2019年10月04日

869 鬼 北 の 農 園 も 秋 か な 3

1.jpg

残暑雲

 まだまだ残暑との闘いは続き、汗っかきの私は、かゆいかゆい汗もとの闘いも依然として続いている。10月に入っても、日本だけではなく世界的に台風被害が続いているらしく、地球は、狂いを生じている気がする。


2.jpg

冬野菜の畝(うね)

 鬼北の農園の秋の作業は、遅れながらも、やっと冬野菜を一通り植え終わった。タマネギやゴボウは、もう少しして植えたいと思っている。


3.jpg

キャベツ

 少し前に植えたキャベツの苗も少しずつ大きくなっている。キャベツは、少しずつ時期をずらしながら、春キャベツになるよう植えていきたい。

4.jpg

ジャガイモの芽

 ジャガイモ君も芽を出し始めた。やはり、芽が出にくいものもあり、100%の発芽は期待できないのかも知れない。これが、私のジャガイモの課題だ。

5.jpg

ほうれん草の芽

 ほうれん草も、撒いたのだが、その発芽率は、芳しくない。ほうれん草は、発芽しにくい野菜なので、もっとたくさんの種を蒔く必要があったのかも知れない。

6.jpg

おでん大根の芽

 今年の新顔、おでん大根も、芽を出し、楽しみが増えた。風の国のお母さんが切り干し大根を作るのが好きなので、スペースがある限り青首大根も植えておき、お母さんに貢献したい。


7.jpg

金木犀

 散歩場所の運動公園にも、良い香りが漂い、金木犀が咲き始めた。この秋の花も時を忘れず咲くが、あっという間にその花の時期も終わるはずだ。少しずつ秋が深まっていく。
posted by tentijin at 00:16| 愛媛 ☔| Comment(6) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回、気がついた。畑の土の中、小石が多いですね。実は我が家、もともと兄の田んぼだったところに立てました。湿気が多く、シロアリの巣になり修理か立て替えか?それなら奥よりも街(現在地)に出ようと・・・古い家は取り壊し、土を入れました。石が多く苦労して畑にしたようです。tentijinさんの畑と違う点は水気が多いこと・・・サツマイモを育てるのは上の段(水はけが少しいい)、果物(樹木)は下の段にしているようです。すっかり、秋から冬にかけての野菜の変わりましたね。
Posted by 鬼城 at 2019年10月04日 07:40
 冬野菜の収穫に向けて順調な出だしですね。このブログを見て、途中で我が家の「秋じゃが」を見に畑に行きました。ここずっと気になっていたのですが発芽の兆しが有りません。発芽率0%なんて事にならないよう祈って下さい。
 そうだ!ほうれん草も種まきせねばなりませんね。
 参考になります。
Posted by 吉野の食いしんぼう at 2019年10月04日 09:59
冬野菜の芽が出て来ましたね。これから忙しくなりますよね。間引き菜の仕事があるのでね。気持ちのいい季節は短いです。畑仕事もゆつくり急いでやつてね。
Posted by Qrロッパでーす at 2019年10月04日 11:15
鬼城様
 私がお借りしている地主さんの畑だけではなく、この近辺の畑には、小石がごろごろあります。きっと奈良川の河川敷の時代を経ているので小石が多いのだと思います。川の近くの畑の特徴ではないでしょうか。
Posted by tentijin at 2019年10月04日 18:29
吉野の食いしんぼう様
 秋じゃが、発芽率0は無いと思います。ただし、どこが悪いのか分かりませんが、芽が出ない種じゃががあるんですよね。ほうれん草も難しいです。
Posted by tentijin at 2019年10月04日 18:34
ロッパ様
 私は、大根葉の間引きしたもので、菜飯にしたのが、大好きです。間引きするまでは、消毒をせずにがまして、間引きをします。大根は、逞しいので、消毒をしなくても、けっこう育ちますけど。自分で作る野菜を食べるのは、贅沢かも知れませんね。
Posted by tentijin at 2019年10月04日 18:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

タグクラウド