2018年05月10日

741 晴 れ 間 に て

1.jpg

もう花が咲いているミニトマト

 普通なら、五月晴れの青空が広がるはずなのに、まるで梅雨の雨か、台風の雨のような大雨注意報の日々が過ぎて、やっと晴れ間に恵まれた。農園活動にやや興味を失って、夏野菜も少し縮小したい思いで草引き作業の後の農作業にいそしんでいる。


2.jpg

ジャガイモ順調

 昨年までは、トマトだけで100本近く苗を植えたが、今年は、未だ15本程にとどまっている。また、昨年は、40本ほど植えた茄子(なすび)も10本に足らない現状である。何だか体の内なるパワーが失われてきているのかもしれない。


3.jpg

花まで咲いた

 激しい雨がやんで、農園を回ってみると、草引き後、最初に植えたジャガイモが、かなり順調に育ってきているように思う。一部種が悪かったのか、発芽していない所もあるが、赤ジャガも白ジャガも、かなり大きくなってきた。

4.jpg

ほうれん草

 白ジャガの茎には、既に薄紫の花まで咲き始めている。雨が上がって、急にジャガイモ君たちは生長してきた気がする。良きイモに繋がって欲しい。

5.jpg

山芋発芽

 うっとおしい雨ではあったが、発芽したほうれん草も、順調に育ってきている、恵みの雨だったかも知れない。農園の片隅に植えられた山芋君たちも、一斉にその蔓を伸ばし始めている。

6.jpg

レタス

 J君にもらって植えたレタスも少し生長したように思える。レタスは、乾燥を好む野菜だが、今回の雨では、腐ってしまうほどのお湿りではなかったのだろう。


7.jpg

ピーナッツ

 雨のおかげで、7割くらい発芽したジャンボピーナッツ、発芽率が悪いので、最後の雨の前に新たな種を、発芽しなかった3割の場所に植えておいた。恐らくそれでも、100%になることはないのだろう。ともあれ、まあ、ほぼほぼ収穫出来る程度に発芽すれば、最後は良しとする。趣味の範囲なのだから。


8.jpg

枝豆の芽

 枝豆やピーナッツは、通常は、肥料をやらずに種を蒔く必要がある。肥料をまだやらずにおいた場所に、枝豆も植えることとした。今回の雨で、植えておいた枝豆も、にょっきりとその芽を出していた。順調に枝豆に生長して、私の栄養満点おつまみになって欲しい。 
posted by tentijin at 06:09| 愛媛 ☀| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
夏野菜でしょうか?順調に育っていますね。我が家はキーウィの受粉で大わらわのようです。雄花と雌花の咲く時期がズレているからだそうです。それにしても雨が半端でないですね。これも異常気象か?しかし、夏はすぐそこ・・・季節は進みます。
Posted by 鬼城 at 2018年05月10日 07:28
鬼城様
 奥様は、本格的ですね。私も昔、キーウィを育てた時がありましたが、いろいろ大変なので止めてしまいました。受粉は、虫任せでしたが、人工授粉されているんですね。素晴らしい。今後の異常気象に備えて、15本ばかりのトマトですが、雨対策をしました。うまく育ってくれると良いのですが・・・。
Posted by tentijin at 2018年05月10日 20:52
 順調に育っていますね。うちはジャガイモは発芽しませんでした。
 わずか2本の茄子も成長が今一つで気になる所です。ほうれん草もこれから育つ物があるのですね。
 活気のあるtentijinさんの菜園をみて、私も私なりに頑張らねばと思います。
Posted by 吉野の食いしんぼう at 2018年05月11日 21:45
吉野の食いしんぼう様
 例年なら、もう植えるところがないくらい植えているのですが、年々意欲が減退気味で、まだ、空き地がたくさんあります。何とか意欲を持てる方法を考えていかねばならないと思っています。
Posted by tentijin at 2018年05月13日 18:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

タグクラウド