2017年02月01日

627 え ひ め 国 体 ( シミュレーション )

1.jpg

千羽鶴や鎖に使える?

 何と時の過ぎゆく速さの容赦ないことだろう!もう2月の声を聞く時期になってしまった。よく言われるように、「1月は、行っちまった。」依然、えひめ国体にお尻をあぶられている私は、次なる歓迎班会議までにやるべき準備が、頭にちらついて離れない状態に陥っている。

2.jpg

広げたら花になる

 前回、お尻をあぶられる予感に突き動かされて、借りていた民泊活動のDVDを、とにかく、流してみるところから始めた。メモなどをすることもなく、ぼんやりと流れている映像を見るだけなのだ。すると不思議なことに、あれが必要、これもあったら、などという思いが頭の中にちらついてくる。合計3〜4時間分はありそうなDVDを都合3回ぐらい眺めた気がする。


3.jpg

子供たちに描かせるのにぴったり

 やる気のない歓迎班長さんだが、ぼんやりとイメージが湧いてきた。次なるステップは、写真集から、我が歓迎班に関連の写真をピックアップして、我が班が、いったいいかなるものなどを作る必要があるのかという思考に移る。すると、必要なアイテムなる品々が思い浮かぶようになる。目の前には、何もないのだが、品々を書きだしてみると、何だか少し仕事をした気になるから不思議だ。

4.jpg

室内色塗りの主役

 そのメモを、副班長さんにも見てもらう。班の活動に必要だと思われる品々なので、
品々がどのくらいの分量あればよいかという、私には苦手な推理にも頭を使う。その上で、品物の値段を調査してみることにした。


5.jpg

色塗り必須アイテム

 1つ1つの値段が分かれば、✕(かける)分量で必要経費がはじき出されることとなる。限られた予算だと思うので、必要なものをいかに安く算段するかということを考慮して、100円ショップを活用することにした。100円ショップには、かなり様々なものが並んでいる。うまく活用すれば、かなりのものが揃(そろ)う気がする。


6.jpg

くす玉に使えるか?

 例えば、室内飾りに使う色紙の鎖や色薄紙で作る花などの材料も安く手に入る。室内用看板や模造紙などに絵を描く絵の具や関連の品々も、入手可能である。また、思わぬものが思わぬものに活用でき、室内飾りに使える造花やくす玉を作る材料などにもたどり着いた。

7.jpg

室内飾り花

 屋外に作るものは、色つけも、絵の具からペンキに変える必要があるし、100円ショップでは揃い切らない品々もある。それらは、ホームセンターで調達しなければなないものもある。単細胞の私の頭脳では苦手でなかなかはかどらない仕事だったが、一応のシミュレーションが終わり、予算要求資料が完成した。
posted by tentijin at 09:20| 愛媛 ☁| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アイディアマン、威力発揮ですね。国体の選手、応援の方々、役員へのおもてなし作戦、着々進行中ですね。それにしてもカラフルな装い、すばらしい発想です。宇和島は何かしているんだろうか?市民への啓発もありません。博物館は、お客さんが喜ぶ「刀剣展」をしたいと思っています。
Posted by 鬼城 at 2017年02月01日 12:13
鬼城様
 宇和島も民泊ですか?1チーム監督コーチを含み、選手を入れると20人前後の人数を1地区でまかないます。公民館がある場所であれば、設備がまだ整っている訳ですが、我が地区は、古い集会所になりますから、なかなか大変です。誰も経験していないことをやるので、方向性が掴めず苦労しています。博物館は、常に催しがあるので、その都度大変でしょうね。
Posted by tentijin at 2017年02月01日 14:22
 心からご苦労様と言いたいです。色々なアイディアが浮かんでくる能力の持ち主だからやれる大役だと思います。
 鬼北や三間に住む友人からは民泊の協力等、話を聞きますが松野はあまり聞きません。三種競技が会場になっているとか?は聞きましたが。
 1月は「行く」2月は「逃げる」3月は「去る」と言って、時間の過ぎるのが早い3学期でしたが、今はそれも気にせず過ごせるようになりました。でも、今や月に関係なく1日が早く過ると感じるく高齢者になりました。
Posted by 吉野の食いしんぼう at 2017年02月01日 18:26
吉野の食いしんぼう様
 松野は、三種競技(陸上)の会場なんですか?近くなのに宇和島や松野の情報に疎い私です。広中校長先生宅には選手が泊まるそうですよ。教頭先生は、私と同じ歓迎班らしいです。少しずつ鬼北は、国体一色に染められていく気がします。、
Posted by tentijin at 2017年02月01日 21:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

タグクラウド