2018年04月11日

732 孝 行 旅

1.jpg

コンサート画像

 風の国のお父さんやお母さん、以前と比べると、ずいぶん体が弱ってきておられる気がする。無理もない、お二人とも80歳を超えてきているのだから。私なんぞは、お二人ほどがんばれない気がする。お父さんは、運転免許も返納する予定であるらしい。近場で何かしてあげられたらという思いで、「森昌子ショー」をお母さんに見ていただくことになった。その間、お父さんは、下見に行った山本牧場の芝桜を見ていただこうということも、決定した。


2.jpg

フラワーパーク 1

 「森昌子ショー」は、午後の予定なので、風の国で早昼(はやびる)を食べて出かけることにした。ショーの前に時間があるので、この時期良いところはないかと調べていて、タイミング良くチューリップが咲きそろっているらしいフラワーパークなる場所を目指す。

3.jpg

フラワーパーク 2

 実は、前日に下見に出かけてみた。場所は、大洲青年の家の近くらしい。56号からマリエール方面に山道を上がる。終点は青年の家なのだが、そこまでは上がらず、途中で右折する。山の向こう側に回り込んだ所に開けた公園があった。そこが、フラワーパークであった。


4.jpg

フラワーパーク 3

 かなり広い敷地に色とりどりのチューリップが咲き乱れていた。花好きのお母さんには、ぴったりの場所だと思うが、いかんせん、お母さんの足や腰は、その広い公園内を歩いて散策することは、もう難しい。全体を見渡せるベンチに座って見ていただくしかなかった。


5.jpg

フラワーパーク 4

 中央にはパンジーやビオラが植えられている場所もある。お父さんは、上から見渡せる小さな丘の上に登って見学された。しかし、花よりたくさんのお客さんの方が気になるようで、知人を探している様子であったらしい。これだけたくさんの人がいるのだから、知った人がいるのではと、考えられた様子であった。


6.jpg

フラワーパーク 5

 しかし、狭い風の国のコミュニティーと違い、お父さんの知っている人は、とうとう見つからないままであったらしい。森昌子コンサートがあるのは、宇和の文化会館なので、山を降りて、大洲から宇和に移動した。お母さんと相棒はここで下車、コンサート会場に入る。


7.jpg

山本牧場 1

 私とお父さんは、高速に乗って津島に向かう。毎晩目が覚めては、一杯やりながら西郷どんなどを鑑賞するしかない私は、この日もやや寝不足、くっつきそうなまぶたをしっかと見開き、津島にたどり着く。山本牧場は、下見をしたときよりも、芝桜がほぼ上限になるくらい満開で、目の保養になると喜んでいただいた。

8.jpg

山本牧場 2

 牧場なので、牛やら、山羊やら、鶏などが飼われていて、そのような場所が好きな方には、楽しめると場所だと思う。喫茶店のようなお店もあって、予約でピザ焼き体験などもできるふうであった。牧場は、また、けっこう奥まった山の中なので、移動に時間がかかるが、1日千人のお客が入ることもあるらしい。コンサートが終わる頃には、宇和まで長い道のりを帰らねばならない。

9.jpg

半島の向こうに沈む夕日

 宇和で合流して、後はひたすら風の国を目指す。太陽は、そろそろ西に傾き、半島の先っちょの九州方面に沈んでいく。お父さんとお母さんを風の国へ届けたら、最後のドライブは鬼北の我が家への旅となる。かれこれ200kmを越える移動であったように思う。さすがに疲れて、帰るとよく眠れて、朝まで目が覚めなかった。極楽極楽。 
posted by tentijin at 23:45| 愛媛 ☁| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
春の花々、北と南の公園プレゼントはさぞかし喜ばれただろうと思います。フラワーパークは大洲でしょうか?笑隆で〜す。さんも行っていました。山本牧場もメジャーに近づきつつあります。なにより手入れが行き届いていることに他なりません。鬼北、風の国、獅子奮迅の親孝行はすばらしい。
Posted by 鬼城 at 2018年04月12日 07:36
 先日、内子に住む山仲間から「フラワーパーク」に興味は無いかとメールがありました。奈良に行く直前だったので遠慮したのですが、うちのば〜ばが喜びそう!来年連れて行けたらいいな〜。
 いい親孝行をお二人でされましたね。
 実は、私、そのコンサート、前から7番目に座っていました。幼友達がちょっと早いお誕生祝いと言って招待してくれたんです。
 昌子ちゃんは歌は上手でしたが、親しみ感じる庶民感が漂っていました。
Posted by 吉野の食いしんぼう at 2018年04月12日 11:45
鬼城様
 フラワーパークは、大洲青年の家の下辺りです。恐らく夏の向日葵や秋にはコスモスを見ることができるのかもしれません。歳のせいで運転が苦手になりつつあるので、心も鍛えつつ、頑張りました。
Posted by tentijin at 2018年04月12日 21:21
吉野の食いしんぼう様
 え〜!!!偶然ってすごいことですね。風の国のお母さんたちも、7番目のスペシャル席だったらしいですよ。舞台に目が行き、お互い認識せずに終わったようですね。森昌子、我らの世代でしょうか。お友達もしゃれていますね。
Posted by tentijin at 2018年04月12日 21:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

タグクラウド