2018年11月23日

791 巳午(みんま) 1

1.jpg

しめ縄

 10月15日に、お父さんが亡くなって、早くも一ヶ月が過ぎてしまった。信じられない思いのままに35日目の塔婆をお墓に上げる行事も既に終わってしまった。11月の巳の日に巳午(みんま)という行事がある。これは、なくなった人のお正月の行事なのだ。祭壇の前に、柿の木の枝を立て、しめ縄を渡す。このしめ縄は、通常とは逆の左によじった縄を編んで作る。となりのおっちゃんにお願いして作ってもらった。


2.jpg

伊勢エビのお供え

 お父さんが亡くなったことを聞いた運送屋さんが、大きな伊勢エビを、お供えにと持ってきてくれたので、大きい方を、分解しながらうまく中身を抜いて、剥製にしてみた。お供えとして1つの思い出になったかも知れない。

3.jpg

地区のお寺

 巳午の日は、7:30にお餅が届く。それを手分けして、お世話になった方や親戚筋に配っていく。坂の多い風の国なので、なかなかの労働になる。弟と私は、お寺に参ることとなっている。地区の集会所にも、臨江庵というお寺がある。地区の人たちの中に、念仏を申す方がいて、仏事を行う風習があるのだ。地区の人たちの信仰心から生まれた場所で、正式なお寺ではない。

4.jpg

餅を供える

 集会所とは別棟に、かなり広めの部屋が2つあり、地区の方々の信仰の対象となるのであろうか、様々な仏様が並んでいる。その祭壇に亡くなった方の名前を書いた紙を貼り、2升餅と呼ばれるお鏡を供え、お線香を上げるのが習わしのようだ。この地区の先祖代々の方々を祀っていると言えるだろう。


5.jpg

伝宗寺の大楠

 続いて、伝宋寺という三崎にあるお寺に参る。ここには、その境内に、樹齢1000年あまりと言われている天然記念物の大楠が鎮座している。

6.jpg

位牌堂にもお供え

 本堂から堂内を通って裏手の位牌堂に向かう。地区ごとに巳午の祭壇がしつらえてあるので、そこにお米1袋とお菓子や果物を供えて線香を上げて帰る。ここまでが、昼間の巳午の行事となる。

7.jpg

夕刻に近づく

 しばらく休憩するうちに、海も暮れてきて、4時頃からは、第2部ともいうべき宴会が始まる。故人のお世話になった方々や親戚うちが集まってくる。お正月なので、賑わしく折りやお酒が振る舞われ、個人と共に一時、永遠の時を過ごしていく。
posted by tentijin at 11:01| 愛媛 ☀| Comment(6) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 巳午ってのがあるのですね。12月の巳の日正月ってのには行ったことがあります。
 伊勢海老、上手に解体後複製されています。さすが。
 この様に節目節目に、逝く人をお祭りし成仏されていくのですね。
Posted by 吉野の食いしんぼう at 2018年11月23日 21:09
吉野の食いしんぼう様
 巳午という仏事は、愛媛しかないという説もあるようです。私の姉が記憶していて、鬼北にも、かつてはあったらしいです。外にも、30数年前、母が亡くなった時、49日まで、毎日、朝夕、お墓に行き、灯明を上げたり消したりしましたが、今ではあまりしていない気がします。49日までは、魂が近くにいるようですが、1くぎりがつき、日にち薬で、悲しみも和らいできますよね。
Posted by tentijin at 2018年11月24日 06:49
亡くなった後のおまつりも大事ですね。そして行事ごとに寂しさが募る。思い出を胸に残された者は精一杯生きねばならない。それにしても巳午の行事、これだけ細かにやるのは見たこと、聞いたことが無い。この風習、仙台の名取に残っていないか、興味が湧きました。地域の方々の哀しみにも繋がる亡きお父さんの人となり・・・残された者は、哀しみを乗り越えなければなりません。
Posted by 鬼城 at 2018年11月24日 08:20
ミンマの行事拝見しました。ご苦労様でしたね。祭壇に並祭壇に並んでるお餅を見ていると母時のことを思い出しました。寒さも冬に向かいますお身体に気をつけてお過ごしください
Posted by 勇子 at 2018年11月24日 10:55
鬼城様
 風の国は、昔の風習が、外よりも多く残っているのかも知れません。悲しさや寂しさは、いっぺんにはなくならないものですが、時を重ねるにしたがい、少しずつ薄れていくと思います。仙台の名取ににも、残っているかも知れませんね。
Posted by tentijin at 2018年11月25日 22:31
勇子様
 時の過ぎていくのが、あまりにも早いように感じます。巳午の行事は、49日までの行事の中では、わりと大きな行事のように感じます。終わって少しほっとしていると思います。自分の親が亡くなった時は、寂しさ悲しさも、ひとしおですね。そちらも、寒くなってきたと思います。風邪など引かないよう気を付けてお過ごしください。
Posted by tentijin at 2018年11月25日 22:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

タグクラウド