2019年10月29日

875 秋 の 農 園 1




1.jpg

昨年のクルミ

 空き地のクルミの木が、巨大化している。おもしろ半分で植えたクルミの木だが、この木は、1年に3mくらい枝が伸びていく。そのままにしておくと、とんでもないことになってしまう。特にお隣の土地に接する面は、空中でお隣の領域を侵してしまう。

2.jpg

出荷分と胡桃(くるみ)の殻(から)

 伸び続けると切ることもできなくなるので、昨年、お隣側の枝を切った。枝といっても、直径20〜30cmもある。大変な作業だった。昨年拾ったクルミの実を専用のハサミで割って、三角帽子に出荷した。おかげで、やっと実の処分ができた。今年の分の秋の実りの実が落ち始めたので、これで一安心だ。


3.jpg

崩れすぎた実

 出荷した実は、きれいに割れて形が崩れてないものを出荷する。どうしても、うまく割れないものが多くて、粒の小さなかけらは、自家製のクルミ味噌にして食べる。なかなか美味しい。


4.jpg

大豆収穫出来るか

 秋らしい気候になってきたこの頃だが、秋の農園をぐるりと回ってみた。背丈が1m以上になって、一向に実ができないと心配していた大豆は、葉が黄色くなってきて、実が入ってないものもあるが、いくらかは、実っているようだ。この分なら大豆料理ができるかも知れない。


5.jpg

弱々しい生姜

 次は遅く植えすぎた生姜、大きくならずに小さなものがほとんどだが、3〜4本はまずまずのサイズのものもある。スーパーで売っていた古生姜を植えたもので、毎年、種代にこけるのが常となっている。温暖化傾向の気候なので、もっと早く植えるのが正解だと反省した。


6.jpg

雑草に埋まる

 ニンニクは、9月半ばに植えて、ほぼ順調に芽を出している。雑草が生えて雑草にやられそうなので、草引きをしてやった。


7.jpg

すっきり

 草がなくなるとすっきりしたが、昨年は玉太りが悪かったので、今年の元肥は、多めにしてある。追肥も適宜していき、立派なニンニクに仕上げていきたい。
posted by tentijin at 09:20| 愛媛 ☔| Comment(6) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 立派なニンニクが出来ますように。
 今「森の三角帽子」から帰った所です。餅米とハヤトウリを買いました。国産の安心安全の「くるみ」が出荷されるなんてすっごい!是非、次期には事前にお知らせメールを下さい。三角帽子にはせ参じます。
Posted by 吉野の食いしんぼう at 2019年10月29日 09:42
吉野の食いしんぼう様
 クルミは、ケーキ作りの方などが、よく使われますね。売れるかなあと思いながら、出荷しましたが、初めは売れなかったのですが、最近は、すぐに売れてしまいます。小さなパックを満たそうとすると、ふた抱えほどのクルミが要ります。楽しみながらですね。今度は、お知らせします。立派なニンニクができるといいのですが・・・。
Posted by tentijin at 2019年10月29日 21:04
クルミと聞けば、殻が固いイメージしかありません。専用の道具があるんですね。その他、秋の収穫や苗の育ち具合、農作業も板に付いてきました。もう10年ほどになるかな?
Posted by 鬼城 at 2019年10月30日 07:48
鬼城様
 農園ももうすぐ10年目を迎えますが、心配なのは小屋です。まだ完成しないまま、こちらももうすぐ10年を迎えます。完成するのでしょうか?
Posted by tentijin at 2019年10月30日 18:41
くるみの実小遣いになるんやですか?木の成長もすごいですね。生姜も今が収穫時になりますね。これから色々と収穫が楽しみですね。精出して頑張って👍ね。
Posted by ロッパでーす at 2019年10月31日 07:53
ロッパ様
 クルミは、売れなかったのですが、誰かが買って頂いてからは、すぐ売れるようになりました。私以外誰も出荷していません。割って実を取り出す作業がとても大変です。ぼちぼちやります。
Posted by tentijin at 2019年11月01日 11:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

タグクラウド