2019年02月09日

809 浅 き 春

1.jpg

鬼ヶ城の雪

 立春を過ぎて、暦の上では春到来ということのようだ。北の方では、寒波が襲来しているようだが、四国は、間違いなく暖冬の部類で進んでいるようだ。この冬には、2度雪がちらついた。鬼ヶ城や高月山は、白く雪をかぶった。

2.jpg

サボテンの花

 我が家の玄関では、カニサボテンがピンクの花を咲かせている。この植物は、サボテンという名前なので、私の心のどこか片隅には、暑い季節の主役のような気がしている。確かにこの寒い時期には、寒さを避けて室内に取り込むのだが、この極寒の中で花を咲かせるところがどうも不思議な気がする。


3.jpg

うっすら積もる

 2度目の雪のちらついた日には、地上にもうっすらと雪が積もった。よく考えると、はかない春の雪だった気もする。


4.jpg

はるばる来た蕗

 庭には、石川県からやって来た雪国の蕗(ふき)が、かわいい蕗の薹(とう)を付けていた。我が家の空き地に、地主さんにいただいた蕗を植えているが、こちらは、まるで蕗の薹の気配もない。雪国で育った蕗は、間違いなく寒さに強い気がする。


5.jpg

今年の冬景色

 暖冬でも、雪を降らせ、ほんの少し冬景色を見せてくれた自然に、何だか「ありがとう」と言いたくなるのは、どういう気持ちだろうか。

6.jpg

風の国から

 風の国からやって来た水仙も、玄関を明るくしている気がする。まだまだ浅い春だが、その気配は、心を明るくしてくれるようだ。

7.jpg

紅梅

 奈良トンネルを越えた道沿いに、誰が植えたのか、紅梅やら蝋梅が、満開を迎えている。

8.jpg



 そして、この2月の主役は、昔から梅の花である。まだまだ寒い空気や風の中、先駆けて咲いてくれる梅には、生きる勇気までももらえるような気がする。
posted by tentijin at 01:44| 愛媛 ☀| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本列島大寒波だそうです。是までが暖かすぎた、異常気象でした。まだ春は待ちなさい、閻魔祭りの後になるよと言っているようですね。鬼北はうっすらと雪景色かな?来週は積もるかもしれませんね。
Posted by 鬼城 at 2019年02月09日 07:48
 雪の残り具合や蕗の薹の出る時期を比べると吉野と比べ奈良の方が寒いのかなって思います。と、ここまで書いて、これは奈良県の事で無く北宇和郡の話だよと。
 こうして見ると、冬にも可憐に咲く花が数々あるのだと思いました。
Posted by 吉野の食いしんぼう at 2019年02月09日 21:48
鬼城様
 心の中では、実は、暖冬様々の有様であるほどの老化が進んでおります。そういえば、閻魔さまがありましたね。このまま暖冬で進んでいってくれれば良いのですが・・・。
Posted by tentijin at 2019年02月10日 22:10
吉野の食いしんぼう様
 成川から永野市あたりまでの地域を、奈良筋と呼んでいますが、鬼ヶ城や高月山などの北側に位置するせいか、雪が降った時も比べてみると、他の地域より多い気がします。寒いんでしょうかね。よく考えてみると、奈良やら吉野やら、不思議な地名ですよね、本家を差し置いて。
Posted by tentijin at 2019年02月10日 22:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

タグクラウド