2018年04月29日

737 花 の 競 演 3 

1.jpg

名も知らず 4

 あまりにも花の名前に疎(うと)い私なので、この花が、いかなる花なのかは分からないが、それぞれの花の最も魅力的な時期は、なぜか心惹かれる魅力があるようで、思わずシャッターを切ってしまことがあるようだ。斉彬のように生き急いだりしなくても、そこそこの年齢に達したら、ぼちぼちそれらの様子が目に浮かんでくるもののようである。 

2.jpg

赤芽がしわ

 何本か垣根用に植えた赤芽がしわであったが、結局、生き残ったのは、1本だけであった。彼らはこの時期、赤い鮮烈な芽吹きをして、徐々にその葉を緑に戻していく。輝いて赤い若葉を伸ばすこの時期には、その赤は、赤く鮮やかな花のように見える時がある。家定が亡くなり、井伊直弼の策謀で一橋慶喜擁立が潰(つい)えた時、西郷どんは、大久保の言葉で目覚め、ついに斉彬を越える発想に至る。西郷どんも、ひょっとしたら、この時、花になったのかも知れない。 

3.jpg

卯の花? 

 季節的にはこの時期から5月にかけて咲く「うつぎ」という木らしい。卯の花という名前もあるのかな?あれこれ色を持たず、白に徹しているのが、潔(いさぎよ)いようにも思える。この時期にふさわしい花の1つかもしれない。


4.jpg

柿若葉 

 ふと、この柿若葉を見ると、どうしても心惹かれてしまう。この若葉に太刀打ちできる若葉はあまりない。ごくありふれた形で我々の目の前にあるのだが、彼らが見せてくれる今の季節は、毎年、やはり、一期一会だなあと思わせてくれる。


5.jpg

名も知らず 5

 この花は、私が名も知らない宿根草だが、忘れず咲いて、少しずつそのエリアを広げているように思える。派手でも地味でもなく、気づけば一帯にはびこっているようなたくましさを持っている気がする。 

6.jpg

ギボウシ

 これは、少し木陰でその葉の新緑を誇るようにふくよかにみずみずしい葉を膨らませている植物、「ギボウシ」と呼ばれる植物のようだ。


7.jpg

キンセンカ

 最後は、ありふれたキンセンカなる花かな?しかし、盛りの時期に眺めると、色合いといい、咲き具合といい、若者のようにみずみずしく生きが良い。そんな生きが良い西郷どんにちょっとでも遭遇できた人は、歴史に名を残さなかったとしても、幸せだと感じる瞬間があったかも知れないなあ!と思える。  
posted by tentijin at 04:48| 愛媛 ☀| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昔、勤めていた頃の話です。歓送迎会の席で去る先輩の挨拶の枕が「柿若葉の季節となりました。」でした。その先輩も今は亡くなっています。この季節には名も知らないような花々が一杯咲いています。卯の花、擬宝珠は日本古来の花ですね。やはり私は漢字で表す花が好きです。(笑い)
Posted by 柿若葉 at 2018年04月29日 08:31
 私も最近、ウッドデッキから柿の葉の美しさをしげしげと見ています。空に透けるような色、重なり合った葉とのコントラスト。「柿若葉」って言うのですね。
 好きな俳人、長谷川櫂さんの 柿若葉豆腐ふれあふ水の中 っての見つけました。
Posted by 吉野の食いしんぼう at 2018年04月29日 22:39
柿若葉様
 昔も今も、柿若葉は、変わらぬ鮮やかなその色で我々の心を癒やしてくれていたのかも知れませんね。柿若葉様の先輩が、伝えられた思いが分かるような気がします。
Posted by tentijin at 2018年04月30日 01:14
吉野の食いしんぼう様
 誰もがこの季節の若葉の美しさに心惹かれますが、柿若葉の別格の鮮やかさに触れて感動してきたんでしょうね。この一期一会の出会いに感謝したいと思います。
Posted by tentijin at 2018年04月30日 01:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

タグクラウド