2019年02月28日

813 海 と 空

1.jpg

穏やかな秋の海

 もう春に足を踏み入れているので、今回は、風の国の秋から冬の海やら空やらを紹介してみたい。まずは、斜面に立つ民家の屋根越しに見える海。日振島の一部が見えている。方向的には、宇和海が太平洋に開く辺りを眺めているぐらいのところだろうか。まだ、秋の穏やかな日差しの頃だ。


2.jpg

珍しいタンカー

 この日は珍しくタンカーが航行していた。良く目にするのは、九州と四国を結ぶフェリーが多いが、宇和海ではとても新鮮なタンカーの姿にちょっと驚いた。


3.jpg

まるで黄砂のよう

 これは、明浜か吉田の辺りだろうか、冬になってくると、空が雲で覆われる日が多くなり、どこかの雲の隙間から漏れる太陽の光には、不思議な色が加わることがある。ちょっと色の濃い黄砂の空のようにも見える。

4.jpg

雲間からはじける

 これも、冬の典型的な海と空だ。雲が多いだけに、太陽が顔を出した瞬間は、とても印象的な風景になる。半島から宇和海を望み、太陽を見上げると、太陽のある南の空が太平洋の方向で、半島が太陽に向かう逆光の様子で見えることが多くある。

5.jpg

怪しい色合い

 これも、冬らしい風景で、方向はやはり、太平洋の方向だと思う。その日の雲の厚さなどの様子で、その向こう側の太陽は、様々な色合いで見える。この日は、まるで夕焼け空のように赤い空になっていた。


6.jpg

天使の階段

 これは、風の国の集落から、梶谷鼻(かじやばな)の西の方向を眺めている風景になる。水平線の向こうにかすかに見えているのは、九州の山並みだと思う。梶谷鼻辺りは、やはり逆光で暗くなり、たくさんの雲の隙間から天使の階段が降り注いでいる。これも典型的な冬の海と空だ。

7.jpg

燃えるがごとく

 これも、冬の雲があまりにも分厚すぎて、水平線の辺り、その向こうの雲の切れ目から太陽が光を落とすと、夕陽のような赤い色に空が染まってしまった様子だ。これもやはり、典型的な冬の海と空の姿だと思う。

8.jpg

強烈な西日

 最後は海ではないが、保内からトンネルを抜けて八幡浜に入る所の交差点の風景だ。その正面方向には、フェリーの港があり、この交差点からは、半島の先端方向の西の方向になるため、沈みゆく太陽が、信号も見えにくくするほどの強烈な逆光を投げかけてくる。我々のお手伝い帰り道での定番の景色だ。
posted by tentijin at 10:22| 愛媛 ☔| Comment(6) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いい写真ですね。風の国を中心とした海と空!そして季節の移り変わりを切り取った印象的な写真です。むかし大洲の方だったか宇和島運輸フェリーの船長さん? 航路の写真の展示会をされていた人を思い出しました。写真が溜まるとシリーズが・・・tentijinさんも是非!
Posted by 鬼城 at 2019年03月01日 08:08
 山好きの私ですが、海と空のコラボはこの様に美しい風景を醸し出すのだなと、どの写真にも魅せられました。
 一枚目の日振島。あそこが「明海」辺り?ブルーの海や白波が立った荒れた海など懐かしく思い出しています。
Posted by 吉野の食いしんぼう at 2019年03月01日 12:01
海と空の日コラボいいですね。若い頃天使の階段の景色はなん回も見たことがあるな、、、、、海の景色はいいですよ。 なんとなく落ち 着くの,,aa
Posted by イサコ明日あ at 2019年03月01日 17:05
鬼城様
 風の国では、何気ない風景ですが、あまりにも目の前が、ばーんと開けている風の国なので、空も海も広いので、見入ってしまう風景によく出合います。
Posted by tentijin at 2019年03月03日 21:03
吉野の食いしんぼう様
 日振島、懐かしいでしょうね。風景との出会いも、何か縁あるものを感じます。その時は、そんな意識はなくても、気付くと深い縁ができていたりするのでしょうね。山も同じだと思えます。
Posted by tentijin at 2019年03月03日 21:08
イサコ明日あ様
 ふるさとの海、毎日眺めて育った海ですから、ひとしおだと思います。本当に海と空の絶景が、当たり前に見れるのが、風の国の良いところだなあと、いつも思います。
Posted by tentijin at 2019年03月03日 21:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

タグクラウド