2019年06月20日

843 蜜 柑 山 に も 夏 到 来

1.jpg

風の国

 宇和海に面した風の国にも夏がやって来始めた。蜜柑山での農作業も、照りつける太陽にぎらぎらとさらされ始める。熱中症にならないように焦らずゆるゆると進めるしかない。

2.jpg

収穫前の甘夏

 ちょっと前まで、甘夏柑がたわわに実のる光景が見られたが、今では、ほぼ収穫が終わり、農作業は、消毒をする時期にきていると思う。我が家の甘夏は、捨てられた馬の背の畑なので、既にジャングル化が始まっている。

3.jpg

消毒の薬たち

 当然、捨てられた馬の背の消毒は行わない。伊予柑やデコポン、清見などの畑は,S君に頼んで消毒をしてもらう。消毒は、薬がきついので、我々のお手伝いはできない。その分、お金を払って消毒をしてもらうので、収入はマイナスになっていくことだろう。

4.jpg

消毒を薄めるタンクの水

 それでも、しんどかった草刈りを終え、勢いを増してくる夏草を押さえるため、除草剤を撒く必要がある。前回撒こうとして噴霧器のエンジンを1時間以上操作したがかからなかった。よく聞くと、消毒液を入れていないと、エンジンはかからないのだそうだ。私の頭の中で「ガ〜ン」と鐘が鳴った。がっくりした。


5.jpg

エンジンに使う混合ガソリン

 そういえば、私は、それを知っていた気がした。何とお粗末な頭脳だろう。忘れていたのだ。液を入れてかけてみると、一発でかかった。おかげで、クロチの畑は、2日間で消毒を終えることができた。

6.jpg

収穫した梅

 続く垣内作りの畑は、翌々週、午前、午後で撒き終えることができた。噴霧器は、液が20L入る。以前、20Lでやったこともあるが、情けないことに、20Lを背負うと、立ち上がることが非常に困難になってしまう。仕方がないので、半分の10Lにして消毒をする。それでも、筋肉の衰えた私は、ふらふらしながらやっている現状である。


7.jpg

サボテンの花

 帰る頃には、隣のお家の石垣に植わっているサボテンの花が咲いていた。一夜限りの花のようで、翌日にはしぼんでしまう。たくさんの花が一斉に咲いている様子に遭遇することは、週末だけやって来る我々には珍しい出来事かも知れない。帰る前の一仕事で、相棒が馬の背の梅を採ってきた。お父さんが作っていた枝をひかえるカギがあったので、うまく採れたと言っていた。お父さんの力を借りたこの梅の収穫には、お母さんもことのほか喜んでくれた。何か不思議な縁を感じた。
posted by tentijin at 08:24| 愛媛 | Comment(6) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 お父さんの作られていた枝寄せで収穫が容易になったとのこと、頑張った作業の後に一斉に咲いた癒やしのサボテンの花。不思議だけれど
もう会えない人に見守られている気持ちがしますよね。
 今日も年の近い女子3人が立ち話で、それぞれの老い話で盛り上がりましたど忘れすること。増えました。
 お手伝いお疲れ様でした。
Posted by 吉野の食いしんぼう at 2019年06月20日 17:04
吉野の食いしんぼう様
 畑で作業していると、あちこちにお父さんの置いていた様々な道具などに出会い、我々の作業を応援してくれている気がする場面が度々あります。我が家のお隣さんたちの間にも、そして、我が家にも、落語のようにおもしろおかしい会話が飛び交っていますよ。
Posted by tentijin at 2019年06月20日 18:42
春や秋が短くなった。今年はおまけに梅雨が無いかもしれない。社会の変化も大きいけれど気象変化も大きい。だんだん住みにくい世の中になって来ている寂しさを感じます。風の国の毎年の仕事、頑張ってください。身体を壊さない程度に・・・m(_ _)m 綺麗な海は変わりないですね。
Posted by 鬼城 at 2019年06月21日 07:10
おはよう😃懐かしい風景が一番に出ていいですね。甘夏もびつSiriですね。次々とやる事があり大変かと思います。暑さに負けないでぼちぼち頑張つてね。梅も沢山出来ましたね。美味しい漬け物が出来そうです。皆さんによろしくね。
Posted by イサコ at 2019年06月21日 08:12
鬼城様
 お父さんが、いかに大変な仕事をされていたのか、ということを感じながら作業を進めています。農地が広大で先日など、草刈りを6時間もやりました。終わらない仕事のようです。風の国の眺めや海は、疲れた体や心を癒やしてくれます。
Posted by tentijin at 2019年06月21日 18:57
イサコ様
 写真の甘夏は、三崎道から見えるどこかのお宅の甘夏です。美事ですよね。梅は、いつもお父さんが採って来られていたようですが、たまたま相棒が採りに行き、お母さんにずいぶん喜ばれました。たぶん、例年のようには採れていないと思います。お母さんに喜んでいただいたのが、何よりでした。
Posted by tentijin at 2019年06月21日 19:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

タグクラウド