2018年05月04日

739 こ こ ま で 来 に け り 

1.jpg


風の国のキンセンカ

 連休も終わりかけになり、いつものごとく行楽はない我が家だが、風の国お手伝いも、一段落したので、少しのんびりしたい気持ちになっている。


2.jpg

風の国の名も知らぬ

 風の国の花々も、春を通り越して咲いているものや夏の領域に咲くものが、その美を競っている。年末から続いた収穫作業もポンカン、伊予柑、デコポン、清見と、4月半ばまでには、終わってしまった。

3.jpg

畑の草

 暖かい陽気が進んでくると、柑橘の畑は、草だらけに変わってくる。農作業が嫌になってきているお父さんも、我々が行くと頑張って作業に参加することができる。したがって、もう捨ててしまっている馬の瀬は、広いが一番荒れてしまっている。


4.jpg

草刈り完了

 収穫作業の後は、草との闘いで、お父さんの体力低下に伴い、私の出番も増えてきている。クロチ、垣内作り、アサジリと3カ所の草刈りに貢献することができた。最後は、機械の入らない伊予柑の中を手で草取りをした。


5.jpg

次は肥料まき

 草との闘いが一段落すると、終わったところから肥料を撒いていく、この作業は比較的軽い作業なので、我々が来ない平日にお父さんが単独で進めていくことも可能だ。


6.jpg

刈った草の上に

 どの程度の肥料をやるのか、お父さんはその塩梅をよく了解しておられるので、私が手伝う折りには、見よう見まねでそれを習う。草を刈り終えた畑に撒いた肥料の力で、柑橘の甘さが確保されるそうだ。購入する肥料代は、10万円以上だと聞いている。


7.jpg

石楠花

 これらの作業がほぼ終わり、連休を迎えるのが、風の国の通常のサイクルになっている。風の国のヒノラ(庭)に石楠花が花を付けるのが、この連休の頃と重なる。石楠花にご苦労様と慰労されているような気もする。
posted by tentijin at 07:48| 愛媛 ☀| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 風の国のお手伝いお疲れ様でした。肥料代10万円ですか。規模が違いますね。
 キンセンカがこんなに咲いて、やはり同じ愛媛でも温かいのですね。甘さの確保も肥料が関係して来るのですね。経験を積んだ人の勘は凄いと思います。
Posted by 吉野の食いしんぼう at 2018年05月04日 23:14
まさに豪華絢爛の花々・・・そして雨の度に生長する雑草!戦いの火ぶたが切られたようですね。百姓仕事、経験に勝ものは無いですね。数十年の差を縮めることは大変ですが、一つ一つ・・・
Posted by 鬼城 at 2018年05月05日 07:56
吉野の食いしんぼう様
 以前はもっと広い畑だったようですが、体力の減少と共にかなり広い畑が捨てられ、更に縮小中の状態です。それでも10万円ですからすごいといえばすごいですよね。気候は、太平洋から黒潮が入って来ますから、暖かいんでしょうね。
Posted by tentijin at 2018年05月05日 21:15
鬼城様
 あまりにも広い畑なので、草刈りも半端ない量です。お母さんは、もう過酷な農作業は難しく、お父さんも急激に元気を失っておられるので心配です。お手伝いを続けながら少しずつ習えることは習っていきたいと思います。
Posted by tentijin at 2018年05月05日 21:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

タグクラウド