2019年05月03日

830 夏 来 る 2

1.jpg

クヌギ若葉

 私がもたもたしている間に、平成は令和に変わってしまい、夏もまた、一歩進んでしまった。私の好きなクヌギ若葉も、山の中で明るい緑でその存在感を示している。


2.jpg

庭の花1

 玄関先の鉢植えの花々も、次々と花を咲かせ、リアルタイムの夏の時間を刻んでいっている。


3.jpg

庭の花2

 この花も、始まりは1株2株だったが、今では、はびこり、どんどんその存在感を増している気がする。


4.jpg

ラビット・テール

 この花は、最後はドライフラワーになる「ラビット・テール(うさぎのしっぽ)」という植物だ。あまりの可愛さに、植物の名前を知らない私でも知っている草だ。

5.jpg

植田

 久しぶりに風の国から帰ってみると、田植えもほぼ終わり、夏が一歩前に進んだのが分かる。

6.jpg

大でまり?

 これは何の花だろう?コデマリよりは、花が大きく迫力がある。松野からの帰る途中で見付けた花だ。

7.jpg

アヤメ群生

 最後は、吉野のくいしんぼうさんがアップされていたあの場所の菖蒲?かな?あまりの美事さに、ついつい車を止めて見入ってしまう。今回は、通りがかった御近所のおばさんと鑑賞した。   
posted by tentijin at 10:19| 愛媛 ☁| Comment(8) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 私はこの風薫る5月に生を受けた事と、うさぎ年って事は気に入っております。
 最近、新しい事を覚えられなくなりましたが、さすがのこの可愛い「ラビットテール」は一回で記憶できました。(多分)
 毎年、この紫の群生には目が釘付けになりますね。
Posted by 吉野の食いしんぼう at 2019年05月03日 11:56
お久しぶりです。
通りがかった近所のおばあちゃんは、ひょっとして?私の母親かも?です。尾形光琳の屏風絵みたいに綺麗ですね。
楽しみに拝見させて頂いてます。
Posted by 結女 at 2019年05月03日 17:20
吉野の食いしんぼう様
 五月うまれですか、男の子の節句ですよ。(フフ)最高の季節ですね。ラビット・テール、可愛いですよね。兎繋がりですね。毎年、あの場所に立ち止まって見入ってしまいます。
Posted by tentijin at 2019年05月03日 22:05
結女様
 え〜!!そうなんですか?私は迷いなく車を止めて、眺め、撮影しました。その様子を見ていた叔母(お母)さんが、(さもありなん)というお顔で近づいてこられ、「最高ですよね。」とか、私がお声をかけました。御実家は、あの辺りなんですね。いや〜、びっくり。
Posted by tentijin at 2019年05月03日 22:13
今回も綺麗な花が並びましたね。アヤメの花は見事なものですね。大阪の城北公園にもアヤメの花が咲くのですが負けないぐらいですわ。家の庭にも今花盛りの🌸🌼💐ようですね。内もちゅりつぷが終わってたアザレアが満開です。でわ又ね、お元気で、、、、。
Posted by イサコ at 2019年05月04日 07:47
一転、初夏の雰囲気ですね。風の国から帰ってくると景色が変わっている、わずか数日の間にです。季節の変わり目なんでしょう。小手毬では泣く、大手鞠ではないでしょうか?あやめも若葉も美しい!
Posted by 鬼城 at 2019年05月04日 09:34
イサコ様
 私は、いつも季節には乗り遅れそうなんですが、花々の旬に出会うと、癒やされます。大阪でも花々が目を楽しませてくれるでしょうね。
Posted by tentijin at 2019年05月05日 21:25
鬼城様
 やはり大手まりですよね。花々の美しさは、心に感じるのですが、名前をなかなか覚えません。花々は毎年、美しい旬を迎えるのですが、自分の旬は、行ったっきりで、どこまで行ったんでしょうね。
Posted by tentijin at 2019年05月05日 21:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

タグクラウド