2018年06月02日

748 つ い に デ ビ ュ ー

1.jpg

サツマイモの覆い

 昨年までサツマイモは、200本ほど苗を植えた。しかし、肝心な頃に雨が降らず、枯れる苗が多かった。今年は、寒冷紗で太陽を避ける覆いをして、苗が生きのびる工夫をした。野菜作りに意欲減退している私にも、何か意欲を高める工夫はないものだろうか。

2.jpg

ジャンボニンニクの芽

 収穫前のニンニクには、ニンニクの芽と呼ばれる塔が立つ。肉と一緒に炒めて食べると、歯ごたえもあり美味だ。ジャンボニンニクには、特大のニンニクの芽が出る。芽のてっぺんには、植えたらニンニクになる実ができる。したがって、これも、子孫を残す希望の光なのかも知れない。

3.jpg

お裾分け

 我が家の野菜の需要よりもたくさんの収穫がある時は、私の作った野菜たちは、近所の非農家のお宅にもらわれていく。喜んでいただけば嬉しいからである。しかし、こう野菜作りの意欲が減退すると、憂鬱な気分になってしまう。これって、高齢になってくると起こる鬱状態なのだろうか?地主さんが亡くなって以来、奥様が鬱になっていると聞いている。私の落ちた意欲の高揚にも、何か対策はないものか。


4.jpg

鬼がささやく

 このタイミングで、鬼が密やかに耳元でささやいた。「どうだ、お前もここに出荷してみんか?」甘いささやきに聞こえた。「その手があったか。」どうも仕事らしい仕事をしてないのが、意欲減退の理由かも知れない。ここに出荷すれば、お仕事をしている気になるかも知れない。


5.jpg

最初の製品

 ついに意を決して、三角帽子会員にデビューしてしまった。自分のバーコードをもらい、値段を付けて売り場に並べる。記念すべき製品は、タマネギとニンニク、どちらの袋も、100円。しかし、必ずしも売れるとは限らない。


6.jpg

ハチクも

 ハチクも、私でも採ってこれるので、5〜6本1袋100円で売り出した。ライバルたちは200円なので、買ってもらえた。


7.jpg

数は増えたが・・・

 ニンニクとタマネギを多めに出荷してみる。人気がなく売れない。商売とはなかなかむずかしいものだ。


8.jpg

ジャガもデビュー

 ついでにジャガイモも出荷。こちらもなかなか売れない。入会金が2,000円、年会費が3,000円、計5,000円、赤字は一向に解消されない。それでも、心は少しせいらしい様子なので、もう少し具合を見てみよう。
posted by tentijin at 06:48| 愛媛 ☀| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いよいよ農家デビュー!森の三角帽子も3億円出てから活性化の様子ですね。宇和島のスーパー、道の駅も農家の方たちの名前入りのものが並んでいます。売れいきは分かりませんが、存在感がありますね。歳をとると交流が減り、閉じこもりがちになる、これだけは避けたいですね。楽しく頑張りましょう。
Posted by 鬼城 at 2018年06月02日 07:53
 ええっ、あれほど足を運ぶのに気がつかなかった〜。デビューされていたのですね。性格上、この日買おうと思った商品にまっしぐら、よそ見せずレジへ。そう言えば、友人が「あんた、何しても早いね〜」ってこの間どんぶり館での買い物で言われたわ〜。
 出荷が気持ちの高揚に繋がりますように。来年は、人参芋の苗なんか需要が高いのでは。今回は連絡など、お世話になりました。
Posted by 吉野の食いしんぼう at 2018年06月02日 09:48
鬼城様
 こうなてくると、相棒の存在が大きいですよね。さしたることも、自分ではあまり貢献できず、せめて自分の意欲を何とか維持したいともがいております。今からの近未来を見ている気もします。楽しく頑張りたいと思います。
Posted by tentijin at 2018年06月03日 02:55
吉野の食いしんぼう様
 あの売り場の中でも、様々の確執やら工夫やら見通しやらがあるので、生きることのたくましさやエネルギーを感じます。それがプラスに働いてくれれば良いのですが・・・。留守中来ていたそうで、ありがとうございました。
Posted by tentijin at 2018年06月03日 03:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

タグクラウド