2020年05月31日

932 初 夏 の 畑 3

1.jpg

夏の花

 晴れた日は、空も山も眩しいくらい明るい季節になってきた。体の老化に伴って、これから先の季節の暑さには、毎年、降参している。しかし、命ある間は、感謝して乗り越えていかなければならない。どこのお宅でもわりと見かける夏の花が咲き始めると、この暑さとの闘いが始まる。


2.jpg

いつもの場所にスイカ

 スイカ君は、いつも同じところに植えている。連作を嫌う作物なので、微妙に場所をずらしたり、元肥をしっかりやったりの工夫はしている。今年は、秋から冬、周りの草を、植えたい場所に山にしていた。草は枯れて土に帰り、栄養分のある土になるはずだ。うまくいくかどうか未知数だが、今年のチャレンジだ。

3.jpg

竹の皮を敷いてみた

 スイカの敷き藁がないので、毎年、草を藁の代わりに敷いている。今年は、風の国にせっせと運んでいるハチクの皮を敷いてみた。乾燥すると丸まって、ストローのようになる。この上に引いた草を敷けばパーフェクトの様な気がする。うまくいくかな?

4.jpg

赤いソラマメ熟成中

 風の国のお母さんにいただいた赤いソラマメがだいぶ実ってきた。普通のソラマメよりも小さいようだが、先に蒔いたので、さやが黒く熟れてきた。数本しか植えていないので、お母さんのあんこ作りには貢献できないかもしれない。


5.jpg

少し小ぶりなサヤ

 黒く熟れたものを摘んでみたが、普通のソラマメの半分くらいの大きさだ。あんこの材料になるあずきよりは大きいので、たくさんあれば、十分あんこになるだろう。植えたのが4本なので、収穫は種がとれるくらいかも知れない。


6.jpg

大豆も芽が出た

 昨年と同じ場所に、大豆も植えてみた。大豆のタンパク質が、弱ったお母さんの足腰にプラスになるといいのになあという思いが少しある。うまくできて欲しい。


7.jpg

トマトの挿し木?

 北宇和高校で、トマトの苗を6本購入した。もう1mほどに成長しているが、勢いの良いわき芽がどんどん伸びてくる。ふとこれを苗にできないものかと思いついた。大きめのわき芽まで放置して、挿し木にして根が出てくるのを待っている。今年のエースになるかな?
posted by tentijin at 11:18| 愛媛 ☔| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月27日

931 初 夏 の 畑 2

1.jpg

ジャンボニンニク

 初夏の畑で収穫時期を迎えているものの1つに、ニンニクがある。ニンニクの栽培は、簡単なようで意外と難しい気がする。これは、ジャンボニンニクだが、昨年は小さなものしかできずに、失敗。今回は肥料を増やし、少しだけ大きくすることができた。まだまだかな。


2.jpg

収穫した普通のニンニク

 普通のニンニク、一昨年は、肥料のやり過ぎで病気が発生、昨年は肥料を減らしてミニニンニクになってしまった。なかなか難しい。今回は、収穫前に腐り始めた。どうも塩梅がなかなか難しい。

3.jpg

ニンニクの芽

 その結果、通常ニンニクの芽が出て、その収穫を終えてから、ニンニクを収穫するのだが、今回は、ニンニクの芽が出てきた頃に茎が腐り始めてしまった。本当にニンニクの栽培は、私にとっては、むずかしい。


4.jpg

白タマネギ

 何とかまずまずの収穫になったのは、タマネギだ。昨年は小さかったので、肥料を増やして、大きめの実を収穫することができた。

5.jpg

赤タマネギ
span>
 紫タマネギは、少し小ぶりの実になったが、これもまずまずと言うことができると思う。しかし、白タマネギも赤タマネギも1本1本個性があって、大小様々なのはどうしてだろうか?個性があるのが普通かな?


6.jpg

細ネギの球根

 これは、風の国からもらってきた細ネギの球根だ。収穫というより、10月頃まで、干して保存しておく。10月頃に再び植えて冬に楽しむつもりだ。


7.jpg

芋づる

 サツマイモも、もうすぐ植えなければならないが、まだ、雨を待ち、待機中だ。

8.jpg

芋の日覆い

 これは、サツマイモを植えた後、しばらく枯れないようにする覆いだ。これをやっている方があったので、昨年から導入してみた。うまくいくかな?
posted by tentijin at 00:33| 愛媛 🌁| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月23日

930 ち ょ っ と 一 息

1.jpg

不思議な花

 花好きのお母さんのお世話で、風の国のひのら(前庭)の花は、いつも生き生きしている。この花はおもしろい花で、咲き始めは、紫の花なのだが、しばらくすると白い花に変わり、やがて散っていく。ぱっと見ると、紫と白い2つの花を咲かせる不思議な花に見える。


2.jpg

五月(さつき)?

 これは、五月の一種かもしれない。鮮やかな花の色に目が引き寄せられる。

3.jpg

シャクナゲ

 これは、お父さんが育てていたシャクナゲの花、この時期忘れずに花を咲かせる。

4.jpg

ゴミ燃やし

 広い広い畑の草刈りも終わり、作業は一段落、倉庫の中の片付けをして、たくさんの新聞紙をドラム缶で焼却した。新聞紙は、清見やデコポンを保存する時にキャリーの中に敷く、適度に水分を吸収する役目を果たしているように思える。



5.jpg

馬の背民話挿絵

 作業を終えて、座敷に帰ってみると、伊方町の暦に畑のある「馬の背(うまのせ)」の民話が載っていた。馬の背という地名も、何だかおもしろい名前だと思っていたが、こんな言い伝えがあったのだ。

6.jpg

馬が岩に変わる

 馬の瀬の畑の下は、大小の石が転がっている磯になっている。S君が潜る海がここだ。サザエやアワビがある。


7.jpg

民話

 民話は、簡単に言うと、馬の好きなお百姓さんが飼っていた馬が海に落ちて岩になるというお話しである。長く気になっていた地名の謎が解けた気がした。    
posted by tentijin at 02:29| 愛媛 ☁| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月19日

929 初 夏 の 畑 1 

1.jpg

爆発した春キャベツ

 もう少し、もう少しと大きくなるのを待ち過ぎて、美味しいはずの春キャベツが、多数爆発してしまった。ここらが良いというところが分からない。大きさだけで判断しているのが過ちの原因なのだろう。この失敗をしないようにするには、いつ植えたのか、いつ種をまいたのかという記録がいるのかも知れない。


2.jpg

タマネギ成功かな?

 この初夏の畑では、タマネギが次々と倒れて収穫期を迎えている。昨年は、種を早く蒔き過ぎて、ほとんどのタマネギの塔が立ってしまった。種まきを遅くして、元肥を多めにして、塔も立たずに、大玉のタマネギに今年は挑戦してみた。今年は、何とかその目的が達成できた気がする。

3.jpg

ソラマメ

 初夏の太陽を浴びて、コヤマメの実が大きくなり始めた。今回は、風の国のお母さんからいただいた赤いコヤマメ(空豆)と普通のコヤマメを蒔いた。赤いコヤマメは、お母さんが作る団子のあんこになる。うまくできたら、お母さんの団子作りに貢献できるかもしれない。


4.jpg

キヌサヤ

 現在収穫中のキヌサヤエンドウは、種を10数個蒔いたのだが、3つしか芽が出なかった。何ということだろう。安物買いの銭失いだったのかもしれない。

5.jpg

スナップエンドウ

 スナップエンドウも、同様で、同じくらいしか芽が出なかった。種まきの時期が悪かったのかも知れない。


6.jpg

丸々アマガエル

 暖かい陽気に誘われて、アマガエル君も、元気に活動している。畑の害虫を食べてくれているのかも知れない。彼は、冬眠から覚めた時点で、けっこう丸々としていた。よほど冬の前に栄養をたくさん取っていたのだろう。


7.jpg

ハウスも限界か?

 ハウスもビニールの風化が進み、あちこち破れ始めた。修理はするが、限界かも知れない。もはや屋根があるので、物置に成り下がっている。ハウスは、土の改良が面倒で、苗床としてだけ役目を果たしているのが現状となっている。
posted by tentijin at 23:25| 愛媛 ☀| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月15日

928 夏 草 と の 闘 い

1.jpg

風の国の集落

 風の国は、半島の宇和海側の山の斜面に集落がある。半島の根元が八幡浜などになる。その方向が東側になるので、目の前の宇和海は南東に開けた海ということになる。住んでみると分かるのだが、特に夏は、早い時間から太陽がまともに昇り遮るものがない。

2.jpg

ひのらのスズラン

 おまけに斜面なので、朝日をまともに全ての家々が受けるような塩梅になっている。日当たり良好なのだ。ひのらに置かれた植物の鉢は、水さえ欠かさなければ、順調すぎるくらい育つ。


3.jpg

ひのらの夏の花

 ひのらでは、夏の花が次々とその花を咲かせていく。毎週行く度に別の花に出会うこともしばしばとなり、楽しみだ。

4.jpg

カンタロウミミズ

 この日は、最後の大物、垣内作りの畑の草刈りに向かう。三崎道の倉庫に、草刈りの道具や軽トラが保管してあるので、そこまで、アクアで登っていく。倉庫の前で珍客発見。森の中などに生息する「カンタロウミミズ」と呼ばれる紫色の極太ミミズが散歩中だった。風の国は、本当に自然に恵まれているなあと感じる。


5.jpg

清見の花

 垣内作りの畑は、清見タンゴールの畑だ。行ってみると、畑中蜜柑の花であふれていた。その香りを嗅いでいると、一瞬、夢のような気持ちになる。


6.jpg

消毒の白い斑点

 ここは、五段になった広い畑なので、草刈りも半端ない。特に一番下の段は、広いうえに下の垣根が枯れたりして蜜柑の木も枯れかけのものが多い。木が枯れると、そこは草原になってしまう。


7.jpg

S君にもらったサザエ

 草刈りはなかなか大変な作業で、午前午後5〜6時間やると、くたくたになってしまう。2日間かけて五段を何とか終わらせることができた。モノレールで登る途中、上の方の畑では、消毒で白い斑点になった蜜柑の木が見える。何の消毒か聞いてみると、良い花が生き残るための消毒らしい。

8.jpg

倉庫に帰った草刈り道具

 疲れ切って三崎道の倉庫に帰る。草刈りの道具を倉庫にしまい、疲れた中にも、「良い仕事をしたかも。」という満足感も生まれる。途中で出会ったS君から海の幸をもらった。彼は、潜るのが趣味なのだ。
posted by tentijin at 18:11| 愛媛 ☁| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月12日

927 侵 入 者 対 策

1.jpg

ピンクのかすみ草

 あっという間に5月も半ばに近づき、風の国も夏の花が次々と咲き進んでいる。相棒の友達にもらったピンクのかすみ草が、ひのらに花を広げている。


2.jpg

ぐにゃぐにゃになった鉄網

 ある日、クロチの畑に行ってみると、大変なことが起こっていた。手前のデコポン畑と奥のポンカン畑との間の猪よけの鉄の網がくにゃくにゃに曲げられていたのだ。


3.jpg

崩された石垣の坂道

 奥のポンカン畑は、猪が度々出てきて、悪さをする。この境にある猪よけの鉄網を破ったことはなかったが、これほどひどく曲げられたことも1度もなかった。いったいどうしたことだったのだろうと、不思議に思い、とりあえず、クロチの小屋にあるハンマーで、できる限り直してみたが、元通りにはならなかった。後で聞いてみると、その鉄網は、モノレールとぶつかって、そんな風にひどく曲がったらしい。猪君のせいではなかったらしい。


4.jpg

コンテナを固定して防ぐ

 この日の仕事は、奥のポンカン畑にある猪の進入路を塞ぐ予定だった。ポンカン畑の上には、うち捨てられた。蜜柑山が、荒れ放題のうっそうとした林になっている。猪たちはそこから侵入してくるのだ。上のうち捨てられた畑との間は、高い石垣になっている。


5.jpg

コンテナを組み合わせて固定

 その2mくらいある石垣からは、猪といえど、飛び降りることはできない。そこで、猪たちは、少しずつ石垣の石を下に落とし、石垣を壊している場所が、5〜6カ所あるのだ。この石垣が崩れ、下り坂になっている場所こそが、猪の進入路なのだ。


6.jpg

鉄網を回り込まないように

 石垣を直しても、猪たちは、すぐにまた、石垣を簡単に上から崩して侵入路を作ってしまう。一番確実なのは、鉄の網を張っていくことだが、肝心の網がなかなか手に入らない。仕方がないので、林になった上の畑に上がって、猪が侵入してくる木と木の間の隙間を塞ぐことしかできない。


7.jpg

固定したコンテナに石を詰める

 今できる防御策は、猪が侵入してくる坂道まで、猪が入ってこれないようにコンテナなどを置き、丈夫なロープや針金などで、コンテナを固定してしまうという方法だ。この方法は、いずれ猪が知恵を働かせて、別の抜け道を開発したら終わりで、その時までの命となる。

8.jpg

最後は手すりでベランダ化

 それでも、しばらくでも、猪の遊び場になることを防ぐしかないのだ。S君にもらったアルミの手すりまで使って、進入路を塞ぐことができた。少しでも長く効果を発揮してほしいものだ。
posted by tentijin at 21:12| 愛媛 ☁| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月08日

926 小 屋 の 外 壁 1 

1.jpg

外壁の鎧貼(よろいば)り

 作り始めて10年目になった小屋の製作も、屋根ができたので、少し安心して進めることができるようになった気がする。しかし、コロナも迫っているかも知れないので、いつ人生の終わりが来るか分かったものではないので、とにかく前に進めていきたい。



2.jpg

中から見た地下室の東窓

 昨年、能登半島を旅して家々や倉庫の外壁が、板を横に打ち付けて作られていた。愛媛や鬼北などでは、板を縦に打ち付けて外壁が作られている。悩んだが、能登半島方式にすることにした。下から貼っていき、少し板を重ねながら上に向かって貼り進めていく、鎧(よろい)のような構造になるので、鎧貼りというようだ。



3.jpg

外から見ると

 地下室の床辺りまで貼っていって、光を取り入れる窓を作ることにした。窓と言っても、開閉できないはめ殺しの窓だ。柱と柱の間を窓とするので、横に細長い窓になる。



4.jpg

外から見た東の2つの窓

 柱と柱の間に横さんを作り、透明のアクリル板を張り付ける。外側は、出窓ならぬ、引っ込み窓のように作ってみた。


5.jpg

中から見た南の2つの窓

 入り口横に1つ、地下室部分には東に1つ、南に2つ、西に1つの計5つの窓を作った。

6.jpg

外から見ると

 外壁の板には、柱などと同様に黒い防腐剤を塗った。この作業が大変で、4mの板の両面に3回ずつ塗っていく、板の数も半端ないので、かなりの時間をこの作業に費やすことになるだろう。



7.jpg

中から見た西の窓

 前にも書いたが、1缶が8,500円くらいする高価な防腐剤を柱だけで3つくらい消費している。外壁の板には、4缶くらい必要だと思われる。予算がどんどん膨らんでくる。大丈夫だろうか?   
posted by tentijin at 03:39| 愛媛 ☀| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月04日

925 本 番 の 夏 の 始 ま り 2 

1.jpg

ブルーベリーの花

 コロナの流行で、世界中が騒がしい大変な状況になっているのだが、始まった夏を純粋に楽しんで、過ごしたいと思いついて、御近所夏探しに出かけてみた。まずは、我が家の庭、ブルーベリーの木が2本、花は少ないので、今年の収穫はあまり期待できそうもない夏景色。


2.jpg

お茶の新芽

 裏庭の片隅には、以前から植えられているお茶も、今正に美味しそうな新芽を伸ばしている。お茶にするのには、少なすぎるので、芽を摘んで、さっと茹でて、おかずに混ぜたら、季節の味がするかもしれない。


3.jpg

山椒の若葉

 山椒の鉢植えも、いつの間にか新芽を伸ばしている。冷や奴の季節になったので、味わってみたい。


4.jpg

菖蒲の群生

 我が家だけで満足しないで、家を出てみた。まずは、吉野の町を目指す。この時期、菖蒲が美しく咲くスポットがあるので、そこが第一目標。予想通りに見事に咲いていた。

5.jpg

見事な山藤

 そこから裏道経由で、興野々(おきのの)に向かってみた。田んぼの風景を眺めてみたかったからだ。すると、用水路脇に見事な山藤を発見。思わぬ自然のプレゼントに感動した。


6.jpg

用水路の堰(せき)

 田んぼに繋がる用水路の水は、この夏の始まりの時期には、私には、とても魅力的に見えるから不思議だ。心地よい気温のせいなのかもしれない。

7.jpg

田植えを終えた田

 興野々の田んぼは、広見川沿いに耕地整理された広々とした田んぼが連なっている。この時期の田んぼは、これまた、この季節らしい夏の初めの風景だ。

8.jpg

我が家のエビネ

 夏探しに満喫して帰ってくると、玄関の松の木の下に、エビネ蘭が咲いていた。これまた、駆け足で過ぎていく夏の始まりの風景の1つだろう。
posted by tentijin at 08:55| 愛媛 🌁| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月01日

924 本 番 の 夏 の 始 ま り 1

1.jpg


ドウダンツツジ

 急に気温も上がってきて、どうやら夏が始まってきたようだ。運動公園のドウダンツツジは、いち早く咲いてすぐに花が終わった。


2.jpg

モッコウバラ

 我が家のモッコウバラが生長して、垣根ぽくなってきた。モッコウバラは、圧倒的な花の数が、何だか頼もしい気がする。立派な垣根になっていくだろう。


3.jpg

アイリス系?

 この季節は、心地よい暖かさになって、明るい太陽の光があふれ、1年で一番良い季節かも知れない。我が家のアイリス系の花も咲き始めている。


4.jpg

卯の花系?

 この季節のこの花が私的には、一番好きだ。卯の花系統の花だと思う。挿し木で増えるらしいので、増やして見たいものだ。


5.jpg

白ツツジ

 これは裏庭にある白いツツジだ。昔の家の頃には、玄関脇に植えられていたが、家を建て替えたとき、裏庭に移植したものだ。派手な色ではないので、毎年、ひっそりと咲いている。


6.jpg

牡丹

 牡丹も、あっという間に咲いて、あっという間に終わってしまう。この花は、植えたときは、ピンクの花だったのだが、先祖返りでもしたのか、この色に変わってしまった。不思議だ。

7.jpg

ギボウシ

 柿の木の下には、冬の間、枯れてしまっていたギボウシが、いつの間にか、ふっくらした葉を繁らせていた。夏の始まりは、大変忙しいような季節だ。   
posted by tentijin at 19:24| 愛媛 ☀| Comment(2) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド