2019年11月30日

883 心 動 く も の 2

1.jpg

誰も食べないのかな?

 海の方では、柿の実が珍しく、時には御馳走として食される。しかし、鬼北などの山に囲まれた地域では、当たり前にそこここに柿の木があって、渋柿でもないのに、いつまでも食べられることなく、鈴なりになっている柿の木をよく見かける。山の中でも、昔は、ありがたい食料の1つとして食べられていたと思うが、今では、お腹をすかした子どもが少なくなったのだろう。絵として見た時、やはり、秋らしい風景として、心に飛び込んでくる。


2.jpg

寒さの中で咲く

 この花も、桜の花なのだが、こんなに寒くなっているのに、満開の風情で咲いているのが、不思議だ。いったいこの木は、どんな物差しで、花を咲かせているのだろう。春咲く桜は、暖かい春の気温に反応して、花を咲かせるのだと分かるが、今、咲くこの花は、いったい?これも、私の心を動かすものだ。

3.jpg

遠く霧を望む

 また、この時期になると、日吉から流れてくる広見川と三間川、奈良川が合流する出目(いずめ)あたりから、霧が発生して山の裾野を覆っていく。合流点から離れている我が家の辺りからは、その様子が良く分かる。この風景も、季節の絵として、私の心に入り込んでくる。


4.jpg

初霜

 これは、粗々と耕された田んぼに、先日、降りた初霜の絵である。あんなに暑い暑いと言っていたのに、一気に私を、冬の入り口に連れて行くかのごとくであった。


5.jpg

ピーク

 そして、また、一歩季節が進み、運動公園のドウダンツツジは、赤さのピークを迎えていた。カエデにしろ、このドウダンツツジにしろ、寒さを受けて、こんなに鮮やかに変身する不思議に、心は動いてしまう。いったい彼らの中のどんな成分がこのような変化を起こさせるのだろう。


6.jpg

神社もすごい

 散歩から帰っていると、天満神社で何かが燃え始めていた。すぐに横道にそれて、来てみると、境内のカエデが、美事に赤く染まっていた。お金のかからない御近所の風景だが、行ってみると、心は満足するから不思議だ。


7.jpg

絵になるなあ!

 神社のイチョウよりも一足早く色づいて、お社と一緒に撮影すると、本当に絵になって、とてもいい。
posted by tentijin at 21:48| 愛媛 ☀| Comment(6) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鬼北の冬! 懐かしい風景、霜、霧、そして紅葉と・・・6年間通いました。天満神社、写真の仲間内では、前の竹藪の彼岸花と並んで紅葉も有名な場所なんですよ。灯台躑躅(どうだんつつじ)の赤、冬桜の白、風物詩ですね。アップして残す、これがブログの魅力かな?
Posted by 鬼城 at 2019年12月01日 07:11
散歩して見られる風景素晴らしいことですね。綺麗なものを見ると、、、目のお正月をして来たと、、、言いますけどその場所に行けば何度でも見ることが出来ましたすね。霜も降りてるとは寒くなりました。今わ美しい景色がやがて天然色から白黒になるでしょうがそれも又いいものです。お元気でね。
Posted by ロッパでーす。 at 2019年12月01日 08:05
 こうしてtentijinさんの散歩中に見つけられた晩秋・初冬の風景の数々。私たちは 自然豊かな所に居を構えているのだと改めて感じます。
 最後の写真。ホント絵になりますね〜。
 コメント書いていたら、母の里から「柿がまだ木に残っていて、鳥のえさになってるよ〜。採りに来ない?」の電話が。勿論、今から行ってきま〜す。
Posted by 吉野の食いしんぼう at 2019年12月01日 15:45
鬼城様
 私の場合、なかなか動けない部分があり、近場に限られるのですが、案外、神社などは、良い場所がある気がします。今年の記念になっています。
Posted by tentijin at 2019年12月01日 18:16
ロッパ様
 鮮やかな今の風景も、高い山を見上げたりすると、白黒の時期が、すぐそこまで来ているのが見えてくる時がありますね。寒さに負けないよう、お互い過ごしましょう。
Posted by tentijin at 2019年12月01日 20:58
吉野の食いしんぼう様
 本当によく考えてみると、吉野の食いしんぼうさんの言われる通りで、身の周りに実は、価値ある豊かさがたくさんあるんだということに気付かされますよね。
Posted by tentijin at 2019年12月01日 21:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

タグクラウド