2016年06月07日

553 手 強 き か な 無 呼 吸

1.jpg

気づくと時計草が

 気づくと時は進み、身の周りの花々が夏の花になっているのに気づかされる。梅雨入りもして、紫陽花などの花は、俄然目を引き生き生きと咲いている。彼らとは違い、私の方は、相変わらず、無呼吸と奮闘中である。


2.jpg

準備中の紫陽花

 元々は、起床後の喉の渇きや舌がカラカラに干上がる現象にまいってしまい、1日中続く喉の異常が苦しくて病院に向かった。今、生き生きと咲き始めている花々は、青春そのもののように内に力があるように見えるが、どうも私の症状は下り坂で力を入れようにも、どう入れたらよいものか分からないのが現状だ。

3.jpg

玄関に飾られた紫陽花

 旬の花、紫陽花は、玄関や部屋部屋に活けられ、目を楽しませ、心を元気にさせてくれている気がするが、今、私が闘っている無呼吸は、なかなかに手強い猛者だ。無呼吸と知らない間から、1日の始めや終わりに苦しくなって座り込むような症状に悩ませられていた。どうもそれが、無呼吸のもたらす害であったようだ。無呼吸には、突然死のリスクがあるらしい。くわばらくわばら。


4.jpg

アプローチのドクダミ

 雨の合間には、畑や玄関の植え込みを占領中のドクダミまでが花盛りを迎えている。こうして群れて咲いていると、結構いい感じである。彼らも今は、盛りなのだろう。意識のない睡眠中に呼吸が止まっていても、一向に本人には分からない。どうにもならない本人に代わって業者が貸し出してくれている機械から送られてくる空気をマスクで受けて、強制的に呼吸を促しているようだが・・・。


5.jpg

笑うがごときクチナシ

 歩くことは、心筋梗塞などを予防する働きがあるそうだ。スクワット付きの私の散歩は、筋トレも兼ねている。目標30分以上なので、鬼北グランドを5周しているのだが、無呼吸は、私の上半身を鉄のように重くして肩に死神でも乗せて歩いているような状態になるときがある。こんな日は、すぐにあきらめて3周中であっても、グランドのクチナシが笑おうと、後2周はキャンセルして帰ることにしている。命あってのものだねだからだ。

6.jpg

変身中の紫陽花

 紫陽花は、日々色を変え、摩訶不思議に変身して我々を楽しませてくれる。その様子は、静かだが、内なるエネルギーに満ちあふれているように思える。66歳の私といえども負けてはいられない。おっくうな無呼吸用の機械のマスクを付けて寝る。1〜2時間で目覚めてしまうので、かえって悪くなるようにも思えるのだが、ひたすらお医者様の御命令を励行するしかないと心では思うのだが・・・。

7.jpg

空と水草の花

 グランドの人工の池には、市越の池から水が流れてくる。池の中には、びっしりと水草が生えていて、白い小さな花が点々と水面に咲いている。その日の青空までも封じ込めてなかなかおもしろい絵になっている。無呼吸阻止の機械から送られてくる空気は、中に入れた水を水蒸気にしながら優しい空気を送ってくるらしいが、私にとっては、単なる1つの苦痛でしかないのが、残念で愛嬌もない。

8.jpg

通り道の紫陽花

 散歩の帰りに通るお宅の紫陽花は、セメントや道路の舗装の間から生えているのに、かなり見事な様子で咲いている。いつもほれぼれして眺める。無呼吸君には、様々虐げられている気はするが、この紫陽花のごとく環境にめげずにいい花を咲かすことはできないものでしょうかね。 
posted by tentijin at 01:15| 愛媛 ☁| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
時計草、おもしろい花ですね。花姿はほんと、時計に代わらない。この時期、クチナシ、紫陽花は花盛り・・・勝手なもので雨はもう良い、早く夏空になってほしいというのはわがままなんでしょうね。(笑い)
Posted by 鬼城 at 2016年06月07日 09:29
 クチナシがあざ笑っているように感じても、しんどいときは無理なさらないように。
 セメントからも出てきている紫陽花すごいですね。ど根性○○、色々ありますが、刺激を受けても、自分の頑張れる範囲でとどめましょう。何だか、消極的なコメントになりましたが
昨日南楽園に行ったら、入場料半額でした。高齢者金額に得したような、淋しい様な。
Posted by 吉野の食いしんぼう at 2016年06月07日 15:11
鬼城様
 同感です。雨が終われば、夏空が展開し、暑いながらも、私に農作業という仕事を与えてくれます。降らなければそれはそれで、水やりに忙しくなりはするのですが・・・。昨年から雨の量が増え、外トマトが腐るという事態に見舞われています。何とかなだめつつ歩いて行きたいと思います。
Posted by tentijin at 2016年06月07日 18:13
吉野の食いしんぼう様
 私も、先日「ぽっぽ温泉」に友達と行ってみると、堂々と割引料金でした。自分がまだまだ状態なら、ラッキーな思いとなり、少しくたびれると寂しい思いで、もっと疲れると、もっと割引してほしくなるかもしれませんね。紫陽花は、よく見ると、25cm幅くらいの花壇に植えられていました。
Posted by tentijin at 2016年06月07日 18:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

タグクラウド