2019年01月31日

807 峠 を 越 え た か も ? 



1.jpg

私の力飯

 これは、私のこの日の力飯(ちからめし)だ。いつも誰かのおかげで、3食をいただいて、疑問にも思わなかった私も、退職後、少しだけ人間に近づいて、自力で自分の昼食を作ることがやっと板に付いてきた。ただし、中央の野菜とウインナーの炒め物と、茹でた農園の野菜だけが私の作で、頂いた漬け物、酢漬けときんぴら、豚汁は相棒作である。

2.jpg

スパームーン

 自分で食事作りにチャレンジして以来、少しだけ感謝の心が生まれたかも知れない。昨夜のスーパームーンにも励まされて、6mの長い梁を上げる作業に引き続き取り組んできた。今は、これまでの長い大工作業からも、何かしら学べるものがあるような気がしている。


3.jpg

第1休憩所

 軒の梁は、既に上がっているが、構造的に丈夫さを保持するために10.5cm角の太い角材を使っている。現在進行中の6本の梁は、9cm角のものになる。それでも十分重いので、クレーンを使ってじわじわと上げるしかない。やっと、第一休憩所までたどり着いた。

4.jpg

第2休憩所

 そこから、また、えっちらおっちら上げていき、3つの足場に登り変えながら、見上げる第2休憩所までたどり着く。とどめは、足場に登って、屋根の3角に梁を手作業で持ち上げていく。まず、中央をクリアしてから、左右を交互に上げていく。助手のいない私には、1日1本がせいぜいの作業なのだ。


5.jpg

L字金具

 軒を越えたら、屋根の3角にL字金具が3カ所に付いている。思えばこの3角を上げる時も大変だった。今回の梁を上げる作業では、このL字金具が1つの障害物にもなる。3角は3カ所あるので、その上に梁を運ぶには、3つの足場に登り変えながら、L字金具を越えて少しずつ上げていくことになる。


6.jpg

様々乗り越えて

 しかも、梁を上げて、白マジックで付けた印に合わせたら、ねじ釘でL字金具に止めていく。高所作業なので、片手は3角か梁、柱などを抱えて落下防止しながらの作業となる。下を見たらぞくぞくする。片手でネジをねじ込むのは、力が要り、休んでは少しずつドライバーを回すというよちよち作業が続く。


7.jpg

遂に全て上がる

 とにもかくにも、1週間あまり晴天を選んで1本ずつ上げていった。見上げると、軒の2本の梁とその上にくる6本の梁が全て上がった。我ながらよくもまあ、こんな作業が、たった1人でできたものだと感心してしまった。ふう〜!峠を越えたかも。
posted by tentijin at 01:12| 愛媛 ☁| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大工さんの仕事で言うところの棟上げですね。梁まで上げての組技、凄い!それも一人でとなると神業です。いよいよ外装、内装ですね。小屋というより住宅!再度、おめでとうございます。m(_ _)m
Posted by 鬼城 at 2019年01月31日 08:20
 素晴らしい!棟上げお目出度う御座います。
 素人さんがここまで、凄いことです。
 バランスのとれた力飯をしっかり食し、完成まで怪我が無いよう頑張って下さい。
Posted by 吉野の食いしんぼう at 2019年01月31日 08:51
鬼城様
 イモ壺の穴を掘り始めてから、かれこれ足かけ9年目に突入しました。生きている間にできるのか、まだまだ、心配は続くのですが、おっしゃるとおりの棟上げまでたどり着いたようです。やれやれ!
Posted by tentijin at 2019年01月31日 17:03
吉野の食いしんぼう様
 足かけ9年の歳月が流れましたが、黒い防腐剤を塗ったおかげか、何とか柱君たちはまだ無事です。力飯は、いつも同じようなパターンですが、自力で作れるようになっただけ、ましですよね。
Posted by tentijin at 2019年01月31日 17:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

タグクラウド