2016年09月29日

589  秋 散 歩 ( 秋 満 喫 ? )

1.jpg

雨雲ふう

 秋の季語に「爽やか(さわやか)」という言葉があるが、現実の秋は、少しも爽やかなんかではない。蒸し蒸しと暑苦しく、少し動けば汗が噴き出てくる。いったいどうなっているのだろう、今年の秋は。空に浮かぶ雲は、「いつでも雨雲になれるぞ。」といったふうの雲が出ている。

2.jpg

ススキの山道

 途中で動けなくなる恐れもある年頃になったので、林道の散歩はやめて、運動公園の周囲を、飽きもせずにグルグル回る散歩に切り替えている。この日は、久しぶりに秋を探して林道に分け入ってみた。道には、いつの間にかススキが穂を出し、落ち葉も散り敷き、秋の道になっている。

3.jpg

山からは夏雲を望む

 林道から遠くの山並みの向こうに上がっている雲を見ると、秋というより夏に近い様子の雲が見えている。誰一人として出合う人間はいないので、林道より地上を歩くのが正解だと思うが、たまに秋探しに登ってみるのは、悪くはない。


4.jpg

アケビも健在

 いつもの場所にアケビも実を付けている。いつも採ってきて近所の子供にプレゼントするのだが、あまり芳(かんば)しい反応は見られない。恐らく私の独りよがりのノスタルジーに過ぎないのだと思う。


5.jpg

篭を満たす

 山栗の木の下でびっくり、両方のポケットに入り切らない山栗を採取。道でお金を拾ったくらい嬉しかった。子供の頃、無限にお金を拾う夢を見たことが何度もあったが、それ以来の満足度であった。何と私の精神は、おかげであの餓鬼の頃とちっとも変わっていないことが分かった。特に熱心に食べるわけではないのだが、貧乏性の私は、たったこれだけのことで心豊かになる単細胞なのだろう。

6.jpg

いったい何個?

 拾いきらなかったので、翌日は篭を持参して、イガごと拾ってきた。イガから出して大小のボールに入れてみると、ほぼその器を満たしている。この数の山栗の皮をいったい誰がむくのであろうか。おそらく、相棒には拒否されると思うので、結局、細かい作業が好きな私が落とし前をつけるに決まっているのだが・・・。

7.jpg

満足の秋空

 山栗で、本当に心が豊かになったのかは、大いに疑問だが、帰りの秋の空を見ると、私だけではなく、この秋を満喫している御仁(ごじん)が、もっとどこかにいるような気がした。
posted by tentijin at 08:24| 愛媛 ☀| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

588  来 客 ( 時の流れに )

1.jpg

白彼岸花

 以前、白彼岸花の記事で嘘を書いてしまったので、訂正をしておきたい。その場所に黄色い彼岸花が咲いていた印象が強かったからだったのか分からないが、黄色が白にいつの間にか先祖返りしたかのごとく記述してしまった。


2.jpg

隣に黄色彼岸花出現

 ところが、先日、白彼岸花が枯れて、その横に黄色い彼岸花が顔を出したので、真実が明らかになった。先祖返りなどしていなくて、黄色の横に白彼岸花が植えられており、白が初めに咲いただけであった。ボケ進行中の私の頭の混乱が原因でありました。大変申し訳ありませんでした。

3.jpg

お母さんの野菜苗

 本日の話題は、この彼岸花の咲く頃に、風の国に帰ってこられる大阪の叔父さんや叔母さんたちとの楽しい交流のお話です。お父さんもお母さんも高齢化が進み、なかなかお客さん方のおもてなしが難しくなってきている。庭には、お母さんが育てている野菜の苗が今年も育っている。私は少しほっとする。お母さんの頑張るぞの気持ちの表れだからだ。


4.jpg

お昼のおかず

 お客さん方を迎える日に私たちも出かけて、できるお手伝いをするのが、私たちの出番でもある。あまり能のない私にも、魚をさばいて刺身を作ることぐらいはできる。この日は、石垣鯛風の魚をさばいたが、これはお客さん用ではなく、実は、我々のお昼のおかずになった。

5.jpg

壺焼き

 午後、途中、温泉に寄っておられたお客さん方が、到着された。サザエも届いていたので、壺焼き担当を私が受け持つことになった。今度こそお客さん用なのだ。壺焼きは、醤油をたらして焼く風景をよく見かけるが、サザエは、潮を飲んでいるので、そのまま焼いても十分に塩気があり、美味しくいただける。生焼けにならないように、サザエから潮が出て焼けるに従ってなくなってくるのを確認して焼き上がりとする。ただそれだけだ。

6.jpg

伊勢エビ

 台所でゆであがった伊勢エビが出てくる。サザエと伊勢エビで一杯やりながら弟夫婦も加わり、ゆったりと時を刻む。よく考えると、贅沢である。どちらも親戚の漁師さんから届いた物だ。


7.jpg

刺身も料理も仕出し(正解)

 夜になると、大阪からのお客さん4人とお父さんお母さん、我々、親戚の方々、などなど、10人ほどの宴会が始まる。料理は、お母さんの負担も考えて仕出しを取り寄せての宴会となった。それぞれが時の流れを経て、歳を重ねたが、何という楽しい一時であろうか。宴会の区切りが付く頃に、明日の仕事を抱えた我々もおいとまして鬼北に帰った。
posted by tentijin at 08:32| 愛媛 ☀| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月23日

587  1 6 号 ( 風よ吹くな )

1.jpg

嵐の前

 台風16号は、どうも四国に影響しそうで、前日、急いでハウスの窓を閉めた。一部ビニールも破れているので、応急処置も施した。この日の空は、嵐の予感をはらんだ怪しげな雲で覆われていた。

2.jpg

交通指導の交差点

 9月20日から月末は、秋の交通安全期間になっており、2つの交通安全組織に所属している私は、土日以外出ずっぱりの交通指導を行わなければならない。初日にたまたまやって来た16号、雨はかなり降っている。小中学生は、警報も発令され、運動会明けの休みでもあり、通学はしない。子供がいないと、あまり乗り気はしなくて、とりあえず行ってこいとの命令も相棒から発せられたので、カッパ着用で出かけた。案の定、人影はなく、車だけが通行、交差点横に停車して車中より見守ることにした。

3.jpg

斜面をあふれる水

 1時間の見守り後、ふと気になって松野回りで、台風の様子を見ながら帰ることにした。山道では、斜面をあふれた水が、道路へ流れ落ちている。ふだんの雨では起こりえない風景だった。

4.jpg

側溝から噴き出す

 吉野からガラガラ回りで帰る。道路の側溝が限界を超えて高く水を噴き上げていた。このような側溝は、ふだんの雨に対応するだけの面積しかないものと思われる。他でも暗渠(あんきょ)の手前で何カ所か水が噴き上げていた。

5.jpg

擁壁からも水が

 山側の擁壁も、ふだんの雨量の限界を超えているのだろう、そこここで道路に噴き出していた。更に勢いよく降ると、このような擁壁でさえ、安全には済まないだろう。

6.jpg

役場裏

 鬼北に帰り着き、役場裏の奈良川を眺めながら帰る。河川敷に水が上がり、川の段差があると、激流になって大きく水しぶきを上げながら流れている。この状態が丸一日続けば、川があふれる可能性もあるだろう。

7.jpg

橋すれすれ

 近小から奈良中へ帰る裏道にある古い橋では、やはり、段差でかなりの激流になっていたが、水位が上がり、橋の下までもう少しの所まで流れが来ていた。幸い台風の影響は、お昼頃から弱まったので、無事であった。観察したところでは、下流域ほど水が合流して危険度が増すように感じられた。
posted by tentijin at 09:46| 愛媛 ☀| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

586  敬 老 ( できる幸せ )

1.jpg

いただいた葬儀の花

 私は、地主さんのお葬式の受付係の1人に選ばれ、お役に立つことができた。本当は、同じ組の方だけでやるのだが、畑をお借りしてお世話になっている私だったので、組は違ったが、お役に立てて本当に良かった。葬儀の終わった夕方、地主さんの奥様が葬式の飾り花を持って来られ、我が家の玄関と仏様に飾ることができた。

2.jpg

地主さんちのコスモス

 地主さんがいつも草引きをしてきれいに花を咲かせていたコスモスが今年も咲き始めた。地主さんがいないので、雑草の中、いつもの年より背丈を伸ばして雑草に負けないように咲いている。地主さんの奥さんは、私が高校生の頃、お嫁に来られた。色の白い美しいお嫁さんであった。

3.jpg

広中通学路

 広見中の通学路、今が一番美しい様子で咲いている彼岸花が竹の根元に咲いていた。なぜか薄暗い竹藪に咲く彼岸花は、一段と美しく見える。親孝行をせずに両親とは別れた感が私にはある。地主さんと仲良く過ごせたことは、とてもいい思い出になった気がする。

4.jpg

知人のアジサイ

 台風が迫っている敬老の日に風の国に向かった。お父さん、お母さんには、顔を見せるだけでも、喜んでもらえるかも知れない。途中、八幡浜の市民図書館で美術展が行われていたので、立ち寄った。相棒のお友達が紫陽花の絵を出されているらしかったので、寄ってみたのだ。

5.jpg

私が感動した絵

 絵は、日本画という種類らしかった。私の知った方も出品されていた。見るほどに、日本画というものは、何と繊細なものだろうという感慨が生まれてきた。私は、銀杏の絵が特に心に残った。絵を見ていると、写真にも生かせそうに感じた。


6.jpg

かり篭

 風の国のお父さんもお母さんも、集会所での敬老行事には、雨が降るので、参加をしておられなかった。お母さんは、特に密柑山での重労働を経て、今は足腰を悪くしておられる。山仕事に持って行く背負い篭のことを、「かり篭」という。「かり」は、かるう(背負う)という意味だろう。もちろん、かり篭は今でも使われている。


7.jpg

梶谷鼻

 私など1キャリーで精一杯だが、お母さんたちは、収穫した蜜柑を運ぶのに、キャリーに3箱か4箱を背負って運んでいたとも聞いている。それでは足も腰も悪くなるに決まっているように感じる。この日も、もろもろ敬老の思いを再確認して帰ってきた。 
posted by tentijin at 21:39| 愛媛 ☀| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

585  小 屋 ( 部 品 チ ェ ッ ク )

1.jpg

空き地の彼岸花

 自分の感覚でいうと、いつの間にか秋を迎えていたという思いがある。早いものは、10日前くらいに咲き始める。9月の半ばともなれば、あちこちにこの花が毒々しい赤で自然を彩る。ふと通り過ぎそうになる秋の日を思い出させる花である。我が家の唯一所有している空き地に咲いていた。

2.jpg

いらなくなったホゾ穴を埋める

 小屋の部品が一部を除き、ほぼ出来上がったので、部品のチェックをしてみようと考えた。もう長く長くブルーシートの下で、完成を待っていた部品たち、ブルーシートはかぶっていたが、あまりにも長く待たされ、ブルーシートも雨を通す程に風化してしまっている。また、梁などは、適当に方針変更がなされ、いらなくなったホゾ穴を塞ぐことからチェックが始まった。


3.jpg

防腐剤も待ちくたびれている

 部品を確認しながら、防腐剤として当初から購入していたソートを塗りながら、部品を置き直していった。ソートを買った当初、土台には1度塗ったが、今回は、もう1度土台から塗り直した。ソートを塗った土台は、もう基礎に埋め込んだボルトに仮止めもしてみた。

4.jpg

部品名も書き直し

 部品には、それぞれボールペンで部品の名前を書いておいたが、これも、あまりにも長く放置されたので、半分消えかけている。そこで、筆ペンで書き直してからソートを塗った。

5.jpg

部品の分類山を作る

 部品は、おおよそ分類して並べておいたが、やはり、あまりにも長く放置されたので、場所が入れ替わったりしていた。設計図を見ながら、1つ1つ部品を確認して北側から、分類して置いてみた。まだできてない部品もあるが、できているもので足らない部品はないようだった。


6.jpg

庭にも白彼岸花

 ほぼ1週間をかけて、分類しながら置いてみたが、長く放置したために、深いひびが入り、組み立てる時苦労しそうな予感もあった。そうこうしているうちに、庭の白い彼岸花も咲き始めた。雨さえ降らなければ、作業にはもってこいの季節になってきた気がする。

7.jpg

ギボウシにも花

 庭の柿の木の下には、ギボウシが植えてあるが、よく見ると花が咲いていた。私は、ギボウシは、てっきり葉っぱを鑑賞するものと心得ていたが、花も咲くことを知った。そういえば、実がなっている姿は見たことがあった。私が知らないだけで、当たり前の季節の1ページであったようだ。

8.jpg

不思議な夕焼け

 作業を終え、西の空を見ると、鱗雲の中に太陽が沈むという不思議な光景が展開していた。雨が多くなってきたが、合間を縫って未完成の部品を作らなければならない。 
posted by tentijin at 09:06| 愛媛 ☀| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

584  夜 長

1.jpg

このごろの収穫

 台風がらみの雨のお陰で、乾燥に弱いナスビも、全盛期のようなみずみずしい実を付けている。色付き始めたパプリカもこれからのホープ、オクラは、オクラ好きの虫の駆除で、未だ頑張っている。これに遅植えのゴーヤも実るので、意外にこの時期頑張っているトマトハウス農園である。

2.jpg

今が天下か?

 しかし、収穫篭にやって来たバッタ君枯れ草の茂みに潜むコオロギ君、秋の夜長はすぐそこまで来ている。夕暮れが早くなり、虫の声も勢いが増すだろう。

3.jpg

夕暮れの月

 早めに顔を出した上弦過ぎの月も、名月に向けて着々と準備を進めているように見える。地主さんが、私のハウスにやって来て、私が作った椅子に座り、一服していることが、しばしばあった。遭遇しなくても吸い殻が落ちているし、専用の座布団が椅子の上に置いてあった。

4.jpg

珍客

 秋の夜長に冬眠前の栄養補給に忙しいのか、窓には珍客がやって来る時がある。今では私は、地主さんの広い畑の4分3程を使わせていただいている。以前、トラクターで地主さんが、草退治をしておられたが、作物を植えると、草は、手で闘わなければならなくなる。小屋も進めなければならない私は、今年の草との闘いに敗れている気がする。


5.jpg

修復前1

 畑のあちこちをジャングルにしながらも、地主さんが広い土地を管理されていたことを思うと、大変だっただろうと推測できる。地主さんの口癖は、「tentijin君のお陰で助かっとるよ。」という優しいお言葉だった。そんなことを思い浮かべながら、夜長の夜なべをする。雨ざらしの色が薄くなった石絵の修復だ。

6.jpg

修復後1

 夜長にはふさわしい暇つぶしだろうと思う。修復と言っても、水性ペンキで描く絵の色を再現することは不可能だろうと思う。いくら混色をしても、同じと思われる色合いにはならないからだ。


7.jpg

修復前2

 筆遣いも到底再現不可能だと思われる。何とか頑張って再び蘇らせようと努力はするが、結果は、似て否なるものにしかならず、結局、「まあ、いいか。」で終わるのが落ちだ。


8.jpg

修復後2

 写真に撮って修正前後を見比べてみるのに、どう見ても、以前の方が良いように思えて仕方がない。取り組む心の真ん中辺りが、ひょっとしたら違うのかも知れない。ある朝、突然訃報が舞い込んだ。結局、股間の血管に点滴をしておられたらしい入院中の地主さんが、お亡くなりになった。お顔を見ることなく、この報に接し、すこぶる残念であった。
posted by tentijin at 08:24| 愛媛 ☀| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月10日

583  季 節 の 終 わ り

1.jpg

台風前後の雲

 四国沖の太平洋を通過した13号、警報は出たのに、大した雨は降らなかった。ただ、前後の雲は怪しげな入道雲として出現していた。季節の変わり目に、ふと地主さんのことが脳裏をかすめる。


2.jpg

元気な頃のズッキーニ

 真夏に勢いのあったズッキーニ、結局、第4弾まで植えて、かなりの収穫量を得た。夏前に弱気なことを言っておられた地主さん、私は、毎年、「人間は、梅雨時期が一番体調が悪くなるので、ここを乗り切ったら、元気が出ますよ。」と会う度に励ましていた。ただ、よ〜く聞かないと地主さんの声は聞き取れない。

3.jpg

しおれたズッキーニ

 ある朝、畑に行ってみると、活躍しきった夏に満足しきったように、ズッキーニがしおれている時がある。近所を見渡したところ、ズッキーニを作っておられるお家はないので、ズッキーニと夏野菜を順番に11軒ほどのお家に持って行くことを続けた。その間、梅雨が終わっても、地主さんの姿を見ることがなくなった。


4.jpg

ハウス産、器量の悪いメロン

 以前は、ハウスを覗くと、地主さんが座っておられたりして、ひとしきり四方山話をしたりしていた。ハウスには、2〜3本植えて1本だけ大きくなったメロンの蔓にいびつな形をしたメロンがぶら下がっていた。地主さんが居れば、珍しがってお話ができたかも知れない。

5.jpg

ヤマトイモの隣で伸び始めた頃のメロン

 スーパーで買ってきた安物のメロンの種を蒔いた。1切れいくらの1切れを買ってきた。美味しいメロンが食べられるかも、と夢を膨らませていた。地主さんは、とうとうこの夏は、1度も私のハウスに来られなかった。


6.jpg

キワーノ

 あまりにも姿を見かけないので、息子さんに尋ねてみた。食欲がなくなり、食べなくなったので、入院させたと言っておられた。食欲こそが、我々の生きる力の源なのだ。そうこうしながら、季節は移っていき、蔓が枯れ始めたキワーノの実をいくつか収穫してみた。マグネシウム補給にヨーグルトに混ぜて食べるだけの作物だ。


7.jpg

パプリカたち

 トマトは終わったが、ピーマン、シシトウ、パプリカは、今からが収穫期になるのかも知れない。収穫篭の中は、彩りが良くなる季節になった。また、ふと気になって息子さんに地主さんの様子を尋ねた。食べないので、胃瘻(いろう)をして栄養補給していたが、ついにその胃瘻を外したところだということであった。

8.jpg

ニンニクの種

 9月は、ニンニクの植え付けの時期だ。ゆったりと効いていく肥料、発酵が完全に終わっている堆肥、あるいは、石灰を好むのだそうだ。畑の準備をして次なる季節に1歩踏み出さねばならない。しかし、既に発酵半ばの牛糞を混ぜて終わってしまった。今年もニンニクは、不作の予感がする。毎日、顔を合わせていた地主さんの様子が心配になっている。
posted by tentijin at 13:14| 愛媛 ☀| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

582  小 屋 ( 屋 根 の 横 棒 )

1.jpg

屋根の三角

 台風10号がもたらした涼しさは、12号通過後はなくなり、またまた、猛暑の様相を呈している。小屋は、前回、屋根の三角作りに成功、三角は3つ必要だが、2つは作り上げ、最後の1つは、梁が複雑になるので、後日作ることにした。今回は、この三角の上に乗せる屋根の横木作りに挑戦した。

2.jpg

5本の接合部の切り組み

 この横木は、まず、9cm角の柱材で作る。問題は、長さがほぼ6m近くになるというところだろう。材木は4mものを購入しているので、6mにするには4mと2mを繋がなければならない。梁(はり・・・10cm角)も、2本は、軒の長さを考えて、繋いで6mに作った。

3.jpg

前回、隙間ができた梁の接合部

 梁の組み合わせが、隙間だらけで細い木を隙間に埋め込んだが、あの時は、なぜ、こんな風に隙間ができるのか分からずにボルトでそのまま繋いでしまった。このそのまま繋ぐという行為は、実は失敗であったと言うことが今回分かった。

4.jpg

木口をたたくと、あら不思議、隙間が・・・

 今回、瓢箪(ひょうたん)から駒(こま)で、偶然、組み合わせる時に、2mの材木の木口から大ハンマーでたたくということを行った。すると、思わぬパズルが解けたように、中央に四角い穴が出現し、それ以外は隙間なくぴったりと組み合わさった。

5.jpg

くさびを作って打ち込む

 くさびを打って接合部を完成させるという、これこそが、パズルの正解だったのだ。この方法と形を生み出した昔の匠(たくみ)は、何と素晴らしいことだろうと、私は、その場で思わず感動してしまった。その穴のサイズを測り、同じサイズのくさびを作り、打ち込むことにした。

6.jpg

打ち込むと更に隙間がなくなる

 くさびは、直方体にし、きつくなるようにけがきした線の外側をノコで切った。ハンマーで木口をたたいて、かなりぴったり組み合わされたが、このくさびを打ち込むことで、さらにぴったりと隙間なく組み合わせることができた。何という爽快感だろう。

7.jpg

接合部にボルトの穴を

 次に接合部の2カ所にボルトが入る穴を開け、だめをつめることにした。

8.jpg

穴には座金の窪みを

 穴には、座金が入るように両側にノミで軽く窪みを作り、ボルトナットが有効に作用するようにした。

9.jpg

ボルトを締めてパーフェクト

 最後にボルトナットを締めて、これでパーフェクトの組み合わせになった。この6mの屋根の横木は、5本作成した。切り組みの複雑な接合部分の細工なので、1日1本が最大、時には2日で1本の時もあり、組み合わせる1日を入れると、作業は、1週間に及んだ。次は最後の三角を作らなければならない。おそらく一番難しい作業になるだろう。
posted by tentijin at 06:17| 愛媛 ☀| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

581  風 立 ち ぬ ( 2 )

1.jpg

咲き始めたニラ

 10号の通過で、少しさわやかな秋風が吹いてきた。ところが、次なる台風12号は、どうやら昔ながらのコースを北上しているようだ。九州に上陸しそうだが、上陸後は、四国方面に来る可能性もある。その場合の最も悪いケースは、豊後水道に入ってくるコースだろう。


2.jpg

コリウス

 農園では、ニラの花が咲き始め、庭にはコリウスの葉がが良い感じになっている。2つとも、さわやかな今の時期にぴったり合っている。

3.jpg

青い花

 去年までいなかった新顔の青い花も、今が咲く時期なのか、いい色合いで咲いている。


4.jpg

夏の終わり

 暑い夏の残骸のように蝉やトンボの死骸が目に付くようになり、今を謳歌するように様々なバッタがあちこちに出現している。

5.jpg

早々と倒れる

 日影に植えたコンニャクは、まだまだ元気だが、日照りにやられ早々と倒れてしまった畑のコンニャクが、夏の終わりを教えてくれているようにも見える。

6.jpg

緑から赤へ

 庭の草花も、少しずつ色づいて時の移りゆく姿を映している。これを終わりゆくものととらえるか、始まりととらえるかは、微妙な心のさじ加減だろうと思う。


7.jpg

鮮やか

 「風たちぬ、いざ生きめやも」は、始まったばかりの希望に満ちた季節の風を感じて、さあ生きていこうという決意を表すようにも聞こえ、前向きな心模様に思える。

8.jpg

時計草の実

 庭の時計草は、既に時を刻むのを止めて、丸いかわいい実を付けている。時計草の蔓は、大変したたかに勢いよく伸びていき、この力強い植物の生き様を見せてくれるように思える。


9.jpg

生きめやも、キャベツ

 農園の片隅には、種を蒔いたキャベツの苗が太り初め、新しい季節に歩き出そうとしているようにも見える。正に、「風たちぬ、いざ生きめやも」か?
posted by tentijin at 08:29| 愛媛 ☀| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

580  風 立 ち ぬ ( 1 )

1.jpg

秋の花

 台風10号は、珍しい「Uターン台風」として思わぬ被害を東北・北海道にもたらした。台風と言えば、沖縄、九州、四国が当たり前の時代は、ひょっとしたら終わったのかも知れない。異常気象である。ともあれ、10号が過ぎ去った辺りから、秋風が立ち始めた気がする。庭には秋の花が、その存在感を増してきている。


2.jpg

最盛期の収穫

 あんなにたくさん収穫していたミニトマトも、勢いを失い、農園の短い夏も終わりかけている。もともとのヴァレリーの詩「風たちぬ、いざ生きめやも」という詩句は、「風が立った、私たちは生きようとしなければならない」という意味合いだという。どこか心惹かれるフレーズだ。

3.jpg

末期

 農園にも秋風が立ち、病気に強いアイコも、さすがに下葉から枯れ始めている。余韻のように、まだ、少しずつは収穫できるが、実(み)は盛りを過ぎて割れ始めている。「風立ちぬ」という言葉の意味合いは、文字通り「風が吹き始めた」ということだが、新しい季節が始まったとか、新しい時節がやって来たという意味合いでもあるだろう。

4.jpg

パプリカも熱中症

 雨が降らず、日照りに負けて、パプリカの何本かは葉がしぼみ、立ったまま枯れてしまった。台風のお陰なのか、雨が降って急に朝晩が涼しくなった。夏布団が寒くなり、虫の声が急によく聞こえるようになった気がする。「いざ生きめやも」は、「さあ、生きていかねばならない」とか「生きていくぞ」という意味合いなのだそうだ。


5.jpg

夏の鷹の爪

 夏に実を膨らませた鷹(たか)の爪は、あまりにも実をたくさんに付け、耐えかねて折れてしまうものがでた。もったいないので、その青い実をかじってみると、青くても立派に辛い。シシトウなども水分が少ないと辛くなるらしい。夏の日照りは、鷹の爪に貢献しているのかも知れない。

6.jpg

色づく

 秋風が吹き始めて、ふと眺めてみると、鷹の爪も一部色づいてきている。夏の暑さにやられていた人間様も、少し元気を取り戻し、「いざ生きめやも」と一息ついて、冬野菜の準備に取りかからねばならない。


7.jpg

夕焼け

 草のジャングルを少し開拓して、見上げると、秋の夕焼けは、何と金色に輝いているようだった。
posted by tentijin at 18:39| 愛媛 ☀| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド