2016年06月11日

554 今 の 夏 満 喫 !

1.jpg

夕方の飛行機雲

 梅雨の合間の夕方の空を楽しみ、蛍の観賞に出かけた。我が家の裏に流れる奈良川には、不作で、ちら程度だが、かなり乱舞する場所があるという噂を耳にした。これは行ってみるにしくはない。

2.jpeg

川原の蛍

 場所は清延だということであった。清延のどのあたりかは、分からないので、近永の商店街から、橋を渡り、弓滝神社方面に向かう、橋を渡ったら左折して清延方面に走った。すぐに三間川の支流に懸かる橋に至る。先客がいる中、車を降りてみると、乱舞状態であった。


3.jpg

手のひらに

 歩いている私にぶつかってくるものを手のひらで受け止めると、美しい光を放っている。しばし、手のひらの上で、瞬(またた)く。

4.jpg

ストロボで見ると

 ストロボ撮影してみると、その姿をとらえることができた。この辺りに飛んでいるのは、ゲンジボタルである。昔々の蛍狩りを思い出した。

5.jpg

跡継ぎのドジョウ君

 先日、玄関で飼っていたドジョウ君が水槽から飛び出し、夜明けに少し干からびて亡くなっていた。2〜3年前に田んぼの溝(みぞ)ごで掬(すく)ってきた3匹のうちの最後の1匹であった。かなり大きくなっていたが、私としては、よくもまあここまで生きのびたものだというのがその感想である。その間、水を替えたのは、数回であった。後継者を掬(すく)ってきて少し反省、もう少し頻繁(ひんぱん)に水を替えてやろうと心に誓った。

6.JPG

メダカ君も水槽へ

 少し薄暗い中でドジョウ君は、その小さな口ゆえ、メダカの餌(えさ)で命を繋(つな)いできた。そんな環境で生きのびてきたドジョウ君に感謝したいと思う。一方、やはり、壺の中で、あまり愛情を込められず生きのびてきたメダカ君も水槽に入れ替え、私の心を癒やしつつ、無邪気に泳いでいる。


7.jpg

スイカズラの花

 あちこちの山裾で卯の花が咲く頃の夏を迎え、同じくスイカズラの花も、今の夏を代表するかのごとく満開である。
posted by tentijin at 04:10| 愛媛 ☀| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 我が家近くの蛍の乱舞はもう10日以上前に終わりました。写真に収められてすごい!
 ドジョウくんご愁傷様でした。私も昨年はメダカを道の駅から買ってきて、飼育していましたが、徐々に減っていき、今は私には向かないと諦めました。その間、水草等、結構お金かけたのですが。養子に貰う所はあるのですが、我が家に来たら不幸かな?と今は遠慮しています。
Posted by 吉野の食いしんぼう at 2016年06月11日 21:46
ホタル、さすが四万十の源流近い清流の里、おおいですね。清延方面は見に行ったことがあります。あの頃から撮影したい気持ちがあったのですが、実現できずです。泥鰌といい、めだかといい、飼育する人は尊敬します。ご苦労様です・・・スイカズラと言うんですね。散歩コースにもたくさん咲いています。
Posted by 鬼城 at 2016年06月12日 17:40
吉野の食いしんぼう様
 蛍、私も少し前の映像です。メダカは、秘密の場所から掬ってきます。生活排水が入らない水系にからくも生きのびている日本メダカです。しかしこの最近では、うまく子孫を残せない状態が続いています。彼らがうまく子孫を残せないのか、飼う人が良い環境を作れないのかどちらかだと思うのですが・・・。
Posted by tentijin at 2016年06月14日 00:31
鬼城様
 不思議です、奈良川は不作ですが、今年は清延で大発生なのですから。何か条件があるのだと思います。ドジョウも少なくなりました。三間と鬼北の境界辺りに行って掬ってきました。私の子供の頃は、20cm以上ある巨大で黄色いドジョウが、裏の川(奈良川)にもいたのですが・・・。
Posted by tentijin at 2016年06月14日 00:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

タグクラウド