2017年02月25日

634 時 の 流 れ 2 ( 仲 間 入 り )


1.jpg

山茱萸

 うすら寒い日が帰ってきても、庭の山茱萸(さんしゅゆ)の蕾(つぼみ)は、確実にふくらんで日に日にその存在を確かにしているところをみると、やはり、春はもう遠くはないのかもしれない。

2.jpg

2連エンジンのジェット

 暖かい春の空とは、まだ、言えないが、2連のエンジンから飛行機雲が描かれる様を見ていると、暖かい春も近い気がしてくる。永くこの世界を歩いてきた感覚が、時々強く心に寄せてくる気がする瞬間が訪れる。

3.jpg

山々を見る

 散歩からの帰りに、山々を眺めながら、そんな気持ちになった。そんなに時を経たとは、実感できないのだが、どうやら間違いなく時はその歩みを進めているらしいのだ。今回、松野でやんちゃしていた頃の仲間が、私以外にもう一人、還暦を迎えることになった。

4.jpg

ズームアップ

 仲間はいずれも若い方々なので、早々とリタイヤした私は、少し生きあぐねているような感覚があった。今回1人、私の側に仲間入りした。しかし、まだまだ、多勢に無勢ではある。最年少の方が仲間入りする頃には、私は、もっと遠い所へ行っているのかも知れない。

5.jpg

私以外は若し

 エピソードを上げれば、限りなくある。公に出来ないようなものもたくさんあった気がする。メンバーは、何人かは地元に帰ったりで減っているが、今が適正な人数かも知れない。場所は、還暦を迎えた方の希望で成川になった。成川であれば、キジということで、松野のKちゃんが料理長をしているキジのフルコースを肴に、お祝いの宴を楽しんだ。ただし、Kちゃんには会えずじまいであったが・・・。


6.jpg

フクロウ原画

 私は、能が無いので、いつものように彼に贈るフクロウの絵を持参してプレゼントした。しかし、フクロウはリアルではなく、彼の息子は、3人というところで、この絵は描き直すことにした。このシビアな流れがこの会の良いところかも知れない。

7.jpg

トラのデッサン

 雨の日に新しいトラを小さな石にデッサンし終えて、思う。フクロウは、1ヶ月以上かけて描いたが、当の本人の思いが明確であれば、描き直さざるを得ないだろう。不可能ではないが、自分の描きたい思いを待ちながら、ぼちぼち楽しみながら描きたいと思う。
posted by tentijin at 07:47| 愛媛 ☁| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 かけがえのなきこの出会い、本当に大切に生きたいと思う今日この頃です。仲間の前列左のお方は一緒にお仕事したときはバリバリの青年?でした。どんなに二日酔いでも、職務を全うする根性と若さがありました。時は流れましたね。良い時代にtentijinさんやYさんとお仕事出来てラッキーでした。足下にも空にも目が離せない春の季節到来です。
Posted by 吉野の食いしんぼう at 2017年02月25日 14:50
吉野の食いしんぼう様
 誰が吉野の食いしんぼうさんと一緒であったか、今となっては、はっきりしません。Yさんの武勇伝も私はたくさんキープしています。還暦を迎えたK君のエピソードも、そして、後方めがねのKちゃんのエピソードもしかりです。もちろん、私のエピソードもありすぎて、穴があったら入りたいくらいです。そんな仲間の方が、記憶に残る気がします。
Posted by tentijin at 2017年02月25日 18:58
山茱萸の花、蝋梅に似ていますね。春が来た・・・別れと出会いの・・・還暦、退職は我々の節目です。良い色紙ですね。昔の仲間蓮場らしい。だんだん、その感覚も変わりつつあるなあという感じがします。フクロウ、虎、美事!
Posted by 鬼城 at 2017年02月26日 07:47
鬼城様
 鬼城様のようにたくさんのお友達は、私にはいないのですが、類は友を呼ぶような方々が、私のようなものでも、声をかけていただくことがあり、時々お返しをさせていただくような形です。エピソードを肴に飲むのは、楽しい会になります。
Posted by tentijin at 2017年02月27日 21:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

タグクラウド