2019年11月02日

876 秋 の 農 園 2

1.jpg

掘り始めた芋の畝(うね)

 秋の農園には、実りと始まりがある。2.2列ほど植えていたサツマイモも、少しずつ掘り始めた。サツマイモは、今年初めてある実験を試みてみた。それは、農協でサツマイモの肥料なるものを発見したことで始まった。


2.jpg

掘り上げた紅東(ベニアズマ)

 通常サツマイモは、肥料をやらないことが多い作物だ。年配の方などは、芋の蔓を5cm程に切り、冬の間に畑に鋤き込んでおく。冬の間に蔓は土の肥料分としてプラスされる。私もその方法を採用していたが、今年は、サツマイモの肥料を見付けたので、土に撒いて試してみたのだ。最初に植えた紅東を掘ってみると、イモのサイズが昨年より大きいものが混じっているという違いがあった。大成功かな。

3.jpg

芽を出した金時ニンジン

 昨年は、オレンジ色のニンジンを植えていたのだが、今年は、振り出しに帰って、私好みの金時ニンジンを植えた。初めての場所に植えたので、うまくできるかどうかは分からないが、何とか大きく育って欲しい。

4.jpg

ワケギも芽を出した

 これは、風の国からやって来た留学生のワケギ(小ネギ)君だ。お母さんがこのネギをたくさん上手に毎年作られるので、今年は球根を頂いてきて、植えてみた。ネギは、植えておけばそれほど手をかけなくても育つと思うのだが、うまく育てるには、何かコツがあるのだと思う。

5.jpg

大きくなれよ春菊

 ほんの少しだが春菊も植えている。鍋の季節を迎えるので、必需品の野菜だと思う。これも私の好みで、大葉春菊を植えている。鍋シーズンに遅れるなよ。

6.jpg

虫と戦う青梗菜(チンゲンサイ)

 春菊は臭いがあるせいか、虫に穴を開けられることがほとんどない。その横に植えた青梗菜(チンゲンサイ)は、素直な味なのか、早くから穴あきになってしまっている。虫に負けないように食べる必要があるが、おそらく、食べきれないだろう。

7.jpg

一歩先行くおでん大根

 これは、既にすり大根ができるほどには太っている第1段で植えたおでん大根だ。意外と虫にもやられず、すくすく育っている。楽しみだ。食べてみて、名前の由来が分かると良いのだが・・・。
posted by tentijin at 21:01| 愛媛 ☁| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 人様の畑ながらすくすくの成長見ていて気持ちがるんるんになります。
 我が家も虫に食われて消滅した水菜の横で春菊が無傷で順調に大きくなっています。あの臭いが身を守っているのでしょうね。気をよくしてもう一株買ってきて植えました。
Posted by 吉野の食いしんぼう at 2019年11月02日 23:20
吉野の食いしんぼう様
 虫たちも良く分かっているんでしょうね。レタスなども虫からは嫌われる傾向にあります。キャベツや白菜などは、集中攻撃に遭っています。
Posted by tentijin at 2019年11月03日 03:56
サツマイモの季節になりましたね。どこの家庭菜園からも画像が飛び込んできます。種の芽吹き、楽しみですが、虫や鳥たちの害が最近ひどくなっているようです。ほんとtentijinさんがんばっている様子、頭が下がります。
Posted by 鬼城 at 2019年11月03日 10:39
鬼城様
 サツマイモの実験が、まずまずで、安堵しています。温暖化によるこの残暑傾向は、虫の天国になっています。葉野菜には、消毒したくない気持ちがあるので、網をかぶせる育て方が、安心です。それでも、すり抜けて虫はやって来ますけど・・・。逞しいですね。
Posted by tentijin at 2019年11月04日 18:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

タグクラウド