2017年01月07日

620 農 繁 期 突 入? ( 1 仕 事 始 め )

1.jpg

庭の蝋梅

 まだ1輪2輪ほどしかほころびていない蝋梅(ろうばい)が玄関を飾っている松の内に、風の国お手伝いの仕事始めに出かけた。今回は、日帰りではなく、1泊で少し頑張って2日間のお手伝いに挑戦する。以前なら、我々が行かない日も、作業は進んでいたが、お父さんの筋力低下もあり、なかなか進まないことが多くなっている。

2.jpg

壁画1

 初日は、1月5日の9時頃に出かけたが、作業は、余裕を持って午後行うことにしていたので、途中、道の駅を過ぎ、大江に降りる道路に愛媛新聞に紹介されていた壁画が描かれているのを見学に立ち寄った。しばらく下り坂を下りていくと、すぐに1つ目の壁画が現れた。ここは、海をテーマにしているようだ。

3.jpg

壁画2

 並びには、山、森をテーマにした絵も描かれている。道路は森の中を抜けながら、少し日影になっているので、道路の山側の擁壁(ようへき)には、一面に苔(こけ)が生えている。その苔を削って擁壁のコンクリート面が現れて、白い線になる。苔とその線で浮かび上がる素朴な、どこか心癒やされる壁画であった。壁画は3カ所あるそうだが、2カ所まで眺めてみた。

4.jpg

水場

 風の国は、あちこち石垣などに簡単なしめ縄やお飾りが設置してあって、正月の風情が漂っている。ここは、以前、水場であった場所で、水場の上にほこらが作られ、水神様が祀(まつ)られている。今では水量が激減して使われなくなっている場所だ。

5.jpg

切り干し大根

 庭には冬のこの時期の恒例になっているお母さんが作る干し大根が干してある。戸板のような台に簀の子や網(あみ)ブルーシートなどを敷いてその上に干す。時には、低い隠居部屋の屋根1面に干している時もある。冬の風物詩だ。ある程度風があるときの方がうまく色白に干せるのだそうだ。

6.jpg

伊予柑

 午後からのこの日の初仕事は、駐車場下の伊予柑の収穫であった。畑は狭く2段だけの所で、モノレールもないので、人力で運ばなければならない。下の段で収穫したものを上の段のキャリーに入れる。それを1キャリーずつお父さんが背中(腰)に保持して運ぶ。上の段からも、足場の悪い細い通路を通り階段を20段ほど上がってトラックに積み込む。お父さんは、ふらふらしておられたので、ひょっとしたら、来年は私も運ぶのをお手伝いすることになるかもしれない。親戚から助っ人1名、助かった。収穫は、キャリー25個あったそうだが、昔の半分の量らしい。

7.jpg

シルエットな沖

 伊予柑も、潰瘍(かいよう)と呼ばれるシミのようなものができているものはあるが、清見のような黒点はないので、比較的器量が良く、製品になりやすい。あまり食べないのだが、我々も3個だけいただいて帰った。この日も、夕方はシルエット現象になって沖を船が通過している風景で暮れていった。
posted by tentijin at 09:04| 愛媛 ☁| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 我が散歩道にも苔むした道路壁になにやら書いていますが、それはまさに「落書き」。この様な癒やされる壁画は広がったら良いですね。tentijinさんも第2のふるさと住民として素敵な作品を描かれたら良いのにと思います。
 慌て者の食いしんぼうは「ええっ、早、天草が干され始めたの?」冬の風物詩は干し大根ですよね。
 我が家の蝋梅はまだまだつぼみが固いです。
Posted by 吉野の食いしんぼう at 2017年01月07日 10:21
吉野の食いしんぼう様
 いよいよ収穫作業も本格化する年明けになり、頑張りどころになりました。あまり新聞を読まない私に読む方が教えてくれました。ひっそり森の中の道にあるのも、いいなと感じました。
Posted by tentijin at 2017年01月08日 07:37
壁画、テレビでもやっていましたね。暴走族の壁書きより、素晴らしい試みです。水神様を祀り風習、神への感謝もこの地方ならですね。風の国の新年も穏やかに過ぎていく様子がうかがえます。今年も素晴らしい一年となるよう祈念しています。
Posted by 鬼城 at 2017年01月08日 09:01
鬼城様
 苔を削って描くという発想がいいなと感じます。過疎で空き家がどんどん増えている風の国ですが、それは、半島全体に広がっている現象です。お金のかからない町おこしの一環だと思います。元気をもらえます。
Posted by tentijin at 2017年01月08日 17:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

タグクラウド