2020年05月27日

931 初 夏 の 畑 2

1.jpg

ジャンボニンニク

 初夏の畑で収穫時期を迎えているものの1つに、ニンニクがある。ニンニクの栽培は、簡単なようで意外と難しい気がする。これは、ジャンボニンニクだが、昨年は小さなものしかできずに、失敗。今回は肥料を増やし、少しだけ大きくすることができた。まだまだかな。


2.jpg

収穫した普通のニンニク

 普通のニンニク、一昨年は、肥料のやり過ぎで病気が発生、昨年は肥料を減らしてミニニンニクになってしまった。なかなか難しい。今回は、収穫前に腐り始めた。どうも塩梅がなかなか難しい。

3.jpg

ニンニクの芽

 その結果、通常ニンニクの芽が出て、その収穫を終えてから、ニンニクを収穫するのだが、今回は、ニンニクの芽が出てきた頃に茎が腐り始めてしまった。本当にニンニクの栽培は、私にとっては、むずかしい。


4.jpg

白タマネギ

 何とかまずまずの収穫になったのは、タマネギだ。昨年は小さかったので、肥料を増やして、大きめの実を収穫することができた。

5.jpg

赤タマネギ
span>
 紫タマネギは、少し小ぶりの実になったが、これもまずまずと言うことができると思う。しかし、白タマネギも赤タマネギも1本1本個性があって、大小様々なのはどうしてだろうか?個性があるのが普通かな?


6.jpg

細ネギの球根

 これは、風の国からもらってきた細ネギの球根だ。収穫というより、10月頃まで、干して保存しておく。10月頃に再び植えて冬に楽しむつもりだ。


7.jpg

芋づる

 サツマイモも、もうすぐ植えなければならないが、まだ、雨を待ち、待機中だ。

8.jpg

芋の日覆い

 これは、サツマイモを植えた後、しばらく枯れないようにする覆いだ。これをやっている方があったので、昨年から導入してみた。うまくいくかな?
posted by tentijin at 00:33| 愛媛 🌁| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
芋苗、もう植えたようですよ。昨年太りが悪かったので早めに・・・ジャンボニンニクの味が分かりません。同じ味なのかな? 野菜はまさに植え替え時期ですね。もう初夏かあ! 時のが慣れは早い・・・
Posted by 鬼城 at 2020年05月27日 06:53
鬼城様
 芋苗は、植えている方が多いようです。水やりが嫌な私は、雨待ちです。ジャンボニンニクは、大味で美味しくありません。黒ニンニクにすると食べられるので、その方向です。ニンニク栽培は、微妙に難しいです。
Posted by tentijin at 2020年05月27日 08:08
 にんにくはよく頂きますが、栽培は難しいのですね。有難さが倍増しました。我が家の芋苗は元気に根付いてくれましたが、今後はイノシシの心配が残っています。お向かいさんは今年から栽培を止められました。
 今朝、収穫間近の数少ない苺が何者かにすっかり食べられて、ヘタだけが散らかっていました。😡
 球根だと干しておいて植えられるのですね。そうだ、チューリップも同じことですよね。
Posted by 吉野の食いしんぼう at 2020年05月27日 10:47
吉野の食いしんぼう様
 猪に効果があるかは分かりませんが、鹿が出没した時、作物の周りにジグザグに短い杭を打ち、その杭を釣りに使うテグス(ナイロンの糸)で繋ぎました。彼らは、夜にやってくるので、そのテグスに足を取られ、2度とやって来なくなりました。試してみては?イチゴ泥棒は誰でしょうね。甘い物好きのハクビシンのように思えますが・・・。
Posted by tentijin at 2020年05月27日 21:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

タグクラウド