2020年06月29日

939 2 つ の お 手 伝 い 

1.jpg

風の国の紫陽花

 梅雨の雨で元気になっている紫陽花、我々が風の国のお手伝いに行くと、ひのらや畑でその優雅な姿を見せて出迎えてくれる。


2.jpg

1日だけの花

 車を降りて風の国名物の階段を登っていくと、石垣に植えられているサボテンが、この時期花を咲かせているのに出合うことがある。ただし、この花はほんの一日咲くだけで、夕方にはしぼんでしまう。一斉に花開くタイミングに出合うことは、かなり珍しいのかも知れない。


3.jpg

カボチャ畑

 今回は、2つのお手伝いをすることになった。足腰が弱ってしまったお母さんの趣味は、野菜作りなのだが、家のすぐ上にある野菜畑に行くのにも、25〜30mほどの坂の小道を登っていかなければならない。たぶんその所要時間は、へたをすると20〜30分かかるかもしれない。そんなこんなで、最近は、この野菜畑の草引きなども、私たちのお手伝いの1つになっている。この日は、上の段に植えられているカボチャの中の草引きのお手伝いをした。


4.jpg

チェーンソウ

 もう1つのお手伝いは、故障が直ったチェーンソウで、畑や小道に懸かっている灌木を切るというお仕事であった。この木は、この辺りでは、「タブ」と呼ばれているイチジクのような小さな実がなる木だが、かなりの年数を経て、幹の太さは、25cmほどになっていた。


5.jpg

切ったタブの木

 倒れても問題が起こらないような方向を見定めて、切り目を入れていく。うまく倒れたら、枝枝を少しずつ切り離していき、運べるサイズにする。


6.jpg

枝は崖下に

 小道のすぐ横に藪になっている崖があるので、その崖下に切った木を捨てていく。藪になっているので、枝たちは、藪の中にとどまってそこで腐っていくと思われる。3本の木を切って、空がすっきりと見えるようにすることができた。


7.jpg

紫陽花の切り花

 作業を終えて帰ってみると、何種類かの紫陽花がバケツに生けてあった。やはり、花を見ると、心が和む気がする。
posted by tentijin at 11:00| 愛媛 ☀| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 「わっ!綺麗!」って思わずPCの前で声を出していました。お手伝いご苦労さんのご褒美に他ありません。真っ白で好きな方向を向いているのも何だか可愛いです。
 お母さんの楽しみの野菜作り、皆さんの助けも借りながらずっと続きますように。
Posted by 吉野の食いしんぼう at 2020年06月29日 11:24
吉野の食いしんぼう様
 滅多に見られないはずのサボテンの花ですが、なぜか、毎年見ることができています。1つの花は、1日限りですが、第何弾というように咲くグループがあるんでしょうね。
Posted by tentijin at 2020年06月29日 15:41
お手伝いの年間計画ができているようですね。そして風の国便りも・・・サボテン、一日限りは惜しいです。綺麗な純白の花、宿命でしょうね。チェーンソーも使いこなし、整備!ほんとにtentijinさんはじっとしていることが出来ないんですね。(笑い)お母さんも安心しきっておられると思いますよ。頑張ってください・・・
Posted by 鬼城 at 2020年06月30日 06:55
 草刈り機で足を刈ったことのある私ですが、草刈り機よりも一段危険な道具がチェーンソウだと思います。しかし、ジャングル化した畑に太陽の光を復活させるには、なくてはならない道具なので、十分気を付けながらやっています。頑張ります。
Posted by tentijin at 2020年06月30日 13:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

タグクラウド