2018年05月01日

738 初 夏 の 領 域 

1.jpg

椎の花

 雑木林の椎(しい)の木が一斉に花を咲かせている景色を見ると、もう春というよりは、初夏の領域に入っているような気になる。山は盛り上がり、迫ってくるように見える。世間は連休に突入しているが、相変わらず夜中に目が覚めて地獄タイムが訪れる。私くらいの歳になると、みんなこんな時間を過ごしているのだろうか?

2.jpg

初トンボ

 メダカ池にも初トンボがやって来て、羽を休めている。もう、やはり、夏の領域に入り込んでいるのだろう。一度夜中に目覚めると、どんどん目は冴えてくるから始末におえない。布団の中で心休めれば、また、眠りに戻れるだろうとアドバイスをいただく方もあるのだが、なぜかどんどん目は冴えてくるのだ。


3.jpg

ジャーマン・アイリス

 たくさん咲いていたジャーマン・アイリスが、長年の間に、どんどん紫欄(しらん)?に囲まれて形勢が悪くなり、負けそうになってきている。大きくて一見強そうに見えるアイリスの方が負けてしまうのかも知れない。地獄タイムに突入したら、心を決めて起き上がることにしている。起きて、西郷どんでもビデオ鑑賞していると、地獄感からは解放されて浄土に至ることができる。今のところこれが最上の選択なのだ。


4.jpg

楓若葉

 散歩道で出会う公園の楓若葉も、燃えるがごとく鮮やかである。周りの山も、あちこち新緑の色に染まってきている。桜の若葉は、もう色を増し夏の葉に近づいている。西郷さんは、とうとう主君を失い、その遺志を継いで奮闘するが、頼みの水戸も、慶喜も、蟄居の定めに入ってしまう。物語のディティール(細部)は作者が描くイメージだろうと思うが、本当はどうだったんだろうと想像すると楽しい。

5.jpg

巨大アスパラ

 もう消滅したのかも知れないと思っていたアスパラが、突然、巨大な芽を出す。直径は2cmくらいある。伸ばすか収穫かの決定は、問答無用の収穫になり、肉巻きの姿で食卓にのぼった。最も斉彬に近く仕えて、とうとう斉彬を越える程に時代の先端を歩き始める西郷さんがどうなっていくのか、今回もどんどん作者に乗せられていくのが分かる。


6.jpg

レタス

 農園の大草もほぼ引き終えたので、J君からもらったレタスを植えてみた。野菜作りの情熱は、どんどんしぼんでいくが、遅ればせながら、一歩ずつ前に進むしかない。時代に逆行するかのように、大老井伊直弼が安政の大獄に向けて歩んだ道筋も見え、桜田門外の変にどのように続いて行くのか興味が膨らんでくる。

7.jpg

ほうれん草

 雑然としたハウス内には、植えられることのなかった野菜の種がたくさんある。いったいいつの種なのかも分からない。試しにまいてみたら、少しだけほうれん草が芽を出した。J君の畑では、もう立派なほうれん草になっている。まだ、夏の入り口なのだから、やることはあるはずだ。浄土から眠りにつき、朝を迎え少しだけ力が湧いてくる。がんばろう!
posted by tentijin at 11:00| 愛媛 ☁| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 夏野菜栽培始動ですね。我が家もアスパラの一株だけが数年物なので、たまにビックなのが顔を出します。こちとらも、迷わず即、食べます。
 睡眠障害、しんどいですね。せこどんのビデオが紛らわせてくれているよう。林真理子は若い頃「ルンルンを買っておうちへ帰ろう」?というエッセイを読んだことが。今や大河も担当し凄いですね。
 
Posted by 吉野の食いしんぼう at 2018年05月01日 21:55
吉野の食いしんぼう様
「ルンルンを買っておうちへ帰ろう」には、遭遇していませんが、林真理子さんの名前は、私の忘れやすい脳みそにもしっかりと刻まれた気がします。西郷どんで蘇る私も、少し寂しい気もしますが、蘇るだけラッキーですよね。 
Posted by tentijin at 2018年05月02日 02:41
最近、名前の所へ「題名」を書いていけません。お許しを・・・山笑う季節到来!夏野菜の発芽の時期もやって来ているようですね。行く春・・・夏になります。ブログコメントを書いていると時の流れを感じます。若葉の緑が目にしみます。
Posted by 鬼城 at 2018年05月02日 08:41
鬼城様
 気づくと、時が移っていてびっくりさせられます。農園も心と体のパワー減退で、順次縮小気味に向かっている気もします。かといって、気付けばかなりやっている場合もあるので、一進一退でしょうか。山は、これから若葉から青葉に移っていきますね。
Posted by tentijin at 2018年05月02日 13:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

タグクラウド