2018年10月09日

780 冬 バ ー ジ ョ ン へ

1.jpg

まだ、元気

 やっと最後と思われる台風が去って、短いかもしれない?秋空が広がるようになった。農園も、夏の昆虫たちが、まだまだ元気だが、痛手を被(こうむ)った夏野菜たちが終わりの時を迎えている。

2.jpg

発芽したほうれん草

 農園は、冬バージョンへの切り替え中だが、多めに植えたほうれん草が、モミガラの保湿効果で、美事に芽を出してくれた。しかし、このほうれん草の難しさは、発芽しにくい点もそうだが、この後いかに元気に育つかというところも、難しいところだ。うまくいくかは、まだ、未知数だ。

3.jpg

ちょっと生長

 ほうれん草は、一週間あまり経過してほぼ順調に育っている気がする。しかし、経験では、この後、こしくれてしまう経験もしているので、予断を許さない。

4.jpg

小松菜、元気!

 今年、意識して導入したのが、小松菜である。彼らは、発芽率も良く、育ちも悪くないように思える。わりと、作りやすい野菜なのかも知れない。立派になって楽しみたいものだ。

5.jpg

大根、順調

 冬野菜で最も作りやすいと思われるのが、大根であろう。条件が悪いと、発芽しにくいのかも知れないが、いつも合格点をやれるくらいうまく発芽してくれる。温暖化が進むと、虫が長く元気を保ち、葉っぱが穴だらけになってしまう。それでも、たくましく育つのが大根だ。既に直径3〜4cmの太さになっているものもある。


6.jpg

長(白)ネギ、植え替え

 長ネギを放置していたら、ネギ坊主ができて種が落ち、勝手にネギの苗が育っていた。仕方がないので、植え替えてやり、生長してもらうことにした。

7.jpg

これも、順調

 その苗も順調に根付いて大きくなりつつある。しかし、この冬はまだ、収穫には至らないだろう。1昨年から植えてある親たちが冬の鍋料理などを賑わせてくれるはずだ。少しずつ冬バージョンが進行中である。
posted by tentijin at 10:52| 愛媛 ☁| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 この記事、焦りまする〜。ほうれん草は仰せの通り発芽は成功するのですが後が良くない。
我が家の畑は、カンリキの調子が悪く、作業が遅れていますが、修理完了したので、この後、畝作りに頑張ります。
 大根も今からですが間に合うかな〜?
Posted by 吉野の食いしんぼう at 2018年10月09日 12:57
ますます野菜は元気になりましたね。愛情を込めたおかげでしょうか(笑い)こうしてみると「水炊き」の材料がそろったような感じがします。食いしん坊さん、いかがでしょう?秋めいてきました。やっと朝夕が涼しくなりました。紅葉の季節、出かけてみませんか?
Posted by 鬼城 at 2018年10月10日 08:09
吉野の食いしんぼう様
 冬野菜を植える目安は、九月になったらなのですが、そのためには、八月に畑の準備を進める必要があります。しかし、なかなかそのようには準備できませんよね。白菜など、芽が出たかと思うと、虫に食われて消滅するので、なかなか生えそろいません。管理機は、しばしば使う方が、調子が良い状態になります。長く使わないと、動かなくなるようですよ。がんばって!
Posted by tentijin at 2018年10月10日 20:35
鬼城様
 アクア号を取られて、最近、遠出が出来なくなっております。温暖化に甘えて、もう少しゆったりと過ごしたいと思っていますが、あっという間に季節は変わるかも知れませんよね。
Posted by tentijin at 2018年10月10日 20:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

タグクラウド