2018年11月27日

792 巳午(みんま) 2

1.jpg

昼の海

 巳午の夜は、少し飲み過ぎた私だったが、みんなで賑やかに正月をしていただき、おそらくお父さんも、にこにこと眺めておられたのではないかと、感じた。晴れ男だったお父さんなので、お墓に上がる翌朝も、小春日和の良い天気であった。

2.jpg

ムラサキツユクサ

 お父さんが、家の地下倉庫に置いているスーパーカブにまたがり、岡の川まで下っていった坂道の石垣には、ムラサキツユクサが、その命の力を発揮して大きな株に発展している。私たちも、お父さんの生命力を一杯に受け継ぎ、パワーアップして生きていけるといいなと、坂道を下りながら思う。


3.jpg

薄い鏡餅

 巳午餅は、地区のお世話になった方や親戚に配られ、遠方で暮らす親戚方には、送られて、共に偲びつつ、正月を祝う。翌日の墓参り用に薄いお餅も届いているので、それに切れ目を入れて、お墓に上がる。お墓に着くと、その餅を子供がちぎる習わしらしく、我々もちぎるお手伝いをした。墓参りに上がった方々が、それを更に小さくちぎって、それぞれのお墓全てに供える。余った餅は、それぞれがかじって正月の味わいとする。

4.jpg

風呂の焚き物入れ

 様々な仏事が進行して、後は49日だけとなっている。力仕事担当のお父さんがいなくなり、お風呂を焚く係も、お父さんからお母さんに移行するほかない。地下倉庫から重い薪が入ったキャリーを持ち上げることは、足腰が限界にきているお母さんには難しい。息子が同居しているので、頼まれたら、力になるよう話している。しかし夜勤の多い息子にも限界がある。私も、週末のお手伝いでは、気を配るようにしている。近所のS君が、そのことを心配してくれて何度も風呂用の焚き物を届けて上に上げてくれていた。本当にありがたい。

5.jpg

野路菊

 49日が近づくにつれ、あまりにも月日の流れが速く、驚いてしまう。風の国の石垣には、もうあちこち野路菊が咲き始め、ツワブキの花は、終わりかけている。


6.jpg

花盛り

  この野路菊は、風の国の皆さんには、なじみの花だが、あの頃に咲いていたというのも、また、いい思い出の1つになりそうな気がする。蜜柑山のそこここにも、この野路菊は咲いており、お父さんの活躍した場所と自然に結び付くので、また、印象に深い。


7.jpg

ザクロ

 お父さんが、毎日、がんばって焚いていた風呂の焚き口の前には、ザクロの木が生えている。子供の頃には、大変珍しい果物なので、どこかのお家になっているのを見つけると、食べてみたい気持ちを抑えきれないでいた。今でもその頃をひきずっているのか、食べたくなってしまう。しかし、いざ食べてみると、魅力的に甘酸っぱいのだが、そんなに美味しいものではないのかもしれないと、感じたりもする。しかし、それでも、食べると元気をもらえるような気もするから、不思議だ。これもまた、いい思い出になっていくかもしれない。
posted by tentijin at 07:01| 愛媛 ☁| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今、49日までの行事をする家庭は少なくなっているようですね。我が妻の実家もお墓を移しました。永代供養にしたとか。お寺や地域行事の様変わりする日も近いでしょう。寂しいことですが、致し方がありません。思い出を大切に・・・また残されているお母さんの手助けをして上げてください。
Posted by 鬼城 at 2018年11月27日 07:55
 色々な菊の花があるけれど、最終的に一種選ぶとしたら、私は海岸の岩に咲くこの野路菊を迷わず選びます。品と可憐さを供え且つたくましい。大好きです。お義父さんの人柄を偲ばれるお花にぴったりです。
 やっくんも風の国で頑張っておられるのですね。おばあちゃんも頼りがいを感じられるでしょう。
Posted by 吉野の食いしんぼう at 2018年11月27日 11:06
鬼城様
 世の中、永代供養にする方が増えている気がします。遺骨も海に散骨したり、お墓そのものもなくなっていく傾向があるのかも知れませんね。お母さんの心の喪失感は、誰も癒やしがたく、時の流れだけが、少しずつ癒やしてくれると思います。我々もできるお手伝いはしていきたいと思います。
Posted by tentijin at 2018年11月27日 18:04
吉野の食いしんぼう様
 野路菊、いいですよね。息子は、そばにいるだけで、帰っても、恐らく寝てばかりなので、お世話になるばかりだと思います。最終的には、お世話をする人間がいるだけいいか、と開き直って考えています。
Posted by tenntijin at 2018年11月27日 18:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

タグクラウド