2016年07月05日

561  ト マ ト ハ ウ ス ( 本 番 近 し ? )

1.jpg

増水した奈良川

 裏の奈良川は、久しぶりに増水していた。先日の雨が梅雨の最後の雨であってほしいのだが・・・。そして、雨はやんだが、湿度が高く、気温も上昇中の気配である。ひょっとしてこれは、夏本番近しなのかも?


2.jpg

まだまだ元気

 もう終わりかけの紫陽花も増えてきたが、依然、元気な紫陽花もまだまだなのである。やはり、もう、本番近しの夏なのでしょうか?


3.jpg

念願の麦わら帽

 私は耐えきれなくて、前々から欲しかった麦わら帽子を購入。親父が夏は、いつも愛用していたアイテムである。畑も、そして、得意のウナギ釣りでも、手放さなかったものだ。超がつく程の汗っかきの私は、昨年まで暑さの夏は、野球帽からタオル巻き帽のほおかぶりに変えていた。どう考えても、紫外線を防ぐには、その形状からして、麦わら帽子の方がいいに決まっている。

4.jpg

おやっ!これは

 ある朝、雨で増水した家の前の溝に沿って立っているブロック塀(べい)に、思わぬ方がすがりついていた。おそらく、その模様からあいつに違いない。しかし、妙にコンパクトである。


5.jpg

やっぱりそうか

 しばらくしてまた、眺めてみると、まだ、生っ白(ちろ)いが、スマートに変身したその姿は、正(まさ)しく鬼ヤンマである。

6.jpg

格好いい!

 色も整い飛び立つ寸前、やはり、その姿は、とても格好がいい。しばらく後に、また、確認してみると、彼は、夏の大空に飛び立っていた。私も、あんなふうに大空へ飛び出すことができれば、どんなに素晴らしいことだろう。

7.jpg

小さくても気は強そう

 夏を告げるそのブロック塀の上には、まだ、超スリムなカマキリ君も出現し、私とすれ違いざま、目が合ってしまった。本番はすぐそこに来ているのかもしれない。
posted by tentijin at 06:50| 愛媛 ☁| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
雨量は半端ではなかったですね。豪雨という言葉が定着してきましたね。奈良川を見ればよくわかります。トンボの脱皮、カマキリ、まさに夏ですね。
Posted by 鬼城 at 2016年07月05日 09:12
鬼城様
 台風時の増水は、この何倍もあるので、迫力満点です。今回は、長雨にうんざりしている間に夏がやってきている感を表現してみました。また、宇和島の方が鬼北よりも、警報が多かった気がします。
Posted by tentijin at 2016年07月05日 11:11
 トンボの誕生、いいチャンスが撮れましたね。何だか元気が出てきます。
 やっぱり、おじさん(失礼)の夏の帽子はこれしかないでしょう。
 まだまだ紫陽花は美しさを保っていますね。
 我が家は蟻が発生し、腕や首を咬まれ、往生しています。
Posted by 吉野の食いしんぼう at 2016年07月05日 23:34
吉野の食いしんぼう様
 私の記憶の中の親父は、逆算してみると、50歳代だったと思います。まだまだ元気で、畑の草取りをしたり、夏は好きなウナギ釣りに出かけていました。その時の親父より、もう10歳も歳をとっていることに驚きます。農作業中にしばしば蟻に遭遇しますが、以前、痛い目に遭っているので、いつも、しばし避難することにしています。
Posted by tentijin at 2016年07月06日 07:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

タグクラウド