2018年03月01日

720 お も し ろ 半 分 

1.jpg

キワーノ

 珍し物好きのJ君の勧めで栽培を始めた農園の植物には、様々な変わったものがあるが、キワーノという野菜?もその1つかもしれない。私が農園で栽培する野菜は、基本私が好きな物ばかりのような気がする。食べたくもないものを栽培する方は、逆に珍しいか、金儲けのためか、どちらかだろう。

2.jpg

実を取り出す

 私自身変人の1人だと思っているので、J君のような珍しいものを紹介してくれる子は、大好きである。彼に紹介してもらったこのキワーノという野菜?瓜の一種だと思うが、正直その味は、美味くも何ともないというのが、正解だろう。マクワウリのように甘い味でもなく、少し酸味があるようなとらえどころのない味である。


3.jpg

ヨーグルトに混ぜる

 成分的には、マグネシウムが含まれているようだが、だから何だというくらいのものである。J君の奥さんがヨーグルトに混ぜて食べると聞いて、腸活に毎日ヨーグルトを食べる私は、2年ほど前から、彼女の真似をしている。なぜ真似をするのか?というと、近頃では、キワーノは、私の手を離れ、農園に勝手に芽生え、勝手に実を付け、仕方なく私に収穫されているからかもしれない。強いて表現すれば、「おもしろ半分」、長く続いているおもしろ半分なのかも知れない。


4.jpg

変形したポンカン

 さて、こちらは、風の国の農園で見つけたポンカンの変形した指のような実、持ち帰ったのもおもしろ半分であった。ところが、それを食べようとした人がいた。究極のおもしろ半分人間とでも言えるかも知れない。負けずに私もその流れに乗ってみた。

5.jpg

皮をむくと

 まず、皮をむいてみた。すると、別に固い棒が入っているわけではなく、全体の形は、その外形のように指のような形をしているが、ポンカンをむいたときに現れる袋に包まれたような実そのものであった。それが返って意外であった。

6.jpg

なんだ、普通の実?

 外形が指のようなだけで、皮も中の実も食べられそうな普通のポンカンの実と見える。普通のポンカンは、皮をむくと、放射状に小袋が並ぶ蜜柑の実であるが、この変形したポンカンは、指の形をした袋が唯一あるだけという違いであった。

7.jpg

味も普通にポンカンだ

 切って食べてみる。味も通常のポンカンと何ら変わりはなかった。おそらく何かしら遺伝子上の数式に変異があったのかも知れない。そう思うと、何だかこの指に似たポンカンが愛らしく思えてきた。次にまた農園で巡り会ったら、「よう、元気?」って声をかけたい気持ちが生まれそうだ。おもしろ半分を追求していたら、1つの学びにたどり着いたような良い気分になった。
posted by tentijin at 16:48| 愛媛 ☁| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 趣味の合うJさんとともに、益々盛り上がって楽しい情報お聞かせ下さい。キワーノは外見はドラゴンフルーツの様ですね。
 気になっていたポンカンの様子も解って楽しかったです。
 こちら、お陰で美味しい柑橘類を毎日頂いています。有り難うございました。
Posted by 吉野の食いしんぼう at 2018年03月01日 21:26
キワーノ、初めての野菜です。まあ、最近外国からいろんな野菜、果物が入り込んできますね。残念ながら食べる勇気はありません。初挑戦には勇気が要るんです。(爆)変形ポンカン、DNAはしっかりポンカンなんですね。面白い!
Posted by 鬼城 at 2018年03月02日 08:03
吉野の食いしんぼう様
 私から好奇心がなくなったら、危ないかも知れません。どうか不思議なことが現れますようにと願っておきたいと思います。あまりにも変な実験を始めたりするので、時々、お叱りを受けてしまいます。
Posted by tentijin at 2018年03月02日 18:30
鬼城様
 同じような条件で育っているのに、変形した実がなるというのは、不思議だなあと感じてしまいます。同じ木でも、普通の実と変形した実がなる枝があるのだと思います。でも、よく考えてみると、そんな突然変異があるからこそ、新種の作物が生まれるんでしょうから、植物の多様な力の1つと言えるのかも知れませんね。
Posted by tentijin at 2018年03月02日 18:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

タグクラウド