2020年07月30日

947 ほ っ と 一 息

1.jpg

玄関の紫陽花

 まだ、雨が続いていた梅雨の終わり頃、ほっとするようなモニュメントに遭遇した。我が家の玄関には、風の国からやって来た紫陽花が、まだまだ元気で鎮座している頃のことであった。

2.jpg

ひのらの紫陽花

 もちろん、風の国のひのら(前庭)の紫陽花もまだ元気であった。

3.jpg

胡蝶蘭頑張る

 玄関には、親戚の方が贈ってくれた胡蝶蘭が花の時期を終え、再び春を迎えて、夏を目指す頃、1本だけ花芽が伸びてきて、5輪の花を咲かせてくれていた。

4.jpg

フウセンカズラ

 ひのらのフウセンカズラも、そのかわいい気球のような姿を見せ始めていた。


5.jpg

アイコ

 お母さんが育てているミニトマトのアイコが立派な実を赤く染め始めている。どれもどれも、その営みを眺めていると、うっとおしい梅雨が早く終わればと、考えているようにも見える。

6.jpg

風呂釜の花瓶出現

 そんな時、岡の川の水場に突然、あるモニュメントが出現した。聞くところによると、お母さんの所へ集まって女子会というか、婆会をしていただく方の息子さんが、NPOを立ち上げて活動を始めたらしい。年齢は、50代〜60代のグループなので、若者とは言えないかも知れないが、この地区では十分若者で通用する。

7.jpg

一面に紫陽花の花

 1つまた1つと暮らす方が高齢化していなくなり、施設などに入られる。住む人がいなくなった家もたくさんあり、取り壊された家もたくさんある。取り壊された家の敷地には、風呂場の跡に五右衛門風呂の鉄の釜があったりもする。このグループの子たちは、それを運んできて、お地蔵様の前に設置、水を張って紫陽花の花を一面に指して飾ったのである。

8.jpg

摘果前の清見

 摘果作業のお手伝いに来て、このモニュメントを発見して、我々もびっくり、感激してしまった。狭い地区だが、昔からの人々の繋がりが、彼らを育み、このような形に結実したのかもしれないと、ほっとしながら嬉しく感じた。
posted by tentijin at 01:41| 愛媛 ☁| Comment(4) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いろんな工夫をされていますね。コロナ旋風の中、NPO法人、趣味の方の集まりなど盛んになっています。乗り切るしか無い。科学者も最初はインフルエンザと同様に考えていたようですが、一向に収まらない。それどころか感染拡大・・・信用できなくなりました。それなら安全に共存の道を考えるしか在りません。それでも摘果など仕事は待ってくれません。もう八月間近!暑い!!
Posted by 鬼城 at 2020年07月30日 07:38
鬼城様
 都会ほど、人間の交流はないので、何とかコロナの災いから守られている気がします。NPOの子たちは、使わなくなった元お店を利用してお年寄りたちが自由に集まれる集会場所に整備したりもしています。過疎化に歯止めはできませんが、頑張って欲しいです。
Posted by tentijin at 2020年07月30日 07:50
風呂釜一杯のアジサイ、センス良い〜!
こう言う記事に触れると、心が温まるしちょっと明るい日差しを将来に見つけた感じがしますね。
 風の国の胡蝶蘭も頑張っていますね。
Posted by 吉野の食いしんぼう at 2020年07月30日 11:56
吉野の食いしんぼう様
 私よりも若い人たちが頑張っている姿が見られるというのは、幸せなことかも知れませんね。我が家の胡蝶蘭は、葉っぱも小さくなっているし、縮小中です。プロの技があるんでしょうね。
Posted by tentijin at 2020年07月30日 12:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

タグクラウド