2016年06月25日

558  ト マ ト ハ ウ ス ( 夏 野 菜 ぼ ち ぼ ち )

1.jpg

ハウストマト

 地主さんのハウスでは、トマトが赤く色づいているが、我がトマトハウスではやっと青い実が太り始めた程度で先は長い。近所で本格トマトハウスを立ち上げたばかりだった長男が急死、高齢で独居老人になってしまったOさんが、息子を偲びながら、残されたハウスのお世話をして、ハネのトマトを無料で直売所に出しておられる。Oさんの心の空白を思い、また、御好意に感謝しつつ、我が家でも、Oさんの美味しいトマトをいただいている。

2.jpg

スギナの林

 麦藁(むぎわら)や稲藁(いなわら)のない我が農園なので、今年はふと思いついて雑草をスイカの敷きわらに使うことを思いついた。スイカを植えた辺りは、特にスギナの林ができて伸び放題になっているのを眺めた末の思いつきであった。

3.jpg

雑草を敷いたスイカ

 麦藁、あるいは、稲藁のように腐りにくければ、敷き藁としては用をなすが、この雑草君たちは、以外に枯れて腐りやすくそのうちすぐに土に帰ってしまう。それでも、他の方策が思いつかないので、手近な雑草で今のところは対応している。

4.jpg

順調

 一列全部に作付けを増やして植えたジャガイモは、順調に生長している。元肥に牛糞を鋤き(すき)込んでいるので、地下にできる作物には好結果が期待できる。

5.jpg

花も咲いて

 少し植え付けが遅かったので、よそ様のものより遅れているが、花も咲いて、もうすぐ収穫になりそうである。葉っぱが黄色くなったり、根元が盛り上がってきたりすれば、ジャガイモが太って収穫可能になった合図だそうだ。


6.jpg

長〜い3列

 昨年は、雨で腐ってしまった外トマトだったが、それにも懲りずに長〜い一列に植え付けた。雨対策をする前に、連日の雨で病気になり、腐ってしまうものが続出した。雨が続くので、カビ用の消毒もできない。残りの同じ長い2列には、茄子やオクラ、パプリカ、ピーマン、ジャンボシシトウなどを植えたが、できはじめたら、とてつもない量になり大変だと思われる。

7.jpg

キュウリ生産開始

 第1弾のキュウーリはやっと10本くらい収穫、我が家の食事に貢献している。これも雨が続くので、白いカビが現れて葉っぱをだめにしてきている。


8.jpg

第2弾

 その横には、第2弾のキューリを植えてウリバエを防ぐ網をかぶせているが、連日の雨と場所が第1弾に隣接しているので、白カビが早くも移ってきている。これがキューリの難しいところだろうと思われる。 
posted by tentijin at 07:01| 愛媛 ☁| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
美事な農園!トマトハウスが出来て7年目かな?もう、まだ?それにしても畑は綺麗ですね。我が家の畑はもと田んぼなので、今日辺りは田植えが出来るほど水が溜まっていると思います。私は行きませんから、愚痴を聞くのみ・・・夏野菜、この長雨で大変でしょうね?新鮮な野菜を食べ、元気が一番です。
Posted by 鬼城 at 2016年06月25日 08:20
鬼城様
 地主さんの体力が低下するにしたがって、私が耕作する耕作可能な面積が少しずつ増えている気がします。田んぼと違って畑は、草との闘いなので、草引きが追いつかなくなり、今の時期、草原のようになっています。ですから、草引きをしていると、「永遠」にタイムスリップしてしまいます。
Posted by tentijin at 2016年06月25日 10:29
 もう、立派なお百姓さんですね。
 トマトの写真からは、あの青臭い香りが届いてきそうです。
 ジャガイモの葉っぱの艶の良いこと。肥料の効果大。収穫量が楽しみですね。
 雑草の利用、良いかも。真似してみます。
Posted by 吉野の食いしんぼう at 2016年06月25日 15:39
吉野の食いしんぼう様
 先日のレタスに次いで、現在、キャベツが出来過ぎて大変なことになっています。自分で苗を作り、植えたのはいいのですが、その数が40〜50個だったもので、雨と虫にやられそうなこれだけのキャベツが一斉にできて、どうする状態で、普段5〜6軒のお配りする非農家のお家が10軒以上に跳ね上がっています。雑草は敵でもありますが、味方にもなると思います。
Posted by tentijin at 2016年06月25日 18:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

タグクラウド