2019年11月17日

879 夢 の 旅 2

1.jpg

彫刻 1

 東京2日目の朝が来た。今回は、まず、芸術の秋を、上野で味わってみようという魂胆(こんたん)で、上京してきた。上野駅から西郷さんを経て、美術館までやってきた。

2.jpg

彫刻 2

 美術館前の庭には、有名な彫刻が、森に溶け込むがごとく鎮座している。田舎からやって来たお上りさんなので、それすら楽しんで眺めてみた。

3.jpg

目にとまったポスター

 すると、私の目をぐっと引きつけるものを発見してしまった。それがこの看板である。ハプスブルグ展とある。何だかその昔、世界史でハプスブルグ家という言葉が出てきたのを思い出した。当初の目的ではなかったが、意を決して鑑賞することにした。

4.jpg

壁面の絵

 ハプスブルグ家に伝わる、あるいは、関係の人々を描く絵画が、展示されていた。途中、ある部屋で、たくさんの人々がスマホなどで撮影している場所があった。おそらくこれは、レプリカの看板のようなものなのだろう。私も尻馬に乗って撮影した。

5.jpg

お目当ての看板

 美術館でハプスブルグ展を見て、さらに公園の奥に進み、博物館に到達した。博物館では、正倉院展が行われていた。これこそが、今回私が、目的にやって来た催しである。テレビでも特集されていたりしたので、本物の一部を見てみたいという思いに至ったのだ。

6.jpg

螺鈿(らでん)の楽器

 正倉院の宝物は、様々展示されていたが、ここでも、撮影可能なもの(この楽器)があったので、撮影させていただいた。


7.jpg

博物館の庭

 展示を見た後、ネットで紹介されていた博物館裏の日本庭園をぐるっと眺めて上野歩きは終了となった。


8.jpg

同窓会場

 上野から次はお茶の水を目指し、同窓会場であるホテルを下見して、宿泊していた秋葉原に帰った。会場は、なかなか立派なホテルで、結婚式などが行われる所らしい。同窓会は今夜に迫った。
posted by tentijin at 07:38| 愛媛 | Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まさに芸術の秋!すばらしい美術館巡りですね。上野はゆっくりと散策してみたい場所です。孫たちと行くと「動物園」ですから・・・(苦笑)正倉院展、滅多に見ることができません。行く機会があれば・・・田舎ではなかなか、きっちり出会うことができません。チャンス到来(笑い)会場の下見して、ゆっくり飲む準備かな?楽しんで下さい。
Posted by 鬼城 at 2019年11月17日 08:26
 芸術の秋を上野で楽しまれましたね。「正倉院展」は奈良に住む友人がその時期に声をかけてくれますが
まだ行ったことがありません。なんだか魅力的ですね。
 お街の風をたっぷり味わって下さい。
Posted by 吉野の食いしんぼう at 2019年11月17日 21:00
鬼城様
 上野は、当時、汚いジーンズをはいて、カメラ片手に徘徊していた馴染みの場所なので、ついつい足が向いてしまいます。方向音痴ではないつもりの私ですが、年齢と共に脳みそは、ピンぼけ爺さんに限りなく近づき、馴染みのないお茶の水は、あまり自信がなく、明るいうちに探索してみました。
Posted by tentijin at 2019年11月19日 04:55
吉野の食いしんぼう様
 脳みそも、ピンぼけ寸前ですが、足もがたぴしゃ、ぎくしゃくなので、都会の探索は、田舎の散歩以上のハードな歩きになることを、再発見してしまいました。正倉院展は、奈良で毎年行われているようですね。私は、テレビの特集で、やっと聖武天皇に少し近づいたのかも知れません。
Posted by tentijin at 2019年11月19日 05:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

タグクラウド