2018年12月01日

793 御 近 所 も み じ 1

1.jpg


散歩場所のドウダンツツジ

 この秋は、ばたばたと過ぎていき、紅葉や黄葉を目指して出かけるという機会に恵まれなかった。しかし、デジカメのメモリーを開いてみると、意外にその姿が残っているのに驚いた。きっと取り立てて出かけるということはできなかったのだが、普段の日常でふと足を止めて撮影したのだと思う。

2.jpg

市越池のカーブ辺り

 散歩場所のいつものドウダンツツジ、散歩に行く度にシャッターを切っているのが、判明した。美事な赤だ。また、松野の農業公社にビオラを買いに行くのに、裏道大好きの私は、いつも市越の池の横を通って松野へ出ることが多い。池の紅葉までは覗かず、カーブの辺りの紅葉を撮影していた。タイミングが良かったのかも知れない。


3.jpg

成川奥の落ち葉

 成川渓谷には、唯一、どうだろうと、眺めに出かけた。何せ5分もかからずに到着する地の利を得ているからだ。奥まで行ってみたが、概ね期待はずれであった。道の落ち葉も、感じは良いが、色合いはまだまだであった。


4.jpg

温泉辺り

 温泉辺りの紅葉も、やはり、色合いが悪い。暖冬傾向のある時期だったせいもあるかも知れない。

5.jpg

林の中

 林の中の黄葉も、今一つかな。


6.jpg

落葉樹

 落葉樹の辺りも、その黄色は、くすんでいるように見える。

7.jpg

天満神社

 近永に出た帰りに寄った天満神社、いつも銀杏の落ち葉を撮影する場所だが、銀杏は、まだまだで、社の前の紅葉がグッドタイミングであった。
posted by tentijin at 06:44| 愛媛 ☀| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
灯台躑躅(どうだんつつじ)の赤は、ひときわ目立ちますね。寒いところほど赤が映えるそうです。石鎚の土小屋の灯台躑躅も真っ赤でした。なにやかやと忙しい秋でしたね。散歩しても考えながら・・・裏道、私も好きです。市越え池の吊り橋も良い雰囲気です。さあ、今日から12月ですよ。今年も過ぎて行きます。
Posted by 鬼城 at 2018年12月01日 07:34
鬼城様
 時の流れは、ほんとに速く、抜き打ちのように12月になってしまいました。もっとじっくり季節とも触れ合いたいのですが、なかなかそうもいかないようです。
Posted by tentijin at 2018年12月01日 10:48
 tentijinさんのお宅周辺の紅葉、最近私も気になり、運転中ではありますが、天満神社の銀杏、M餅やさん近くの紅葉をチラ見していました。山の紅葉は時期がズレて残念でしたが、里の紅葉はまだまだ楽しめそうですね。
Posted by 吉野の食いしんぼう at 2018年12月02日 12:46
吉野の食いしんぼう様
 M餅やさんの横は、小さな祠(ほこら)があり、まことしやかな伝説も伝わっています。もう亡くなってしまった地域のお年寄りが日参する信仰の場所でもありました。昔の小学生が奉仕作業の場所にしていたところでもあります。手入れされていないのですが、この季節、畑から、私も楽しんでいます。
Posted by tentijin at 2018年12月03日 06:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

タグクラウド