2019年03月27日

820 一 段 落

1.jpg

蕗の薹(とう)

 空き地のクルミの木の下に、たった1つだけ芽を出した蕗の薹、毎年数が減っているように感じる。どうやら都合良く私が思い描くような蕗の薹だらけにはならないようだ。


2.jpg

収穫した清見

 垣内作りの清見の収穫も、弟夫婦と共に最後まで収穫をすることができて、一段落を迎えた。摘果がうまくできていなかったので、実は小さいものがほとんどで、病気に弱い清見は、消毒も少ないため、ほぼ黒点病の状態である。


3.jpg

モノレールから

 倉庫に持ち帰っての選果作業は、今まで頑張ってこられたプロのお母さんの目がなければ、我々にはできない仕事である。ただ、その選果も、重いキャリーを運びながらの作業になるので、おそらく、お母さんも一杯一杯になっておられるはずだ。


4.jpg

落下したサンテも拾う

 また、4月初めには、お母さんは運転免許を返納することになっている。買い物や用事を済ませたり、倉庫に行くのも、長い坂道を上がって行かなければならない。本当に大変な状況が、すぐそこにまで来ているのだ。

5.jpg

春肥

 主な柑橘の収穫を終え、一段落したので、次は、草刈りや肥料撒きになる。高齢化が進み、草刈りを省略して肥料を撒いておられたようだが、理想を言えば、草を刈った後に肥料を撒く方が良いのだと思う。

6.jpg

山桜は開花

 肥料は、一袋が20kgあるので、なかなかの力仕事になる。まずは、それぞれの畑に軽トラで運び、モノレールで畑まで降ろす。畑は何段にもなっているので、それぞれの段に振り分けながら降ろしていく。肥料撒きの前段作業となった。山桜が既に咲き始めている。

7.jpg

早咲きの桜

 ソメイヨシノは、半島の先ではまだ、開花していなかったが、八幡浜に近づくにつれ、ぽつぽつと開花し始めている。鮮やかな濃いピンクのこの桜が散り始める頃、ソメイヨシノも、満開を迎えるはずだ。少し旅に出るので、満開に遭遇できないかも知れない。  
posted by tentijin at 11:31| 愛媛 ☀| Comment(6) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 一段落と題されているので、お母さんや皆さん少しは一息出来るのでしょうか?お疲れ様でした。
 ブログを見る私達は周りの自然美を楽しんだり、風の国の人の温かさや風景に癒やされますが、本当にみかん栽培はご苦労がありますね。
 鬼北からの助っ人は大変ですが、頑張ってください。
Posted by 吉野の食いしんぼう at 2019年03月27日 11:55
吉野の食いしんぼう様
 今となっては、お父さんとお母さんが、いかに大変な仕事をされていたのかが分かります。柑橘の畑も、その昔に開墾をされて作った畑もあるようです。その頃の苦労も大変だったでしょうね。我々は、素人なので、できる範囲でぼちぼちやるしかないと思います。
Posted by tentijin at 2019年03月27日 17:03
きよみの収穫は終わり今度は肥料やりですか。ほお疲れ様です。ふきのとう見事に咲いていますね。山のsakura満開ですねーこちらも咲いて来ましたわ、しばらくまたうるさくなります。
Posted by イサコ at 2019年03月27日 17:09
イサコ様
 肥料やりや草刈りも、お父さんと何回か経験していますが、そのほとんどは、お父さんの仕事でした。私も頑張りたいと思います。ほんの一時ですが、桜の季節、華やかになりますね。
Posted by tentijin at 2019年03月28日 03:06
先々週だったか、妻がお茶会(花寄せ)で何処か蕗の薹がないかと?鬼北を考えたのですが、急なことだったので断念しました。美事に芽ばえしていますね。いよいよ風の国の仕事引き継ぎですね。春到来、農繁期になります。ますます、自然の中、忙しさの中で元気になります。チコちゃんではありませんが「ボーッと」生きてるようではいけません。(笑い)
Posted by 鬼城 at 2019年03月28日 08:10
鬼城様
 気付くとボーッとしている私なので、チコちゃんには第一に叱られそうです。蕗の薹は吉野のくいしんぼうさん家にもあるみたいですよ。また、大本神社に行くと、わんさか生えています。
Posted by tentijin at 2019年03月28日 20:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

タグクラウド