2017年01月19日

623 え ひ め 国 体 ( か ち か ち 山 )

1.jpg

歓迎の旗

 突然、「えひめ国体民泊協力会」の役員会が行われた。我が自治会も、民泊協力会に立候補し、2年前から活動を行っている。鬼北町で行われる国体の試合は、少年女子のバレーボールである。少年女子とは、高校女子のことだ。鬼北運動公園のアリーナが会場となる。

2.jpg

歓迎用ボード作り

 あまり乗る気ではなかった私だったが、民泊に熱心なNちゃんがイニシアチブをとり、民泊協力会が組織された。Nちゃんに言われると、断り切れない私は、歓迎班班長という役をいただいた。後から考えると、なかなか手強い役どころであったように思われる。


3.jpg

歓迎会場

 班は、全体を企画運営する総務班、食事を作る調理班、中心施設(集会所)の環境美化を進める美化班、受け入れるチームを歓迎する行事を行う歓迎班、実際に選手や監督を宿泊させる家庭班の5つの班がある。

4.jpg

歓迎垂れ幕

 今回の役員会では、各班の準備計画を具体的に肉付けしていく道筋を考え、必要なものの予算化と予算要求のための資料作りを進めて欲しいと言う内容であった。私は、山口国体の資料DVDや写真集など、預かっていた参考資料も、やる気のなさから部屋の片隅に追いやっていた。


5.jpg

歓迎飾り付け

 3月初めが期限のようなので、さすがに動かざるを得ない状況になった。2月中に班会議を行い、必要なもの、必要な計画の具体化をピックアップしていき、予算見積もりをしていかなければならない。正にかちかち山の狸のごとく、もう背中に火は付いている気がする。


6.jpg

出し物

 丸々3〜4時間分のDVDをだらだらと眺めることから始め、まず、ビデオから歓迎班担当行事である歓迎会、祝勝会、送別会の次第を起こし、役割分担などをシミュレーションしてみる。また、それらを行うために必要な小道具なども考えてみる。

7.jpg

会場での応援

 写真集からは、90枚ほどのコピーをして、その中の使える写真を360枚ほど選び出した。これをテーマごとに分類しながら淘汰していき、班員の方々に考えていただくためのミニ写真集を作ろうと、もくろんでいる。目前に迫った期日に狸の背中はずんずんと熱さを増してきそうな思いに悩まされる日々が始まった。どうなることやら。
posted by tentijin at 09:02| 愛媛 ☁| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 頭が下がります。こういうボランティアの方々の努力と協力で国体も成り立っているのですね。
 かちかち山の狸さん状態からの脱出、私も何度も経験してきました。tentijinさんなら大丈夫、太鼓判です。
 私も平成元年、全国高校総体登山の部で医療隊で全コース付いていきました。その時の職場のボスに「おまえも、もう30歳代に突入、リタイアーしても恥じゃない。無理するな」と言われました。結果は、選手の軟弱さに「なに〜」って思ったくらいでしたが。もう、その気力体力も無し。
 頑張ってください。
Posted by 吉野の食いしんぼう at 2017年01月19日 10:39
吉野の食いしんぼう様
 先日、84歳の現役チアリーダーの女性の方がテレビに出ておられました。信じられない動きで頑張っておられ、びっくりでした。筋肉は、何歳になってもトレーニングで増えるらしいので、私も、現在、「くの字スクワット」を散歩に出たときは、3,000回くらいやってます。運動場を重いリュックを背負って走っておられた吉野のくいしんぼうさんの姿が目に焼き付いていますよ。
Posted by tentijin at 2017年01月19日 17:59
国体!まさに体育のお祭りですね。愛媛国体という名の前に地域の方々の努力無くして成り立たない現状・・・それでも国体初続く。宿泊場所が足りないのは分かっていたはずなのに・・・民泊成る便利なシステムで乗り切る不可思議なことです。宇和島はどうなっているのだろう?御苦労様です。
Posted by 鬼城 at 2017年01月20日 08:10
鬼城様
 かなり高齢化している我が地域なのですが、民泊をもらってきたNちゃんは、元気おじさんで、民泊協力会、張り切っています。私もおしりをたたかれつつ、おそらく2度と体験することはないだろうこの民泊に小さな足跡を残したいと思います。
Posted by tentijin at 2017年01月21日 17:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

タグクラウド