2016年08月29日

579  盆 行 事

1.jpg

風の国の朝陽

 風の国の夏は、おちおち朝寝などできないことになっている。なぜなら目の前が海(宇和海)で遠く八幡浜方面を向いている集落から見ると、その方向が東に当たる。八幡浜の向こうには、久万町の山々や石鎚方面が見渡せる広々した空や海が開けているので、朝は、4時過ぎ頃から明るくなり始め、まぶし過ぎて朝寝には向かないのである。


2.jpg

明るい海が広がる

 昼も、遮る物とてないので、風景は遠くまで光に充ち満ちている。まるで空や海と直接つながっているような感覚になる。人口が激減して、空き家がものすごいスピードで増えているので、一見暗いイメージになりそうだが、目の前の風景は、限りなく明るい。


3.jpg

使われなくなった水場

 伯父さんの初盆なので、集会所に向かう。途中、今は水があまり湧かなくなり、使われなくなった水場が残っている。風の国独特の石積みで石垣が作られ、水場の上には水神様がまつられている。

4.jpg

不思議な木

 更に進むと、石垣の上に不思議な木が生えている。鬼北ではウシノシタと呼ばれているイチジクのような形状をした小さな実を付ける木があり、風の国ではそれをタブと呼ぶ。そのタブの木によく似た実を付ける木が生えていたのだ。初めて見る木で、実は通常なら付かない幹の根元辺りの太い部分にも、遠慮なく付いているのだ。

5.jpg

担当の方の演奏

 集会所の広場には、既にたくさんの人が集っている。集落の担当の方々が、鉦や太鼓を演奏する。その演奏にのって初盆を迎えた遺族の方々が白い旗を持って、集会所の広場をぐるぐると回る。

6.jpg

お練り

 紙の白旗には、お経と戒名が墨書されている。遺族は、親戚縁者が交代で旗を持って広場を回る。円はそれほど大きなものではなく、直径が4〜5mほどである。

7.jpg

1段上のお地蔵様から眺む

 ひとしきり10分間ほどすると、演奏が止まり、しばらくの休みになる。ほどなく演奏は再開され、また、旗を持ってのお練りが始まる。集まっているのは、初盆を迎えた方の親類縁者だけではなく、故人と友達であった方や、様々お付き合いのあった方々も来ておられるので、交流のあった方々も、交代で旗を持って回る風習となっている。お世話になった方との最後の別れといった意味合いもあるのだろう。

8.jpg

石垣に咲く

 海に面した傾斜地にへばりつくように広がっている風の国では、それぞれの家々からも集会所からも、そのすぐ上にある神社の社からも、そして、故人が眠る墓からも、広々と続く海が見える。我々が海を見やるように、石垣に咲く芙蓉の花も遠く海を見やっているようにも見える。
posted by tentijin at 11:06| 愛媛 ☀| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 松野では「お施餓鬼」って言うのがあり、伯父や叔母の初盆の年に行きましたが、ところ変われば・・・で、之にあたる海岸地区の行事なのでしょうか。
 昨日は私たちの組の4人の故人の灯篭流しに行ってきました。以前は母に任せていましたが、今はできるだけ一緒の組で生活してきた人々を自分も送りたいと思うようになりました。
 年を取ったせいでしょうか?
 海には山にない綺麗で魅力的な風景がありますね。
Posted by 吉野の食いしんぼう at 2016年08月29日 22:01
吉野の食いしんぼう様
 私もよくは分からないのですが、灯篭流しやら、お施餓鬼やらという行事と同じ意味合いの行事なのでしょうね。気づいてみると、自分も、身近な方々のおかげで生きてきた縁に気づきます。感謝できることに感謝です。
Posted by tentijin at 2016年08月30日 02:01
地域地域の盆行事が在るんですね。盆踊りの原型かもしれません。それより、以前も出ていた水場、これは面白い。低い山のところになぜわき水が豊富なのか?
行く夏、芙蓉の花が送ってくれるようですね。そうそう「たぶの木」聞いたことがあります。どこでだったかなあ?
Posted by 鬼城 at 2016年08月30日 07:18
鬼城様
 地形から言うと、雨は一気に海まで駆け下りてしまう距離や急傾斜ですので、地下水ができるなどとはとても思えないように見えます。それでも、谷あいのような部分もあるので、そこに雨水が集中してしみこみ、地下水になるのかも知れませんね。たぶの木は、鬼北にも川原や小川のふちに生えている時がありますが、数は海岸の方が多いように思えます。
Posted by tentijin at 2016年08月30日 07:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

タグクラウド