2018年12月28日

799  足 跡 を た ど っ て み る

1.jpg

セクシーな巨大大根

 例年のこの時期、鬼北の餅米を60kg風の国に持ち込む。餅米の量としては、おそらく半端ない量なのだと思う。それだけの量の餅つきをやめてしまうのは、あまりにも寂しい気がして、巳午(みんま)餅に使わなかった半分の30kgで、餅をつくことになった。

2.jpg

干し大根に変身中

 我が家の巨大な大根を携えて、風の国に向かう。その姿を見て、お母さんはさっそく干し大根の製作を始めた。寒くて風のある天気に変わり始め、時機到来と思われたのだと思う。


3.jpg

竈(くど)セット

 いつもは、我々が風の国にやって来る時刻には、餅つきは半分くらい終わっている。朝早くからお父さんとお母さんで餅つきは進行する。今年は、前日から我々が泊まり込んだ。我々が起きてくる前に、かなりの準備ができている。お母さんの仕事だ。


4.jpg

餅切り台

 餅米を水に浸けておくだけでも、半端ない仕事なのだが、2つの桶に浸けられていた。餅つき機を倉庫から上げる作業も重くて大変なはずだが、よちよちとしか歩けないお母さんが、いったいどうやって階段を上げて来たのだろうか?それを思うと、次からは、前日ではなく、前々日からやって来た方がいいのかもしれない。

5.jpg

せいろに詰める

 餅切りをしたり、丸めたりする台は、食堂のテーブルを片付けて上にシートを貼り付けて設置する。今回は、一番遅く起きて朝食を食べた私の食事が終わってから準備された。これも、いつもならもっと早い時間に早起きのお父さんとお母さんによって設置されていたはずだ。

6.jpg

後は火の番

 例年なら相棒は、お母さんの手伝いに入り、私はお父さんのお手伝いで、火の番くらいがせいぜいだった。しかし、今回からは、餅米をせいろに入れ、羽釜に乗せたり、羽釜の水をつぎ足したり、むせた餅米をお母さんのいる餅つき機の所まで持って行くのも、私の仕事となった。

7.jpg

例年の半分

 ぼーっとしている私だが、竈(くど)にくべる薪を下の倉庫から持ち上がる仕事には気づき、準備することができた。しかし、私が起きた時には、既に竈は設置されていた。いつもなら、おそらく、これもお父さんが準備をしていたはずだ。

8.jpg

背戸?(せど)

 白餅、よもぎ餅、蜜柑餅、紫芋餅と下の倉庫につき上がった餅が並んでいく。この並べる作業も、お父さんがやっていたように思われる。私もお手伝いをしたことがある。今回は、人数が少なくなっているのに、私がもたもたしているので、パーフェクターの相棒がその仕事を私からもぎとった。チャランポランナーの私は、竈の火に専念をする。


9.jpg

疲れを癒やす

 海岸ぶちの立て込んだ集落の家と家の間の狭い空間を「背戸?(せど)」という。餅つきが終わって、その背戸の掃除を頼まれた。飛んできた木の葉やゴミがたまっている。大掃除の1つだと思うが、これもお父さんの仕事だったのだろうと想像する。それらの仕事をたどってみると、今まで見えなかったものが少し見えてきた気がする。  
posted by tentijin at 10:35| 愛媛 ☀| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お父さんの歴史の重みを肌で感じる。これが残されたものに対する教訓でしょう。そして受け継がれ永久に続く。普通に考えれば「餅つきかあ」とただ単なる行動に過ぎないけれど辿る道筋を考えれば重みが違いますね。お疲れさまでした。まあ、一杯!
Posted by 鬼城 at 2018年12月29日 08:13
鬼城様
 本当に言われてみると、何気ない日常の中に、隠れているものがあるんだなあと、つくづく感じさせられた気がします。自分が我が家でそれほど貢献していないなあとも感じました。鬼城様の言われるように、何かしら学び、生かしていかなければならないと思いました。
Posted by tentijin at 2018年12月29日 09:08
tentijinさんのブログを拝見し始めてから、この圧巻の餅つき風景を年末に見ると、嬉しくも有り楽しみでも有りました。正直、今年はこのだよりがアップされるのだろうかと心待ちと心配が交錯していました。
 今日、これが見られて、お父さんがここに居られない寂しさを感じつつ、嬉しくホットもしました。私のお正月も来るってもんです。 
Posted by 吉野の食いしんぼう at 2018年12月30日 00:08
吉野の食いしんぼう様
 後から、様々学んでいたんだという思いが訪れると言うことを知って、少し成長したような気がします。お母さんは、体力的にもしんどかったようですが、少しでも例年のように餅つきができて良かったかなと思っています。
Posted by tentijin at 2018年12月30日 21:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

タグクラウド