育ったら、網を外しても、ウリバエの食欲に負けることなくすくすくと育っていく。しかし、ここからが実は大変なのである。


6.jpg

ズッキーニの雄花

 ズッキーニは、そのまま放置していても、実はできない。毎朝、見回りに行き、人工授粉してやらないと実を結ばない作物なのだ。スイカにもその傾向がある。ズッキーニは、カボチャの一種だと思うが、カボチャよりも手がかかる。

7.jpg

ズッキーニの雌花

 カボチャは、人工授粉しなくても、実を結びカボチャができる、人工授粉してやれば、実になる確率が上がる。ところが、ズッキーニは、放置すればほぼ100%実になることはない。人工受粉が必須条件なのだ。


8.jpg

今年のホープ黄色ズッキーニ

 どうしてなのか観察して推測できるのは、どうもズッキーニの花粉が重いことがその原因の一端であるように思える。もう一つは、花の咲いている時間帯に、昔はよく、ミツバチやもう少し大型のハチが蜜を求めて飛び交っていたのだが、最近は、あまりそのような光景を見なくなった。ともあれ、誠に手のかかる作物の筆頭がズッキーニであるように思われる。
posted by tentijin at 00:23| 愛媛 ☀| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

554 今 の 夏 満 喫 !

1.jpg

夕方の飛行機雲

 梅雨の合間の夕方の空を楽しみ、蛍の観賞に出かけた。我が家の裏に流れる奈良川には、不作で、ちら程度だが、かなり乱舞する場所があるという噂を耳にした。これは行ってみるにしくはない。

2.jpeg

川原の蛍

 場所は清延だということであった。清延のどのあたりかは、分からないので、近永の商店街から、橋を渡り、弓滝神社方面に向かう、橋を渡ったら左折して清延方面に走った。すぐに三間川の支流に懸かる橋に至る。先客がいる中、車を降りてみると、乱舞状態であった。


3.jpg

手のひらに

 歩いている私にぶつかってくるものを手のひらで受け止めると、美しい光を放っている。しばし、手のひらの上で、瞬(またた)く。

4.jpg

ストロボで見ると

 ストロボ撮影してみると、その姿をとらえることができた。この辺りに飛んでいるのは、ゲンジボタルである。昔々の蛍狩りを思い出した。

5.jpg

跡継ぎのドジョウ君

 先日、玄関で飼っていたドジョウ君が水槽から飛び出し、夜明けに少し干からびて亡くなっていた。2〜3年前に田んぼの溝(みぞ)ごで掬(すく)ってきた3匹のうちの最後の1匹であった。かなり大きくなっていたが、私としては、よくもまあここまで生きのびたものだというのがその感想である。その間、水を替えたのは、数回であった。後継者を掬(すく)ってきて少し反省、もう少し頻繁(ひんぱん)に水を替えてやろうと心に誓った。

6.JPG

メダカ君も水槽へ

 少し薄暗い中でドジョウ君は、その小さな口ゆえ、メダカの餌(えさ)で命を繋(つな)いできた。そんな環境で生きのびてきたドジョウ君に感謝したいと思う。一方、やはり、壺の中で、あまり愛情を込められず生きのびてきたメダカ君も水槽に入れ替え、私の心を癒やしつつ、無邪気に泳いでいる。


7.jpg

スイカズラの花

 あちこちの山裾で卯の花が咲く頃の夏を迎え、同じくスイカズラの花も、今の夏を代表するかのごとく満開である。
posted by tentijin at 04:10| 愛媛 ☀| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

553 手 強 き か な 無 呼 吸

1.jpg

気づくと時計草が

 気づくと時は進み、身の周りの花々が夏の花になっているのに気づかされる。梅雨入りもして、紫陽花などの花は、俄然目を引き生き生きと咲いている。彼らとは違い、私の方は、相変わらず、無呼吸と奮闘中である。


2.jpg

準備中の紫陽花

 元々は、起床後の喉の渇きや舌がカラカラに干上がる現象にまいってしまい、1日中続く喉の異常が苦しくて病院に向かった。今、生き生きと咲き始めている花々は、青春そのもののように内に力があるように見えるが、どうも私の症状は下り坂で力を入れようにも、どう入れたらよいものか分からないのが現状だ。

3.jpg

玄関に飾られた紫陽花

 旬の花、紫陽花は、玄関や部屋部屋に活けられ、目を楽しませ、心を元気にさせてくれている気がするが、今、私が闘っている無呼吸は、なかなかに手強い猛者だ。無呼吸と知らない間から、1日の始めや終わりに苦しくなって座り込むような症状に悩ませられていた。どうもそれが、無呼吸のもたらす害であったようだ。無呼吸には、突然死のリスクがあるらしい。くわばらくわばら。


4.jpg

アプローチのドクダミ

 雨の合間には、畑や玄関の植え込みを占領中のドクダミまでが花盛りを迎えている。こうして群れて咲いていると、結構いい感じである。彼らも今は、盛りなのだろう。意識のない睡眠中に呼吸が止まっていても、一向に本人には分からない。どうにもならない本人に代わって業者が貸し出してくれている機械から送られてくる空気をマスクで受けて、強制的に呼吸を促しているようだが・・・。


5.jpg

笑うがごときクチナシ

 歩くことは、心筋梗塞などを予防する働きがあるそうだ。スクワット付きの私の散歩は、筋トレも兼ねている。目標30分以上なので、鬼北グランドを5周しているのだが、無呼吸は、私の上半身を鉄のように重くして肩に死神でも乗せて歩いているような状態になるときがある。こんな日は、すぐにあきらめて3周中であっても、グランドのクチナシが笑おうと、後2周はキャンセルして帰ることにしている。命あってのものだねだからだ。

6.jpg

変身中の紫陽花

 紫陽花は、日々色を変え、摩訶不思議に変身して我々を楽しませてくれる。その様子は、静かだが、内なるエネルギーに満ちあふれているように思える。66歳の私といえども負けてはいられない。おっくうな無呼吸用の機械のマスクを付けて寝る。1〜2時間で目覚めてしまうので、かえって悪くなるようにも思えるのだが、ひたすらお医者様の御命令を励行するしかないと心では思うのだが・・・。

7.jpg

空と水草の花

 グランドの人工の池には、市越の池から水が流れてくる。池の中には、びっしりと水草が生えていて、白い小さな花が点々と水面に咲いている。その日の青空までも封じ込めてなかなかおもしろい絵になっている。無呼吸阻止の機械から送られてくる空気は、中に入れた水を水蒸気にしながら優しい空気を送ってくるらしいが、私にとっては、単なる1つの苦痛でしかないのが、残念で愛嬌もない。

8.jpg

通り道の紫陽花

 散歩の帰りに通るお宅の紫陽花は、セメントや道路の舗装の間から生えているのに、かなり見事な様子で咲いている。いつもほれぼれして眺める。無呼吸君には、様々虐げられている気はするが、この紫陽花のごとく環境にめげずにいい花を咲かすことはできないものでしょうかね。 
posted by tentijin at 01:15| 愛媛 ☁| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

552 小 屋 ( 梁 完 成 ? )

1.jpg

屋根レベルの図面

 天井レベルの梁(はり)が、一応完成した。小屋の角材は、9cm角が普通だと聞いたので、柱や土台の角材は、9cmとした。中二階や天井レベルの梁は、10.5cm角がいいだろうと聞いたので、10.5cmとした。北と南は、軒の長さをほぼ1mプラスして6m近くの長さになった。


2.jpg

失敗ほぞ穴を埋める

 素人大工さんは、何をするかわからない。柱のほぞ穴も確信犯のように間違えて開けたりする。間違えた時は、素直に負けを認めて、ほぞ穴の形の木片を作り、接着剤で埋め込む。御愛敬である。


3.jpg

5cmを残し切る

 東と西の梁は、主に柱に支えられて、南北は、軒の部分が長い梁に扇形の切り組みでつながる。扇形の部分は厚さが5cmなので、まず、5cmの部分を切り抜く。5cmで大丈夫かと思えるが、数本の柱で支えられている梁は、十分にそれで用をなすことができる。


4.jpg

切り取ったところ

 南北の梁には、扇形を受けるように、ノミで5cmの深さに扇形の穴を切り組む。5cmの扇形を、5cmの扇形の穴に入れ込むので、梁は、天井レベルですべて同じ高さになる。


5.jpg

扇形をけがく(描く)

 残した5cmの部分に扇形を描き、切り抜いていく。これらの作業はノコで切り抜いていくので、比較的楽である。

6.jpg

扇形完成

 あまりにも時間をかけすぎての作業なので、材料の角材は、乾燥が進み、ひび割れが大きくなっている。ひょっとしたら、組み立てるときにほぞとほぞ穴が入らなくなるものがでてくるかもしれない。

7.jpg

はめ込んでみる

 扇形を組み合わせてみると、うまく接合できそうで安心した。しかし、東西南北に加えて、中央の梁を合わせると、5本の梁が一応完成したが、その上にくる屋根の構造を考えてみると、南北の中央にも梁を作る必要がありそうだ。次回は屋根じまいについて考えてみたい。 
posted by tentijin at 18:51| 愛媛 ☀| Comment(8) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド