2017年03月07日

637 イ ン ス ト ラ ク タ ー ( 防 災 士 )

1.jpg

講義は限りなく眠し

 5〜6年前に勧められて、防災士の講習会なるものに参加した。行ってみると、なかなかハードな研修会であった。テキストは、かなり分厚いもので、読むのも途中で放棄してしまいそうなものであった。


2.jpg

西条からの「ぼうさいじょ」さんたち

 「防災士」の字面から何となくその役割が分かるような気もしたが、やはりよくは分からない。災害時に人助けをする人のようでもあるが、読み進めていくと、災害を未然に防ぐのに役立つ人といううのが、より近い意味のように思えてきた。

3.jpg

ストッキングとラップで手を吊る

 災害時には、人助けより、まず、自分の身を守ることの方が先決であると書いてある。少しほっとする。私の場合、日々老化現象は進み、あちこちぎこちなく、体はぎくしゃくしてきているのだから。人助けなど、大それたことがそれほど出来るとは考えられない情けない状況になっているのが、現実なのである。

4.jpg

段ボールトイレ

 長い講義と実習の日々を終えて挙げ句の果てには、試験まで待ち構えていた。とにかく、しゃにむにテキストを読んだのが功を奏したのか、自信は無かったのだが、試験は満点で通過することが出来た。気づくと自分は、いつの間にかに防災士なるものになってしまっていた。

5.jpg

何と!小学生防災士

 しかし、今でも自信は無く、あの時学んだことは、遙かな忘却の地平にまで退いているというのが、正直なところだ。そんな中、今回は、「防災士インストラクター養成講座」というものに参加した。訳も分からずにである。どうも、インストラクターとは、「指導員」という意味らしい。ということは、やはり、防災士は、災害時に役立つよりも、災害前に災害にどう準備するかを皆さんに知っていただくのが、そのお役目のようだし、資格を取る研修より一段階上の研修会なのかも知れない。

6.jpg

班名「ドランカー」

 土日を潰して、午前午後の講義やら実習が待ち構えていた。少しトラブルもあったが、何とか無事終了することが出来た。参加していた方は、ほとんど私よりお若い方ばかりで、元気だけはいただいた気がする。災害が起これば、私が一番足を引っ張る存在になるのではないかと、それだけが心配の種なのだが・・・。

7.jpg

何と!びっくりの立派な発表で締め

 グループで自己紹介をしてみると、メンバーの多くの方がお酒大好きであると知れた。したがって、班の名前はそのまんまで、「ドランカー」となった。年齢こそ、皆さん私よりかなりお若かったが、班での実習を終えてみると、何だかまた、どこかで出会って何か役立つことを一緒に出来たらと思うことが出来た。
posted by tentijin at 08:27| 愛媛 ☀| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
意欲!すばらしい。私は講習会や養成講座などは速攻で寝ますから・・・防災士、聞いたことはありますが、試験があるとは知りませんでした。最近、消防士の任務が増えたような気がします。責任も・・・前から思っていること、何故警察みたいに県組織ではないのか?警察庁が有り、消防庁もあるのだから広域などと言う組織より県の方が充実すると思うのですが・・・とにかく、お疲れさまでした。ドランカーたちと打ち上げを是非・・・
Posted by 鬼城 at 2017年03月07日 17:23
 お疲れ様でした。 tentijin さんの数々の自虐コメントがいかに謙遜だったかが解ります。研修への態度・試験結果といい、やっぱり冴えた頭脳の結果だと思います。うらやましい。備えあれば憂いなしです。
 グループのネーミング良いですね〜。
 私も今日は久しぶりに生涯学習センターに行き、研修を受けていました。講師の話が内容、話術もよく、有意義な時間でした。珍しく寝ませんでした。いやちょっと危ない時間帯あったかな。駐車場からの急階段、やっぱり息切れしました。
 
Posted by 吉野の食いしんぼう at 2017年03月07日 22:01
鬼城様
 大災害が起こった時、警察も消防も、おそらく、てんで役に立たない事態になると思います。助けを受けたい人と助ける立場の人の数が圧倒的に違うからです。災害に巻き込まれ被災した人たちは、誰かが助けに来たりはしないものなんだということを自覚することから出発しなければならないと思います。「自助」自分で自分の命を守るしかないのが現実になると思います。防災士の人数を増やすことが、どこかで役に立つことになるかもしれませんね。
Posted by tentijin at 2017年03月08日 06:47
吉野の食いしんぼう様
 いいえ、謙遜なんかではないのです。数々の方々のお名前は、特に消え去っており、日々、消え去っていきます。以前、1週間ほど学んだことの中で、頭に残っているのは、自力で助かることがベストなんだということでした。言わば、これは本能のようなものですよね。学ばなくても分かっていることなので、大いに記憶に残りました。そのこともみなさんに伝えていきたいと思います。
Posted by tentijin at 2017年03月08日 07:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

タグクラウド