2019年11月27日

882 心 動 く も の 1

1.jpg

まだ青みのあるイチョウ

 夢の旅以外、秋の旅に動くことはなかった。せいぜい散歩に運動公園に出かけるくらいのものだった。テレビのキャラクターに「ぼーっと生きてんじゃあないよ。」と叱られそうな毎日だったが、こんな私でも、少しだけ心動いた景色を振り返ってみたい。まずは、運動公園のイチョウだ。手前のドウダンツツジも、まだまだ、色づいていない秋の初め頃かな。

2.jpg

久々のうろこ雲

 暑い夏を引きずっていた秋でもあったので、こんな秋の雲に出会うことも少なかった気がする。見付けると、やはり、心動かされる。


3.jpg

焼ける空

 これは、あるスーパーを出た時、遭遇した夕景である。西の空がば〜んと開けている場所なので、時々、はっとする景色に出会える。

4.jpg

無理矢理染めて見る

 これは、散歩場所の歩道横に生えている木である。いつもなら、紅葉が進むのだが、今年の暖かさに、綺麗に紅葉する前に散ってしまいそうな気がしていた。待ちきれなくて、夕陽が傾く頃、逆光で無理矢理赤い葉っぱを見上げてみた。それでも、心は少し動く。


5.jpg

再び夕陽

 これも、ある日の夕陽の写真なのだが、ありきたりの風景とも見えるが、その色合いに心動く瞬間があったのだと思う。


6.jpg

あら!満月か?

 人間は、不意打ちに弱い。これも、ふと外へ出て見上げると、まあるい月が出ていただけなのだが、思わずシャッターを切ってしまったものだ。


7.jpg

少し色づく

 そして、ぼ〜っと時を過ごし、1週間ほど経った頃だろうか?あまり鮮やかでない黄色に染まったイチョウと赤く色づき始めたドウダンツツジの季節へと移っていく。大きくはないが、心動く。
posted by tentijin at 17:06| 愛媛 ☁| Comment(6) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
里の秋の風景ですね。しかし、今年も異常気象で銀杏の色づきは悪く、緑のまま散ってしまうところもあるようです。鱗雲、見なかったなあ。満月も・・・気がつかない日々になっているようです。心に余裕を持ちたいですね。夕焼け雲の写真。すばらしい・・・
Posted by 鬼城 at 2019年11月28日 08:00
 一昨日のこと。宇和島からの帰りに tentijin さん宅近くの神社の銀杏が目に付きよっぽど鳥居をくぐり見に行こうかと思いましたが通過〜。この界隈は運転中に空や雲、もう少しするとさくら保育園のイルミネーションと目を楽しませてくれる物がいっぱいですね。
 うろこ雲は散歩仲間でも話題になりました。
Posted by 吉野の食いしんぼう at 2019年11月28日 09:39
鬼城様
 暑さを引こずりながら秋が過ぎていったからなのでしょうか、うろこ雲も、ほとんど見かけませんでしたね。いつもの秋はどこへ行ったんでしょう。?黄葉も今一で、この銀杏の木は、既に全ての葉が散り落ちています。
Posted by tentijin at 2019年11月29日 18:53
吉野の食いしんぼう様
 なかなか暇もお金もないので、御近所の秋のみを、楽しみました。神社などがある場所は、必ず、何かしらの紅葉や黄葉する木が植えられていて、昔の人たちの楽しみが残されているなあと感じます。
Posted by tentijin at 2019年11月29日 18:58
すつかり秋の景色pですね本当の秋は短いようでした。明日から12月ですね。何もできないので世間から取り残されそうです。ヨチヨチ歩きですが休みながらついて行きます。風邪などに気をつけてお過ごし下さい。
Posted by ロッパでーす at 2019年11月30日 07:52
ロッパ様
 ロッパ様
 本当に時の流れは、いつの間にか流れていますが、何ができたかなあと考えてみると、何もできていないことが、多いのが私などの現状です。焦らずゆっくりでも、歩き続けるのが大切なことだと思いますので、がんばりましょう。
Posted by tentijin at 2019年12月01日 03:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

タグクラウド