2017年03月19日

641 散 歩 仲 間

1.jpg

宿り木

 女は、群れを成すが、男は、基本、群れでなくとも生きていけるそんな気がする。私の散歩もしかりである。何が楽しいのか、1人で鬼北グランドをぐるぐる回っている。ふと見上げると、まだまだ開花には遠い桜の木の枝に、緑を発見した。いわゆる宿り木というものだろう。松の木に寄生する宿り木には、実がなって食べると、美しいグリーンのガムのようなものになり、貴重な子供の頃の楽しみの1つであったが、この桜の木の宿り木は、いかなるものなのだろうか?

2.jpg

忍者婆(にんじゃばあ)ちゃん

 群れを成さない60代のお爺が「散歩仲間」といっても、その真の意味は、「散歩で遭遇する方々」とでもいう意味合いなのだ。最も最初に認識したのが、私が密かに「忍者婆ちゃん」と呼んでいるお婆ちゃんである。至って寡黙(かもく)、何度こんにちはのあいさつをしても、おおよそもごもごでお返しの返事をいただき、歩く足音が少しもしないので、忍者のように気配がなく、気づくと私のそばを歩いていることがしばしばある。彼女は、意外と速い足どりで決まってグランドを3周して帰って行かれる。

3.jpg

杖爺(つえじい)

 次なる方は、「杖爺(つえじい)」と、私だけが心中密かに呼んでいる。彼は、先日、お話すると後期高齢者だと言われたので、私より先輩に当たる方のように思われる。2つの杖をついてしゃきしゃきと歩かれる。しかし、その歩きっぷりに比べ、周回は2周で、途中ベンチで3回ほど休憩をされる。聞くところによると、腰の方が不調なのだそうだ。

4.jpg

三歩先を歩く

 最後は、御夫婦で、旦那さんの足腰が弱っておられるのか、奥さんの後を付いて歩いて行かれる。奥様は、時々立ち止まり、旦那さんの歩みを確認されながら歩いて行かれる。ふと気づくと、嫁に保護されながら人生の後半の道のりを歩く私のようにも見える。

5.jpg

花はまだ、さりとて、明るいきざし

 グランドの周りには、桜が植えられている。花の便りは、まだまだだが、明るい色合いには見える気がする。

6.jpg

リニューアル?

 体育館(アリーナ)の建物は、国体本番に向けて、足場が組まれて、何かしらリニューアルされる様子である。

7.jpg

今日も終わる

 今日も、西の山の端に夕日が傾き、1日が終わろうとしている。散歩をした翌朝の血圧は、通常より下がっているので、この散歩も、何かしら健康にプラスしているのだろう。 
posted by tentijin at 06:28| 愛媛 ☁| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 4人がつるんで、かしましい散歩を続けている私たちです。散歩仲間?への密かなネーミング楽しいですね。特に忍者婆ちゃん。読んでいて吹き出してしまいました。
 私たちの散歩道では「ヤッホ〜おじさん」がいます。自転車で通り過ぎるときの挨拶が「ヤッホ〜」、警笛のベル音は「仏壇の鐘の鳴らし方」とユニークです。元おまわりさんらしい。
 散歩は健康維持に効果大です。お互いに頑張りましょう。
Posted by 吉野の食いしんぼう at 2017年03月19日 08:09
最近、宿り木が多くなっていますね。特に桜にひっつくのは困りものです。お散歩仲間?というか目に付く方々、面白いですね。地域がよく分かります。明日は雨模様なので鬼北の「座敷雛」でも見に行こうかな・・・
Posted by 鬼城 at 2017年03月19日 09:13
吉野の食いしんぼう様
 「ヤッホ〜おじさん」おもしろいですね。テニス部の女子中学生や滑り台に遊びに来る小学生も、なぜかあいさつをしてくれる子がいます。ゆっくりゆっくり歩くようにジョギングするので、危険を感じないのでしょうね。散歩、時々、嫌になるのですが、がんばらねばなりませんね。がんばりましょう!
Posted by tentijin at 2017年03月19日 20:59
鬼城様
 私は、ジョグ散歩をしながら、退屈をしています。終わると、よく頑張ったと、自分をほめたい気持ちになります。退屈しのぎに、様々観察したり、遊びやくをしたりしながらやっています。たぶん、今回ご紹介した3組の方々の方が、私なんかより頑張っておられる気がします。座敷雛、今年も高田商店が始めたそうです。日吉の町中もいいですよ、素朴で。
Posted by tentijin at 2017年03月19日 21:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

タグクラウド