2020年06月21日

937 夏 の 収 穫

1.jpg

ジャガイモの葉

 梅雨も中休みがはさまれたりで、夏の収穫が進んだ。ジャガイモは、赤いジャガイモと北海道からやってきたピンクのジャガイモと普通の男爵の3種類を植えている。ピンクのジャガイモは、風の国から流れてやって来て、今では我が農園の主力になっている。



2.jpg

ピンクのジャガイモ

 花がいっせいに咲いたので、花を摘んでから1週間後にジャガイモの収穫を始めた。なかなか一気にはできない量なので、掘り終わったのは、やはり、1週間を経過していた。


3.jpg

赤い空豆のさや

 たった4本しか植えてなかった風の国のお母さんからもらった赤い空豆も収穫して天日に干して置いた。


4.jpg

赤い空豆

 量はほんの少しだけだが、綺麗な赤い空豆になっている。風の国に持って行ったら、お母さんが、あんこに変身させてくれるだろう。


5.jpg

普通の空豆のさや

 普通の空豆も収穫出来たので、これも、風の国で、白いあんこになることだろう。


6.jpg

くずくずニンニク

 これは、うまく大きくならなかったニンニクだ。収穫のタイミングは少し遅かったのだが、うまく作れない原因は何なのだろう。

7.jpg

普通のニンニク

 普通の大きさのニンニクもいくらかはできたが、満足できる量ではなかった。来年の課題だろう。


8.jpg

ジャンボニンニク

 ジャンボニンニクも、特大サイズもできたが、やはり、小さいサイズが多かった。何かコツがあるはずなのだが・・・。

9.jpg

赤タマネギ

 タマネギは、昨年の失敗を補い、元肥を増やして大きいサイズのものも収穫出来た。大きいものは、腐りやすいそうなので、大きなものから使ったり、御近所に配ったりしたい。

10.jpg

白タマネギ

 白いタマネギも、まずまずのサイズになってくれたので、タマネギ作りは成功といって良いだろう。
posted by tentijin at 22:27| 愛媛 ☁| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
面白い野菜類です。色とりどりとはこのことをさすんでしょうか?(笑い) さて味は変わるのかな? 赤玉葱と白玉葱は、変わらないような気がしました。さあ、新種開発へ挑戦、いかがですか・・・
Posted by 鬼城 at 2020年06月22日 07:25
 赤いこや豆珍しいですね。増やして、道の駅に出せば注目されるのでは?
 去年秋じゃがを失敗しました。最近、きたあかりって言う種類を買ったら、とても美味しいのですが、ついつい目を離し煮すぎて崩れていました。秋にもう一回この種類挑戦する気です。一枚目の写真を夢見て。
Posted by 吉野の食いしんぼう at 2020年06月22日 08:56
鬼城様
 我が農園は、基本お遊びなので、自分が食べたいものを作るパターンが多いように思います。赤玉と白玉、微妙に味は違うのかも知れませんが、赤玉はサラダに混ぜると彩りがよくなるので、そのように使う方が多いかも知れませんね。
Posted by tentijin at 2020年06月22日 09:49
吉野の食いしんぼう様
 赤いソラマメ、鬼北で珍しいということは、あんこなどにする方があまりいないということかもしれませんね。ジャガイモは、荒れ地に育つ印象がありますが、作ってみると、案外、元肥が少ないと小さなものが多くなったり、微妙です。逞しく大きくたくさんできるジャガイモは、インカ系統の赤いジャガイモです。一般的には、元肥がきき、石灰も入れていると、良いのができるように思います。
Posted by tentijin at 2020年06月22日 09:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

タグクラウド