2019年04月29日

829 夏 来 る 1 

1.jpg
牡丹桜

 いつものようにうっかりして、季節に置いて行かれそうになっている。時々に、その瞬間の写真は撮るのだが、夏の初めのこの牡丹桜も、既に花びらを落としてしまっている。空の青と花の鮮やかな濃いピンクを眺めた日は、いったいどこへ行ってしまったんだろうか?

2.jpg

白藤

 畑の隅では、地主さん家の白藤が、あっという間に咲き、あっという間に散っていった。観察していると、桜の花より短いような気もした。夏を迎えて気温が上がったせいで、季節の進み方も速度を増しているのかもしれない。

3.jpg

公園の藤

 運動公園の藤も、何とか満開に遭遇することはできたが、この藤もあっという間に散って、その優雅な花は、もう、見られない。


4.jpg

木陰のエビネ

 庭の木陰のエビネ蘭も、気付いたら一斉に咲きそろっていた。父が柿の木の下にエビネの小屋を作り、小屋の板の隙間が、太陽やら雨やらを絶妙に通す隙間があって、エビネが元気に育っていた。今では、小屋もなくなり、庭の木の根元で、わずかに生き残っている。ここでも、彼らが夏を告げているのだろう。


5.jpg

カエデ若葉

 公園のカエデも、この時期、若い葉を繁らせ、明るい黄緑が燃えるがごとく目に飛び込んでくる。その周りの地面には、昨年飛んだカエデの種から、たくさんの小さな芽が出ている。


6.jpg

田鋤(す)き

 あちこちの田んぼには、水が張られ、耕され、今ではほとんどの田んぼで、田植えが終わってしまっている。これもまた、夏到来の風景だろう。

7.jpg

何の花?

 庭に咲き乱れているこの花、名前は、いつものごとく知らないのだが、白い花と二種類あったはずなのに、今はこの黄色い花ばかりが辺りを席巻(せっけん)している。可愛い様子の花なのだが、意外とたくましい植物なのだ。
posted by tentijin at 08:47| 愛媛 ☁| Comment(6) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
例年通りの田植えの季節ですが、気温は初春の頃・・・皇居まで行きましたが、寒くて・・・冬に逆戻りしたような気候でした。4日間、横浜にいましたが、春用の服装では寒かった。平成から令和へと「耳たこ」になるような語句も飛び交っていますが、寒い日ですね。明るい暖かな時代に鳴門いいですね。田植機の移し込み、面白い!
Posted by 鬼城 at 2019年04月30日 09:09
 最後の写真の花、我が家の庭にもこの時季一番主張して咲いています。群生していて綺麗で少々踏まれても毎年咲いてくれます。私も名前を知りたいと思っていたので調べてみましたがよう見つけませんでした。
 連休最後の日は立夏と言うのに寒いですね。でも自然界はそれなりに夏に向かっているのでしょう。
Posted by 吉野の食いしんぼう at 2019年04月30日 14:39
連休も中日となりました。今まで雨が多くて作業も予定通りにはならないかも。懐かしい話を見ました。エビネ蘭です。随分と昔のことです。内にも四、五鉢置いていたのですが日当たりが良すぎて増える事無くいつの間にか消えてしまって、、、今は跡形もありません。兄のところにもありましたね。写真の花は自宅の庭ですか?懐かしく拝見しました。残りの連休有意義に過ごせますように、。ね、、、うちわいつも通りですよーお元気で。
Posted by イサコ at 2019年05月01日 08:24
鬼城様
 うっかりしていると、どんどん夏が進んでいきます。平成から令和へテレビ漬けでした。皇居まで行かれたんですね。すごい!平成、戦争はなかったけれど、なかなか厳しい時代だった印象があります。おだやかないい時代になるいと良いですね。
Posted by tentijin at 2019年05月02日 18:44
吉野の食いしんぼう様
 夏に置いて行かれれないように、日々を過ごしたいのですが、なかなか・・・。あの花、相棒が調べ、「スパラキシス」(南アフリカ原産)と判明しました。強い花ですね。
Posted by tentijin at 2019年05月02日 18:50
イサコ様
 風の国のエビネは、鬼北から持って行ったものですが、もう消滅しています。日陰と腐葉土が、必要な植物だと思います。連休、ゆったり過ごしてください。
Posted by tentijin at 2019年05月02日 18:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

タグクラウド