2020年06月08日

934 初 夏 の 畑 4

1.jpg

準備着々

 6月になって梅雨入りしたものの、空梅雨のような天気が続いている。散歩道までの途中にある私のお気に入りの紫陽花も、着々とその花の準備を進めている。後は、雨を待つばかりとなっている。


2.jpg

不思議な花 2

 これは、一足早く盛りを迎えている我が家の玄関に置かれている花だ。この花も、よ〜く観察していると、赤めの花を咲かせる。次第に花の色は薄くなり、白い花に変化していき、最後に枯れていく。赤や白の花が同時に見られる不思議な花で、これも私のお気に入りの花だ。


3.jpg

キューリ苗

 初夏の畑では、少し遅ればせながら、キューリの苗が植え頃になっている。これだけの量を植えるには、場所探しが大変である。


4.jpg

第1弾、既に収穫

 北宇和高校から買ってきた苗を、先んじて2本だけ植えておいた。まだ、小さいが、3本だけ既に収穫出来た。

5.jpg

第2弾

 種から苗をつくったものが、育つ頃には、キューリも大豊作になるかも知れない。

6.jpg

順調トウモロコシ

 甘いトウモロコシも、少しずつ大きくなってきた。楽しみだ。彼らも雨を待っているように見える。


7.jpg

やはり雨待ちかな?

 お気に入りの紫陽花にも色が付いてきた。そろそろ一雨来て欲しい。
posted by tentijin at 01:21| 愛媛 ☀| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
空梅雨? ゲリラ豪雨? ありがた迷惑ですね。昔ながらの梅雨はないのでしょうか? 世界中、異常気象なんですが、温暖化が影響している子とっが分かってない。分かってなおさら経済優先・・・季節の移り変わりを見るたび、情けなくなる。さてキューリをこんなに作ると三度三度食べないと(爆)
Posted by 鬼城 at 2020年06月08日 07:33
鬼城様
 本当に昔ながらの穏やかな梅雨が恋しい気がします。キューリは、植えるところに困り、豊作になったら、御近所に配りますかね。あったらあったで、重宝されるんですが・・・。
Posted by tentijin at 2020年06月08日 08:11
 苗立てから野菜を作られるのが凄いな〜といつも感心します。少し前に購入した苗で収穫し後、絶やさない収穫計画も拍手です。
 トウモロコシは十年前くらいから何者かに荒らされ、我が家もお向かいさんも諦めました。獣対策に労力を費やすのは苛立ちます。
 散歩道の紫陽花、これから見頃になりますね。
Posted by 吉野の食いしんぼう at 2020年06月09日 08:48
吉野の食いしんぼう様
 イチゴも甘いもの、トウモロコシも甘いもの、甘いもの好きのハクビシンなどが、怪しいですね。雨は一向に降り出さないのですが、紫陽花君たちは、頑張って準備してますね。
Posted by tentijin at 2020年06月09日 10:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

タグクラウド